スッキリ 小平奈緒が日本女子初の金!加藤&阿部がインタビュー&羽生連覇の舞台裏

スッキリは、気分が爽快になったときの言葉。余計なものがなくなってさっぱりしている様子のこと。スッキリ (テレビ番組) - 日本テレビ系列で2006年4月3日から放送されている朝のワイドショー・情報番組。2017年9月29日までは『スッキリ!!』の番組名であった。フジテレビ系列のクイズ番組『脳内エステ IQサプリ』で、正解した時もしくは問題内容やその答えに納得したことを表す表現として用いられている。なとりから発売されている乾燥梅干し「梅スッキリ」。テレビ大阪製作・テレビ東京系列で放送される『アニメロビー』内コーナーで「おねがいマイメロディ」の第3期である「おねがいマイメロディ すっきり♪」アース製薬から発売されている芳香剤の「スッキーリ!」。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年2月19日(月) 8:00~ 9:00
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
08:00~

オープニング映像。

平昌五輪、スピードスケート女子500メートルで小平奈緒選手が金メダル。スピードスケート女子での金メダルは初、タイムは五輪新記録となった。

フィギュアの羽生結弦選手は男子シングルで金メダル。ショートでの1位に続いて、フリーでも圧巻の演技。冬季五輪での日本人連覇は66年ぶりとなった。

出演者挨拶とトーク。平昌五輪の日本人の活躍について、生で見られる出演者やスタッフがうらやましいなどと話した。

五輪現地の加藤浩次、阿部祐二と中継をつないだ。桝太一アナが2人につかまっていた。2人がかぶっているのは五輪公式キャラの耳あてだそう。きょうの番組は短縮して1時間になると案内した。

東京のスタジオからコメンテーターを紹介した。

キーワード
小平奈緒選手
平昌五輪
羽生結弦選手

NOW!PyeongChang (ニュース)
08:03~

平昌五輪、スピードスケートの小平奈緒選手は女子500メートルで金メダル。本番一発勝負で五輪新記録を樹立した。試合後のインタビューでは、全てが報われたと感じたと答えた。

フィギュアの羽生結弦選手は男子シングルで金メダル。ショートでの1位について、フリーでも圧巻の演技。

出演者挨拶とトーク。平昌五輪の日本人の活躍について、生で見られる出演者やスタッフがうらやましいなどと話した。

五輪現地の加藤浩次、阿部祐二と中継をつないだ。桝太一アナが2人につかまっていた。2人がかぶっているのは五輪公式キャラの耳あてだそう。きょうの番組は短縮して1時間になると案内した。

東京のスタジオからコメンテーターを紹介した。

きょうのラインナップは、スピードスケート・小平奈緒金メダル、フィギュア・羽生結弦金メダルと宇野昌磨銀メダルなど。小平奈緒は五輪新記録を達成したと紹介した。

BGM:日本テレビ系ピョンチャン2018テーマソング「白が舞う」/嵐

小平奈緒選手はソチ五輪では5位に終わり、海外での武者修業でフォームの改善などに取り組んだ。今季は500メートルでは負け無しの24連勝。他国では韓国のイ・サンファ選手が500メートルに照準を絞って出場していた。

NEXT 加藤も絶叫…小平“栄冠”のレース

キーワード
小平奈緒選手
平昌五輪
白が舞う
小平奈緒
羽生結弦
宇野昌磨
イ・サンファ選手

NOW!PyeongChang (ニュース)
08:09~

平昌五輪、昨日行われたスピードスケート女子500m。16組中14組目に登場した小平選手。オリンピックレコードを叩き出し、軽くガッツポーズを見せた小平選手。加藤さんは感極まっていた。最大のライバル、イ・サンファ選手は小平選手の記録に及ばず、小平選手の金メダルが確定。目に涙を浮かべるイ・サンファ選手の所に小平選手が駆け寄り、検討をたたえあった。このシーンを見て、阿部さんはいいシーンだと感動していた。小平選手の両親はこんなに人生の中でうれしい日はない、娘を誇りに思うと述べた。小平選手の地元は大いに盛り上がっていた。会場に駆けつけていた橋本聖子さんは、小平選手を私の誇りだと述べた。

金メダルを獲得した小平奈緒選手を番組が取材。番組を見ていると話してくれた。ソチでの5位からの取り組みについて聞くと、海外での練習や日本での新しい挑戦を続けてきた、金メダルをとって目標を達成したと感じたと答えた。やりきったという感覚はないといい、五輪は通過点であり世界記録などへの挑戦を目指したいと答えた。ライバルの韓国のイ・サンファ選手とウイニングランで感動を分かち合ったことを聞くと、韓国のメディアに自分が取材を受けたことなどから、自分も相手選手をたたえてあげるべきと感じたと答えた。

小平奈緒選手へのインタビューを振り返り、日本選手団の主将としての重圧もあったはず、主将はメダルをとれないというジンクスをはねのけたなどと話した。ピョンチャンの加藤・阿部の2人に聞くと、番組に与えられた時間は2分だけだったので最後に番組出演をお願いした、韓国ではイ・サンファ選手が出場しており小平奈緒選手は大きなアウェイ感を感じていたはずなどと話した。橋本聖子氏への取材について聞くと、小平選手は満足していないはず、今後は世界記録などが目標になるとの話だったと紹介した。その他、スタートの合図より早く足が動くなど心配なこともあった、ラップタイムで全選手中トップを記録して心配が吹き飛んだなどと話した。

フィギュアスケート男子シングルでは羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダル。羽生結弦選手は去年11月に右足首じん帯を損傷。試合後の会見では、五輪本番では痛み止めを飲んでリンクに立つ状態だった、逆境があったからこそ金メダルがとれたと思うと答えた。

BGM:日本テレビ系ピョンチャン2018テーマソング「白が舞う」/嵐

羽生結弦選手のフリー演技を加藤浩次、阿部祐二の2人が観戦。本番では「SEIMEI」の曲に乗せ、ジャンプのうち2本でバランスを崩したものの圧巻の演技を披露した。得点はフリー206.17、合計317.85と、残り2人の演技を残して1位。

NEXT 「次は4回転半」羽生結弦(23)の思い

スピードスケート女子500メートルの試合結果をまとめた。金メダルは小平奈緒、銀メダルは韓国のイ・サンファ、銅メダルはチェコのカロリナ・エルバノバー。日本の郷亜里砂は8位、神谷衣理那は13位となった。

フィギュアスケート男子シングル、羽生結弦選手は前半のショートプログラムで1位、宇野昌磨選手は3位につけた。前半終了時点での順位表を紹介した。

その後、スペインのフェルナンデス選手は羽生選手の得点に届かず。宇野昌磨選手は1本目のジャンプで転倒したが、その後を完璧に決めた。結果はフリー202.73、合計306.90で2位。羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダル獲得となった。加藤・阿部の2人は、試合後の会場で日本人ファンと喜びを分かち合った。

キーワード
小平奈緒選手
平昌五輪
カンヌンオーバル
エルバノバー選手
羽生結弦選手
白が舞う
イ・サンファ選手
茅野市(長野)
アルベールビル五輪
橋本聖子氏
スピードスケート
イ・サンファ
カロリナ・エルバノバー
郷亜里砂
神谷衣理那
宇野昌磨選手
SEIMEI
フェルナンデス選手

NOW!PyeongChang (ニュース)
08:38~

羽生結弦選手はメダル獲得後の会見で、4回転半ジャンプともいわれる4回転アクセルに挑戦したいと語った。小学生のときの取材でも、4回転半や5回転のジャンプをやりたいと語っていた。

フィギュアスケート男子シングルの結果を振り返ってトーク。羽生結弦選手の金メダルに加え、宇野昌磨選手が会見でフリーのジャンプ1本目失敗から開き直ったと答えたのも印象的だったなどと話した。

NEXT カーリング女子快進撃 ジャンプ葛西紀明選手団体戦へ このあと加藤・阿部中継

現地の加藤・阿部との中継では、言葉にできないほどの感動だったなどと話した。羽生選手の登場時の印象を聞くと、6分間練習での登場から観衆が静まり返った、フリーではショートより日本人の観客が多かったが海外の観客も含めて釘づけになっていたと答えた。宇野選手の演技については、羽生選手の余韻が会場に残っているのを感じた、ショートに続いて自分の演技を見せて場の雰囲気を変えてしまったと答えた。その他、ショートでは羽生選手より前だったアメリカのネイサン・チェン選手が会場の雰囲気に負けて点数を落としていた、フリーでは前半に登場して210点台をたたき出したと紹介した。

その他、羽生結弦選手の4回転アクセルへの意欲について、五輪は通過点との考えを頼もしく感じるなどと話した。5位までの結果を振り返った。日本では田中刑事が18位。日本のここまでのメダル数は10個で長野大会に並んだと紹介した。

キーワード
平昌五輪
羽生結弦選手
葛西紀明選手
4回転アクセル
宇野昌磨選手
ネイサン・チェン選手
宇野昌磨
ハビエル・フェルナンデス
金博洋
ネイサン・チェン
田中刑事

NOW!PyeongChang (ニュース)
08:50~

きょう行われる種目と出場選手を紹介した。カーリング女子はきょうカナダ、スウェーデンと対戦。

きょうのカーリング女子中継の案内。

五輪現地の加藤浩次、阿部祐二と中継。加藤浩次は予定を全て終えて帰国、阿部祐二は今後も中継を続けると答えた。加藤浩次は、日本のファンの多さに驚いた、2年後の東京五輪ではさらに盛り上がるはずと答えた。

きょうのカーリング女子中継の案内。

エンディング曲:2月テーマソング 絢香&三浦大知「ハートアップ」

ツイッターの案内。投稿はハッシュタグ「#スッキリ」にて受け付け。

平昌五輪、スキージャンプ男子ラージヒル決勝では日本の葛西紀明選手が33位。1回目で風に恵まれず121.0メートルに終わり、2回目に進めなかった。小林陵侑選手は1回目135.5メートルで2回目に進み、最終成績は10位。他に竹内択が22位、小林潤志郎が24位となった。

きょうはスキージャンプ男子団体が行われ、竹内択、伊東大貴、葛西紀明、小林陵侑が出場する。

カーリング女子はおととい第5戦のOAR(ロシア個人出場選手)との試合が行われ、日本が9エンドまで10-5で勝利。藤澤五月のスーパーショットなどがみられた。

キーワード
平昌五輪
羽生結弦選手
ハートアップ
絢香&三浦大知
絢香
三浦大知
#スッキリ
葛西紀明選手
小林陵侑選手
竹内択
小林潤志郎
葛西紀明
小林陵侑
伊東大貴
藤澤五月
東京五輪

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月19日 放送
  3. 次回の放送