木村佳乃がひも解く!マリー・アントワネットの真実 2016年11月5日放送回

放送日 2016年11月5日(土) 10:30~11:25
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
10:30~

14歳でフランス王室に嫁ぎ、37歳で処刑されたマリー・アントワネット。マリー・アントワネットに纏わる美術品、約200店が日本に上陸。展覧会は毎日大盛況となっている。展覧会にはマリーのコレクションや愛用品などが展示されている。フランス革命時に中傷した風刺画や処刑される直前まで身につけていた靴や肌着なども展示されている。国民から愛されながら何故、彼女は不名誉な最期を遂げたのか、番組はフランスへ。こだわりのライフスタイルやファッション。宮廷の中で孤立しつつも心の支えになった母からの手紙。マリー・アントワネットの真の姿に迫る。

オープニング映像が流れた。

キーワード
マリー・アントワネット
マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実

木村佳乃がひも解く!マリー・アントワネットの真実 (バラエティ/情報)
10:32~

木村佳乃さんマリー・アントワネットについて池田理代のベルサイユのばらが大好きだったなどと述べた。

ヴェルサイユ宮殿は1711年、ルイ14世の王権の象徴として完成した。王族や貴族の住居、政治と文化の発信地としてヨーロッパ全土にその名を轟かせた。面積は東京ドーム178個分。敷地には大きな池や可愛らしくカットされた植木された庭園も見どころになっている。ヴェルサイユ宮殿は1979年に世界文化遺産に登録され、年間750万人以上が訪れる。最初に案内されたのはバロック様式王室礼拝堂。マリー・アントワネットなどの王室や貴族は通常毎日午前10時からのミサに出席していた。1770年5月16日、オーストリア出身のマリーはフランスのルイ16世とここで結婚式をあげた。マリーはこの時14歳、ルイは15歳だった。続いて案内されたのは宮殿西側の二階の鏡の間。その長さは75メートルもある。天井にはルイ14世の偉業が描かれている。鏡の間は王に謁見する人々が待機する場所である。最大の見所は部屋をさらに広く見せる357枚の鏡。マリーは結婚式のあと、ここで結婚パーティーや舞踏会を行った。ここで問題。「鏡の間」で歴史的な調印式が行われたがそれは何?

答えはヴェルサイユ条約が結ばれた場所。ヴェルサイユ条約は1919年6月28日、第一次世界大戦の連合国とドイツの間で締結された講和条約の調印が行われたのがヴェルサイユ宮殿の鏡の間だった。ルイ14世までの宮殿は王が地域との結びつきを強める移動宮殿だった。ルイ14世は地域の有力者を一箇所に集めるために大きな宮殿を作ったという。

このあとヴェルサイユ宮殿で一番豪華な王の部屋へ。このあと木村佳乃がマリーのプライベート空間へ。

キーワード
池田理代
ベルサイユのばら
マリー・アントワネット
ヴェルサイユ宮殿
ルイ14世
世界文化遺産
ルイ16世
ヴェルサイユ条約

木村佳乃がひも解く!マリー・アントワネットの真実 (バラエティ/情報)
10:43~

ベルサイユ宮殿の心臓に位置する歴代の王が使った一番豪華な部屋を見学した。王の絶対的な権力を象徴するため、黄色の装飾が施されていた。王は朝起きて寝るまで人々に囲まれて生活をしていた、部屋に多くの人々が出入りしたため柵で部屋を2つに分けていた。王や王妃のプライベートな空間も設けられており、マリーのプライベートルームを見学した。当時フランスには入浴の習慣がなくオーストラリア出身のマリーは部屋にはバスタブを設置したという。

木村佳乃さんは、王妃の浴室や寝室はもっときらびらかで広いイメージあったが、実際はこじんまりしていて馴染み深い大きさだったと話した。

木村佳乃が注目!宮殿の「床」

木村佳乃がひも解く!マリー・アントワネットの真実 (バラエティ/情報)
10:51~

今年7月に展覧会のオフィシャルサポーターに就任した木村佳乃さんは「床が大好き」などに対する思いを語った。番組ではヴェルサイユ宮殿の床も取材した。床はヴェルサイユ張りと呼ばれルイ14世の時代に登場したもの。形を見てみると細長い木で囲まれた外枠の中に正方形の板と長方形の板が規則正しく組み合わされている。端の板は三角にカットされ枠に合わせ1つのパネルを完成させる。ヴェルサイユ張りの修復に携わる床職人の店を訪ねた。ヴェルサイユ宮殿の床は事前に工房で約1平方メートルの寄せ木のパネルを作り、運び込んで敷き詰め作業の効率化を図った。

木村佳乃さんは「一角だけで良いので自宅の床もヴェルサイユ宮殿の様にしたい」などと話した。他の出演者らは「ウグイス張りの様に音が鳴るか」などと話した。

キーワード
ヴェルサイユ宮殿
ルイ14世

エンディング (その他)
11:17~

18世紀後半、フランスは度重なる戦争により財政難に陥った。さらに、悪天候により小麦の不作にみまわれパンの値段が高騰、民衆は餓えに苦しんでいた。そんな中革命家たちの矛先に選ばれたのがマリー・アントワネットで、誹謗中傷の風刺画などが飛び交い、革命の道具として使われた。1793年1月にルイ16世は処刑され、その半年後にマリーも処刑され、37歳で生涯に幕を降ろした。

キーワード
マリー・アントワネット
ルイ16世

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 11月5日 放送