ウェークアップ!ぷらす ウェークアップ!ぷらす 次が大事!セネガル戦直前生解説[字]

『ウェークアップ!ぷらす』は、読売テレビの制作により、日本テレビ系列で生放送されている報道番組である。放送時間帯は、毎週土曜日の8:00 - 9:25(JST)。地上デジタル放送ではHD画質での放送となっている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年6月23日(土) 8:00~ 9:25
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
08:01~

W杯で日本代表が、強豪コロンビアを撃破した。奇跡的な大金星だ。

現在日本代表はグループHで1位だ。橋本さんも燃えたという。アディショナルタイムが長く感じられたとのこと。

キーワード
W杯
大迫勇也選手

ニュース (ニュース)
08:05~

前園真聖さんが登場した。とても嬉しいと語った。

モルドビア・アリーナで開かれた試合。コロンビアサポーターで埋まっていた。長友佑都選手は完全アウェイだったと語った。4月にハリルホジッチ監督が電撃解任された。ガーナ、スイスとのテストマッチでは連敗。日本はFIFAランキング61位だ。コロンビアは16位。2014年のW杯では1-4で負けた相手。ベテラン勢が選ばれたことで批判があがっていた。監督からは受け身にならないことが大切だと言われたと大迫勇也選手が語った。PKを香川真司選手が決めた。冷静に蹴ることができたと香川真司選手はいう。西野監督の采配が的中した。コロンビアはその後、猛攻をしかけた。キンテーロのFKで同点となった。数的優位なので勝ちに行く、リスクを冒していく、バランスを考えたという長谷部誠選手。その後、ハメス・ロドリゲスが投入され、香川真司選手に代わって本田圭佑選手が投入された。本田圭佑選手のCKから、大迫勇也選手が得点を決めた。勝ち越しゴールだ。大迫勇也選手は守りでも貢献した。4年前の雪辱を果たした。あすのセネガル戦に勝利すれば決勝トーナメント進出へ近づくという。西野朗監督は2-3戦目も非常に厳しい相手だと語った。この勝利はサランスクの奇跡と呼ばれた。西野朗監督は、22年前にも奇跡を起こしている。

キーワード
長友佑都選手
FIFAランキング
2014年W杯
西野朗監督
大迫勇也選手
W杯
香川真司選手
キンテーロ
長谷部誠選手
ハメス・ロドリゲス
サランスク(ロシア)
鹿児島県

ニュース (ニュース)
08:14~

コロンビアから大金星を奪った立役者の大迫勇也選手。勝ち越しゴールを決めた大迫選手は半端ないブームを起こしている。鹿児島城西高等学校で活躍する大迫選手は当時から天才と呼ばれていた。全国高等学校サッカー選手権大会で、大活躍。大会最多の10ゴール。滝川第ニ高校の控室で、キャプテンが大迫の上手さを半端ないと語ったことからこのフレーズが生まれた。栫監督は、大迫選手のあの衝撃は覚えていると語った。高校時代のチームメイトは、大迫選手は、炭酸も飲まないし、カップラーメンも食べなかったという。体に悪影響を起こすものは食べないことにしていたとのこと。

昨日の成田空港には日本代表を応援するために向かう人々の姿があった。 西野監督はアトランタ五輪でもブラジルに勝利するマイアミの奇跡の際の監督であり、当時首相を務めていたのが前園選手だった。前園氏が西野ジャパンを徹底解析する。

今週月曜日午前7時58分に大きな揺れが通勤・通学中の大阪を襲った。大阪では観測史上震度6弱を記録。きのうの発表では住家被害が3416棟、死者5人で負傷者406人であった。高槻市立寿栄小学校の崩れ落ちたブロック塀の下敷きになり小学4年生の女児が死亡した。事件となったブロック塀は違法建築であると判明され、危険性を指摘されていたが放置されていた。今回の地震で露呈したのが交通機関の脆弱さである。JR西日本で14万人が車両内に閉じ込められるなどして240万人の足に影響した。

初戦の勝因について聞かれた前園氏は「立ち上がりから攻めに行った姿勢がPKとレッドカードに繋がって自分たちのリズムに持っていった」などと語った。準備期間が短くあまり期待されていなかったが西野監督は短い期間で選手の話を聞きそこから自分のサッカーを落とし込んでいって選手の良さを引き出した。そこが選手の信頼を得たのではという。西野監督の経歴についてマイアミの奇跡やことし4月の監督就任などが紹介され「見かけは紳士で穏やかな人に見えるんですが実際はどうなんですか?」「もちろん非常にクールなんですが内に秘めた想いというのは非常にあって信念は持っている方ですね」などと語られた。ハーフタイムでの修正に関して見違えるように攻撃的に変わったことについてリスクマネージメントも抑えつつ選手に攻撃を強めるようよく指示がされたなどと語られた。初戦は奇跡と言われているが西野監督はしっかり調べて準備をして出ているのでそれが結果に繋がったと前園氏は語った。また大迫選手のゴールに無開始性がPKとレッドカードに繋がったという意見が出た。

高槻市立若松小学校の前から中継で現在の様子を伝えた。高槻市は今回の事故を受けて、緊急の安全点検を行い、若松小の塀も危険と判断した。この塀は門とも近いが現在は別の門を使って登下校しているという。この学校の通学路の作りは事故が起きてしまった学校と似たような作りになっていて、二度と同じような事故が起きないようコーンや貼り紙をして注意を促している。そして高槻市は点検を行い、15の学校が危険だと判断した。今後どこから撤去するか具体的には決まっていないという。しかしブロック塀の問題は高槻市だけではない。

前園さんは、高校時代スター選手だった。大迫選手は高校時代から高校生レベルではなかった。手がつけられなかったという。半端ないTシャツは売り切れたという。大迫選手は夏でも冷房にあたらなかったという。俺がプロになれたのはみんなのおかげと言って、飲み代を全員分支払ったという。セネガル代表はFIFAランキング27位。格上の相手だ。サディオ・マネ選手は、スピードスターだ。カリドゥ・クリバリ選手は、セリエA屈指のセンターバックだ。個々のレベルが高い。チームとして組織もしっかりしている。日本は守備の意識を持って、数的優位を作ることが大切だ。ハードワークするしかない。日本の先発メンバーは、大幅に代わることはないだろう。途中で出る選手がどうやって流れを変えるのかが問題だ。本田選手のキックは大事になるだろう。岡崎選手には注目だ。本田選手はロシアの環境は慣れているという。橋本さんは過剰な期待はしないという。コロンビア国民はサッカーに情熱を持っているのでスタジアムを一杯にしたのだろう。前園さんは1-1で同点だと予想した。残りもう一戦あるので、勝ち点1をとりにいくことが大切だとのこと。

スタジオトークが展開された。今回は刑事事件になる面と民事上の責任が問われるという面があり、地震に耐えうる状態になっていたかどうかが争点になる。個人でも見てどこがどう危ないかを確認して、それでどういう風に処置をするかということをやっていかなければならない。学校側が外側からもちゃんと見て点検していくことが必要なんじゃないか。これを機会に助成金を出すなどして、徹底的に危険を排除することが必要だと思う。起こってからでは遅いという認識を持たないといけない。一歩踏み出さないとまた同じことが起こるとコメントした。

大阪府北部地震による被害状況について。死者5人、けが406人、住宅被害が3416棟、今なお避難されている人が544人いる。電気と水道はほぼ復旧しているが、ガスは11万戸で供給停止されている。辛坊治郎は「今回の地震はそんなに大きくなかったはずなのに、どうして人の命が失われて都市機能が麻痺したのか」と話す。

沖縄戦終結から直後情感に届いた356通の手紙には沖縄戦で夫や息子を失った遺族の心情が綴られていた。戦後73年、再び遺族の元に戻された手紙。今明かされる思いとは。

小学校のブロック塀の下敷きになって小学4年生の女児が死亡した。3年前事故が起きた塀について専門家が倒壊の危険性を指摘していた。専門家の吉田亮一さんは「大きな地震があれば崩れる可能性が出てくるのではないかと言わせていただいた」と話す。さらに2年前には学校側が教育委員会に安全確認を依頼していた。しかしその後行われた調査では問題なしと判断し学校に報告した。建築基準法では高さを2.2メートル以下に制限し、内部は鉄筋で補強。高さ1.2メートル以上は「控え壁」が必要だと定められている。倒壊した塀は高さ3.5メートルにも関わらず控え壁が設置されていなかった違法建築だった。専門家の石井克侑さんによると適切に施工されていれば倒壊の可能性は低かったと指摘している。

スタジオトークが展開された。これまでの地震はラッシュアワーに起こらず、今回初めて起こってこういう問題が出てきたから色々教訓にはなった、これを次に備える為に使わなければならない。保線区の考え方を変えて、人を歩かせて線路をみてそれから動かすというやり方を変えて半自動化しないとどんどん保線区の人が少なくなる。非常時の場合タクシーの乗り合いを可能にするなど柔軟にやらないといけない。都市全体が動かなくなった時にどうするかを決めていなかったのが一番の問題だった。我々国民もものの考え方を臨機応変にしていくという社会的な豊かさも必要。復旧についてのバネの部分も強化していかなければならないとコメントした。

倒壊の危険性は事故が起きた小学校以外にも。東京都内の住宅にある危険なブロック塀は全体の3割~4割だという。現在全国の小中学校で危険な塀の撤去作業が始まっている。品川区では防災緑化助成制度という災害に強い街づくりを進めることを目的としブロック塀を生垣に改築する場合に費用を助成する制度がある。防災緑化助成制度の利用条件は道路に面していることと30センチ以上の奥行きがあること。基準をクリアすれば50メートルまで全額、100まで半額、100メートル以上は3分の1を助成する。

1978年の宮城沖地震でブロック塀の下敷きになるなど28人が死亡。そのために1981年に建築基準法を改正した。塀の高さが1.2メートルを超える場合、幅3.4メートル以内ごとに控え壁が必要だが、今回控え壁は確認できなかった。

キーワード
鹿児島県
大迫勇也選手
西野朗監督
2014年W杯
第87回 全国高等学校サッカー選手権大会
西野監督
アトランタ五輪
マイアミの奇跡
前園真聖
西野ジャパン
ロシア
ワールドカップ
滝川第二高校
若松小学校
消防庁
栫裕保監督
市立寿栄小学校
サランスクの奇跡
ハリルホジッチ前監督
寿栄小学校
神戸市(兵庫)
JR大阪駅
JR大阪城公園駅
PDCAサイクル
JR西日本
豊中市立千成小学校
新淀川大橋
JR新大阪駅
茨木市(大阪)
高槻市(大阪)
大阪市(大阪)
吹田市(大阪)
鹿児島城西高校
サディオ・マネ選手
香川選手
地震
大迫選手
カリドゥ・クリバリ選手
高槻市立 寿栄小学校
大阪府北部地震
菅官房長官
全国建築コンクリートブロック工業会
石井克侑副会長
高槻市教育委員会
控え壁
建築基準法
JR大阪城公園駅 周辺
武蔵野市(東京)
京都市(京都)
品川区(東京)
宮城沖地震

ニュース (ニュース)
09:00~

このあと「来週は真夏日続出!」

沖縄戦終結から73年、終戦直後から隊長が封印し続けてきた戦死した部下の遺族が隊長に宛てて描いた356通の手紙が存在するという。伊藤孝一大隊長は1000人の部下を束ねる指揮官を務め、太平洋戦争末期にはアメリカ軍の上陸から始まった戦いに参加。民間人も巻き込んだ泥沼の持久戦で20万人以上が犠牲になったという。伊藤はこの戦いで部下の9割を失い終戦を迎えた。戦後間もなく死亡したことが確認された部下の家1軒1軒に手紙を書いた。生き残った上官として部下の最後を伝える責任があると考えたという。遺骨の代わりに砕いたサンゴを送り手紙の一は500通を超えたという。また残りの人生を部下と共に過ごしたいと部下の写真を送ってほしいと書き添えたという。返信された356通の手紙には戦時の死を美化する言葉も見られたが率直で悲痛な想いも綴られていた。

「犬死と同然に思います、本当に亡くなったのでしょうか」「体が帰られた方は本当に幸福と思います」などと手紙には記され、生きて帰った情感に対して強烈な皮肉もしたためられたいた。伊藤氏は墓場まで持っていくと語っていたという。浜田さん夫妻は調査の中で手紙の存在を知りコピーをもらえないかと言ったところ原本を渡され遺族へ返す事になったという。

浜田さん夫妻は手紙の返還のためボランティアと共に山形へ。歩兵32連隊には北海道や山形の人が多かったという。この日手紙を返す予定の後藤さとさんの手紙には夫亡き後子供と共に生き抜いていく決意が記されていた。手紙の受け取りには息子の隆さんが訪れた。さとさんは現在97歳で老人ホームで過ごしている。戦後再婚し、新たな子供ももうけたが隆さんには大人になるまで実の父の存在を明かさなかったという。母が語らなかった理由が手紙には書かれていたという。手紙の内容を知った隆さんは「73になってからこういう事が起こるとは思わなかった」と語り、感謝を述べた。

キーワード
真夏日
伊藤孝一大隊長
沖縄戦
サンゴ
御厨みさをさん
木村キクエさん
木村喜代治さん
芝原清隆さん
芝原清光さん
伊藤
歩兵32連隊
後藤さとさん
後藤豊さん
山形市(山形)

蓬莱さんのお天気!ぷらす (ニュース)
09:16~

このあと「熱中症に注意!」

全国の気象情報を伝えた。

キーワード
熱中症
土砂災害
真夏日
鹿児島市(鹿児島)
人吉市(熊本)
屋久島町(鹿児島)
食中毒
梅雨明け

蓬莱さんのお天気!ぷらす (ニュース)
09:22~

全国の天気を伝えた。

エンディング (その他)
09:22~

巨人が昨日勝ったことはよかったと橋本さんがいう。早く寝るか遅く寝るか。日本代表の戦いを見たいという。

ウェークアップ!ぷらすの番組宣伝。

キーワード
巨人

スポット

スクール/教育

高槻市立赤大路小学校
若松小学校
豊中市立千成小学校
鹿児島城西高校
高槻市立 赤大路小学校

レジャー/交通

JR大阪城公園駅
JR大阪駅
JR新大阪駅
成田空港

情報/通信

読売テレビ東京支社

政治/経済/地方自治体

沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会
消防庁
  1. 前回の放送
  2. 6月23日 放送
  3. 次回の放送