上田晋也の日本メダル話 2019年5月12日放送回

放送日 2019年5月12日(日) 17:00~17:25
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
17:00~

日本一美しい歩きだと言われる女性。オフィスで働いている。競歩日本代表の岡田久美子さん。走らずに歩くという。今年の日本選手権で優勝している。史上初の5連覇となった。歩きは美しい。股関節の動きを重要視している。足が地面から離れないようにする。一度も失格になったことはないという。最も過酷な陸上競技といわれる競歩。スタジオには、体脂肪率7%のアスリートの池田向希、川田裕美アナも登場する。

池田向希から見ても、岡田久美子さんのフォームは美しいという。軸が安定しているという。練習でつみあげて試合で自信をもってのぞむという。電車で間に合わないときは、走るという岡田さん。川田さんのスキップは井森美幸さんのダンスのようだという上田さん。岡田さんは、人が歩いている姿を見て、その人が競歩に向いているかどうかわかるという。

キーワード
日本選手権
井森美幸さん
東京五輪

上田晋也の日本メダル話 (バラエティ/情報)
17:03~

荒川河川敷で岡田久美子が1人で練習している。メニューも自分できめている。多い日は25~30km、月間500km歩く。陸上を始めたきっかけは、シドニー五輪金メダリストの高橋尚子。「ゴールシーンに感動した。マラソンでは無理でも、どんなスポーツでも五輪出場したいと思った。」などとした。高校で競歩を始めると、僅か1年でインターハイ優勝。しかしストイックすぎて、当時の体重は38kgだった。「軽量化作戦だった。太ることが怖かった。お弁当は母が作ってくれたが、おかずを何品か食べない。」などとした。その結果スタミナ不足となり、ロンドン五輪出場は叶わなかった。今は食事の改善に取り組んでいる。「今日も13kmくらいでタニタを思い出した。」などとした。サポートは管理栄養士の堀越さん。この日の昼食は約900kcal。堀越さんは「もっと量を増やしてほしいことを伝えている。エネルギーを使う競技なので、1日に3500kcalは必要。」などとした。食事で練習へのモチベーションが上がるという。また、毎日筋質点数をチェックしている。今年9月の世界選手権3位以内で東京五輪代表内定となる。「SWANS STORE 東京店」を訪れた。「スタートが23時半なので、対応できるものを探している。」とした。開催地のドーハの9月の平均最高気温は38℃で、砂埃にも対応するものを探す。東京五輪について「毎日東京五輪を想像している。ワクワクしている。」などとした。

食べるのもトレーニングのひとつだという。高校生の頃は痩せていた。そのころのままならスタミナがもたなかったという。岡田さんは高校時代はコミュ力はなかった。競歩はスネ、膝をケガする人が多い。疲れると、大腿骨が出てくるような気がするという上田さん。徒歩10分とグーグルマップにあったら5分で行けるのにと思うという池田さん。川田さんは喋っているときに、滑舌が気になってしまうという。女子アナの職業病だと思うとのこと。

去年、中国で世界チーム選手権があった。池田向希選手も出場。日本人初優勝をはたした。東洋大学の三年生だ。練習はストレッチからはじめる。身体が硬すぎるという。可動域を広げたいという。1日35キロ歩くという。ピッチ数が人より多いという。池田選手は食事で気をつけているのは、時間だ。よく噛んで食べるようにしているという。刺し身は2年食べていない。生物は食べないようにしている。池田選手は、日本選手権で、2位となった。優勝候補だった。その差は1秒だった。スピードについていけなかった。東京五輪に出たいという。金メダルを狙うとのこと。

日本は強豪揃いで、国内で勝つのが難しい。岡田選手は池田選手について「腕振りが速く、足の回転も速くなる。」などとした。池田選手は「もともと長距離をやっていたが遅かった。県大会もいけないレベルだった。伸び悩んでいたとき、競歩を始めた。思った以上に結果が出て、楽しさや魅力を感じた。」などとした。岡田選手は「私も長距離で限界を感じた。その時陸上部の先生に勧められて、いけるかもと思った。」などとした。何を考えながら歩いているかについて、池田選手は「後半苦しくなるが、レースで負けた時のことを考え、悔しさをバネに次は勝つ、と考える。」などとした。上田晋也が「好きな男性とのことを考えたりしながら、とかはないか。」と尋ねると、岡田選手は数回頷いた。また、「練習中、犬がいると見ちゃう。」などとした。

キーワード
シドニー五輪
高橋尚子
月刊陸上競技
インターハイ
ロンドン五輪
タニタ
世界選手権
Googleマップ
職業病
荒川
世界チーム選手権
山西利和
荒井広宙
東洋大学
日本選手権
東京五輪
中国
刺し身

スゴいぞ!ラガーマン (バラエティ/情報)
17:15~

ラグビー選手の凄さを紹介する、八木は高校の時デートでゲームセンターに行って、彼女がテトリスがうますぎて引いたと話した。

キーワード
テトリス

スゴいぞ!ラガーマン (バラエティ/情報)
17:18~

付き合い始めた高校生カップル、勇気が出ない少年の前に現れたのは大熊克哉。大熊克哉は日本最高峰のトップリーグで活躍し、鍛えた腕は丸太のように太く、スクラムの要として力が自慢とのこと。

キーワード
大熊克哉
クボタスピアーズ

スゴいぞ!ラガーマン (バラエティ/情報)
17:21~

彼女との距離を縮めたいときは強烈なタックルで距離を縮めてくれる。だがサバンナ八木が念力で縮めようとしたが、念力が足りず距離を縮められなかった。

最近の若い人はデートに行っても割り勘が多いそうで、川田アナの学生時代は徐々に割り勘になっていったが、上田は女子にびた一文払わせなかった。

キーワード
ラグビーW杯 日本大会

エンディング (その他)
17:23~

限界突破!アスリミットの番組宣伝。

世界の果てまでイッテQの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 5月12日 放送
  3. 次回の放送