水の惑星大冒険 2016年7月18日放送回

放送日 2016年7月18日(月) 14:55~16:20
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
14:56~

オープニング映像。

水の惑星大冒険 (バラエティ/情報)
14:58~

溝端淳平がカンクンにやってきた。年間400万人以上の観光客が訪れるリゾート都市だ。海洋考古学者のジャック=イヴ・クストーは地球に残された究極の海と評した。ダイビングスポットのコスメル島も紹介する。

カンクンからプラヤ・デル・カルメンへと移動し、フェリーでコスメル島へむかう。フェリーではライブ演奏も行われていた。30分で到着。世界中からダイバーが訪れる島だ。韓国客が60万人訪れている。溝端淳平は、シーフードレストランに入店、名物のロブスターテールをいただく。

10万円の旅行券が当たる!詳しくはdボタン

コスメルの海へむかった。ダイバーのアルベルトが待っていた。溝端淳平は2周間前にライセンスをとったばかりだが、いろんなレベルの人のための場所があるので大丈夫だと話した。ボートにのり10キロ先のポイントに到着し、生まれて初めて海へ潜った。美しい青の世界が目の前に広がっていた。この日の透明度は30メートルだった。色鮮やかな魚たちやタイマイ、サメとであった。

海からあがり、ウミガメや、サンゴ礁の洞窟に感動したなどと話した。

カリブ海 ナゾの水中美術館、さらに古代マヤ文明の遺跡へ。

キーワード
ジャック=イヴ・クストー
カンクン(メキシコ)
カリブ海
コスメル島
10万円分旅行券
プラヤ・デル・カルメン(メキシコ)
El coctelito
ロブスターテール
ブルーストライプドグラント
コモリザメ
タイマイ

水の惑星大冒険 (バラエティ/情報)
15:13~

溝端淳平は、ロベルト・ディアス・アブラハムというアーティストを訪ねた。翌朝、カンクンから約20分の沖合へ向かい、ロベルトが自分でつくった石像を沈めていると話した。そこにはたくさんの石像がならんでいた。観光客からサンゴ礁を守るためだという。サンゴは海の浄化作用を担っている。この水中美術館プロジェクトは2009年にはじまり、現在500体以上あるという。モデルは地元の人々だという。

さらに、彼らは、石像にサンゴの破片を移植し、人工のサンゴ礁をつくる試みも行っていた。この日、新しい石像が沈められた。ロベルトの孫がモデルだという。このプロジェクトでダイバーたちの意識がかわり、サンゴを傷つけられことが少なくなったと話した。

カンクンから1時間半の、トゥルムにやってきた。この町には古代マヤ文明の遺跡がある。遺跡の多くがジャングルの中に点在しているのが特徴だ。トゥルム遺跡は、ジャングルと海をつなぐ交易の拠点となった。遺跡の目の前には海が広がっていた。

10万円の旅行券が当たる!詳しくはdボタン

海をはなれ、マヤ文明のさかえたジャングルへむかった。水中探検家のロヘリオ・ミエール・オルテガが案内する。マヤの人たちがつかっていた天然の泉を案内した。セノーテと言われる泉はジャングルに3000個が点在するという。セノーテにダイビングができるという。さっそく水中洞窟に潜ることになった。

カリビアンブルーの秘密が!

キーワード
カンクン(メキシコ)
カリブ海
サンゴ礁
トゥルム遺跡
マヤ文明
10万円の旅行券
トゥルム(メキシコ)
セノーテ

水の惑星大冒険 (バラエティ/情報)
15:28~

カリブ海の美しさの秘密を探るため、水中洞窟セノーテを潜り、その美しい映像を伝えた。そこには鍾乳石があった。セノーテの水はもともと雨水で、石灰岩でろ過され美しい地下水となっていた。さらに奥にすすむと、モヤモヤしている部分があった。淡水と海水が混じっているところだという。セノーテは深い所で海とつながっているという。

別のセノーテを紹介。溝端淳平は初心者のため、ゴールの海で待ち、ロヘリオが水中洞窟を潜った。5分後、海からロヘリオが現れた。穴があり、セノーテからの水が湧いていた。ユカタン半島は大きな川がなく、濁流が海に流れない。これがカリビアンブルーをうみだすひとつの要因となっている。

天空の生まれた場所。さらに奇跡の清流、高知県の仁淀川。

キーワード
セノーテ
鍾乳石

水の惑星大冒険 (バラエティ/情報)
15:38~

佐藤栞里が、高知県の仁淀川にやってきた。日本一の水質を誇る。名越屋沈下橋を渡った。欄干がないのは川の流れを逃がすためだという。仁淀川は、石鎚山から愛媛県から高知県へ、太平洋にそそいでいる。その後、ボートに乗った。驚きの透明度を誇っている。ガイドの高田さんが、水中にカメラをいれて写すと美しい青の写真がとれた。人々は仁淀ブルーとよぶという。

10万円の旅行券が当たる!詳しくはdボタン

佐藤栞里はさらに車で上流へむかった。そこで、カメラマンの高橋宣之さんが待っていた。高橋さんは仁淀ブルーの名付け親だという。高橋さんに案内され、最上流部の安居渓谷 水晶淵にむかった。水晶のような透明度だった。

キーワード
名越屋沈下橋
10万円の旅行券
仁淀ブルー
高知県
仁淀川
石鎚山
安居渓谷 水晶淵

水の惑星大冒険 (バラエティ/情報)
15:46~

水晶淵の水の中の映像を紹介。高橋さんは、森が美しいところは水も美しいと話した。この川の流域人口は10万人くらいいるが、そっと見守っている、川を愛すれば川はきれいだと話した。

池川地区を高田純次が訪れた。川沿いの理髪店に「あゆ鑑札あります」の張り紙をみて入店した。あゆの有漁券があるのだという。この川のあゆは雑味がなくて風味豊かで、全国から釣り好きが集まるため、漁法や禁漁区などのルールを決め、有漁券を販売し乱獲からまもっているという。理髪店のご主人、青木さんの自宅は、川べりにあった。その暮らしは仁淀ブルーととなりあわせだった。上流からのゴミがたまると毎日きれいにひろって掃除するなどしていると話した。

佐藤栞里も上流の町にむかった。川にあつまっている子供たちに話しかけると、水生昆虫をさがす川の授業「ガサガサ」をやっていると話した。水生生物研究家の石川さんから、水生昆虫がたくさんいるときいた。カワゲラやヒラタカゲロウなどがいた。佐藤栞里もガサガサに挑戦し、カワゲラを捕まえた。石川さんは、川の授業を通じて、仁淀川がキレイで素晴らしいことを実感してほしいと話した。

仁淀川は、水辺利用率が全国トップクラスだという。毎年8月には水切りの大会が行われているという。

佐藤栞里と高田純次が、長者地区にやってきた。大正時代からの理髪店を営む若藤さんの自宅の前に大きな水槽があった。趣味であゆや、ウナギをとっているという。清流ならではの特性を活かした伝統のしゃくり漁をしているという。箱メガネを紹介した。若藤さんはしゃくり漁の達人だった。漁の様子を紹介した。最高200匹つりあげることもあるという。

若藤さんが2人に、天然うなぎの蒲焼きとアユの塩焼きをふるまった。若藤さんは69年住んでいて、川がなかったら僕らは死んだようなものだと話した。

溝端淳平は、世界自然遺産のシアン・カアンにやってきた。ボートでマングローブの林をぬけると、エメラルドグリーンの世界が広がっていた。ガイドのアントニオさんが、マヤ文明でつくられた人口の運河を案内した。深くないときいて、水路に飛び込んだ。

シアン・カアンの中にある、プンタ・アレン村には、マヤ族の血をひく人々が生活している。漁師にきくと、このへんではイセエビがとれると話した。イセエビは穴状のしかけをおいておくと勝手に入ってくるという。イセエビ漁に同行。仕掛けは1ヵ月前に設置したという。素潜りし、しかけをもちあげ、網でたくさんのイセエビをすくいあげた。溝端淳平も素潜り漁に挑戦。

キーワード
安居渓谷 水晶淵
仁淀川
池川地区(高知)
ガサガサ
ヒラタカゲロウ
カワゲラ
仁淀川国際水切り大会
しゃくり漁
あゆ
うなぎ
長者地区(高知)
天然うなぎの蒲焼き
アユの塩焼き
シアン・カアン
マングローブ
プンタ・アレン村(メキシコ)
イセエビ

水の惑星大冒険 (バラエティ/情報)
16:11~

プンタ・アレン村のイセエビの素潜り漁に溝端淳平が挑戦。しかし、成功できなかった。もう一度挑戦、しかけから逃げたイセエビを捕ろうとしたが逃げられてしまった。再度挑戦、捕ることができた。

カリブ海と生きる人々の思いに…

キーワード
イセエビ
プンタ・アレン村(メキシコ)

水の惑星大冒険 (バラエティ/情報)
16:16~

とれたてのカリブ海をいただきながら、漁師たちに話しを聞いた。この村を知ってもらって幸せだった、美しくて静かなところが良いと話した。

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 7月18日 放送