アツアツ!フーフー!鍋ストーリー 2015年1月31日放送回

放送日 2015年1月31日(土) 10:30~11:25
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
10:31~

金沢を藤吉久美子と太川陽介夫妻が手を繋いで歩いていた。北陸新幹線が3月14日に開通する。芸能人がまぼろしの食材探しに奮闘する。

キーワード
金沢(石川)
北陸新幹線

アツアツ夫婦でフーフー! (バラエティ/情報)
10:32~

金沢を藤吉久美子と太川陽介夫妻が旅する。ひゃくまんさんという北陸新幹線のキャラクターも登場した。藤吉と太川は鍋料理を求めて出発した。

浜田満・浜田博美夫妻を訪問した。魚の行商夫婦だ。見合いで結婚した。満さんの博美さんの第一印象は「派手」というものだった。

金沢港いきいき魚市でのどぐろを太川・藤吉は発見した。じゅうふく水産の川島和彦さんがのどぐろを食べていくように勧めた。能登の荒波にもまれたズワイガニは加賀+能登で加能ガニと呼ばれる。重くて足を押した時に弾力があって黒い粒が多いズワイガニがオススメだという。焼きガニを食べた太川は「一番甘いのが焼いたカニ」と語った。カニしゃぶを食べた藤吉は「最高です。こんな甘いの食べたことない」と語った。

キーワード
北陸新幹線
金沢(石川)
ひゃくまんさん
のどぐろ
じゅうふく水産
ズワイガニ
Lui-Lui
焼きガニ
カニしゃぶ
加能ガニ

アツアツ夫婦でフーフー! (バラエティ/情報)
10:42~

金沢港いきいき魚市で太川陽介はカニを売るために「Lui-Lui」を歌ってみせた。

大根農家の松本充明さんが源助だいこんを紹介した。源助だいこんは砂で育てている。藤吉は食べてみて「甘い」という感想を語った。

浜田さんの自宅で料理をした。加能ガニの殻を野菜をむくピーラーでむいた。バッチリというのを「バンバン」という方言で表現することが紹介された。

水魚は北陸以外ではあまり見かけない魚。上品な白身が特徴的でコラーゲンが豊富な魚であることが紹介された。

キーワード
金沢(石川)
ズワイガニ
Lui-Lui
源助だいこん
加能ガニ
コラーゲン
水魚

アツアツ夫婦でフーフー! (バラエティ/情報)
10:49~

富山県のブリ鍋が紹介された。寒ブリをミディアム・レアでいただくのが美味しいという。若狭ふぐを使った鍋が福井県のオススメ鍋だ。白子もクリーミーだ。

浜田さんの自宅で加能ガニを使ったカニ鍋が完成した。太川はカニを食べて「バンバン!」と感想を述べた。源助だいこんは「中がサクッとしてる」と藤吉は語った。太川陽介は水魚について「皮のままでいける」と語った。

浜田博美さんは夫婦について「他人だけど親より兄弟より大事な存在」と語った。満さんは「うれしい時もかなしい時も一緒にいる存在」と語った。

佐々木健介と北斗晶が山形で米沢牛の絶品鍋を探す。ノーベル賞を受賞した中村修二さんも米沢牛を絶賛していたという。

阿部修二・阿部つや子夫妻を佐々木健介と北斗晶は訪ねた。修二さんは脱サラ後に肥育農家になった。現在はチャンピオン牛を何頭も育てている。

阿部さんが育てる米沢牛を食べた佐々木健介は「美味しい!」と語った。北斗晶は「甘いお肉ですね」と語った。エサにお米を混ぜることで肉が甘くなるという。さらに盆地のために夏と冬の温度差が大きく、それが刺激となりキメの細かいサシが入る。

雪菜を育てている農家を訪ねた。雪の中を進んで、佐々木健介と北斗晶は雪菜に辿り着いた。健介が202分以上雪かきをすると雪菜が出てきた。雪菜は秋に収穫してワラで囲って、雪の下で自分の葉を栄養に白く育つ。

もやし農家の鈴木さんが育てているのは小野川豆もやし。もやしが育つ室を30度に保つために温泉が利用されている。小野小町が発見したとされる歴史ある温泉だ。小野川豆もやししゃぶしゃぶを作った。北斗晶は「シャキシャキで美味しい」と語った。

米沢牛、雪菜、小野川豆もやしが揃ったところで絶品牛鍋を作る。

キーワード
若狭ふぐ
白子
寒ブリ
富山県
福井県
加能ガニ
金沢(石川)
源助だいこん
水魚
米沢牛
青色LED
ノーベル賞
中村修二
米沢牛のサーロインステーキ
お米
川西町(山形)
米沢(山形)
雪菜
小野川豆もやし
滝湯
小野小町
にゃん小町
小野川豆もやししゃぶしゃぶ

アツアツ夫婦でフーフー! (バラエティ/情報)
11:11~

宮城県民が愛するのが仙台せり鍋だ。仙台せりと鴨肉だけ。せりの根っこは味が濃くて美味しい。

米沢牛、雪菜、小野川豆もやしが揃ったところで絶品牛鍋を作る。米沢牛を食べた北斗晶は「美味しい!やばいこの肉!」と語った。佐々木健介は「美味しいです。甘い!」と語った。小野川豆もやしを食べた北斗晶は「このもやし不思議。こんなに煮たのにシャキシャキ」と語った。

阿部修二さんは「ママちゃんがいないと生きていけない」と語った。脱サラした修ニさんを阿部つや子さんは信頼してついていったという。修二さんからつや子さんに手紙が送られた。奥さんへの感謝が綴られた手紙だった。

キーワード
仙台せり
鴨肉
仙台(宮城)
仙台せり鍋
米沢牛
小野川豆もやし
雪菜
川西町(山形)

エンディング (その他)
11:21~

佐々木健介が北斗晶に自身のサプライズレターについてきくと、「お前を鍋につっこみたい」と答えた。

佐々木健介から北斗晶への手紙を用意されていた。「夫婦生活は山あり谷あり。楽しいことばかりじゃない。でもそばにあなたがいるから前に進める」と実はつや子さんへの手紙だった。

  1. 1月31日 放送