マツコとマツコ 2015年4月4日放送回

『マツコとマツコ』は、2015年4月4日から同年9月26日まで日本テレビ系列で毎週土曜日 23:00 - 23:30(JST)に放送されたバラエティ番組。全25回。マツコ・デラックスの冠番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年4月4日(土) 23:00~23:30
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
23:01~

オープニング映像。

スタジオで幕が降り、マツコ・デラックスとマツコを忠実に再現した「アンドロイド」が登場。客席から大歓声が起こったことに対し、マツコが「そんなにいいことないの?」と反応の良さを揶揄するようなコメントをすると、アンドロイドが「悲しいわね」と喋り出し、また客席がわいた。マツコの喋り方を真似してしゃべるアンドロイドに対し、マツコは「これ、私言う?」「これ、私言う」と反応した。

昨年末、マツコのアンドロイド「マツコロイド」を制作し様々な実験に挑戦した。世界初の「アンドロイドバラエティ」として学術的にも興味深い、数々の検証結果を得た。今回、レギュラー化に伴ない「アンドロイドは人間関係を修復できるか?」「アンドロイドと共同生活すると何が起きるのか」などの実験に挑戦する。この番組は、来るアンドロイド社会に備えマツコロイドとともに検証を行っていく。

検証 マツコロイドに芸能人はどう反応するのか? (バラエティ/情報)
23:04~

マツコロイドを生み出したのは、アンドロイドの第一人者で、世界的科学誌「サイエンス」の表紙を飾ったこともある大阪大学教授の石黒浩。これまでに1体1000万円以上かかるアンドロイドを10体以上を製作した。自分自身や自分の娘のアンドロイドも制作した。マツコロイド製作にはメイクアップアーティストのJIROも特別に参加。マツコ本人を型取りし、JIROがメイクを施した。顔だけで20万個もの毛穴を作成した。

石黒浩が「色んな技術が世の中にあるので、ちょっとずつ人の協力を得ながら賢くしていけるかな。その後 はアンドロイドだけで番組をやるかも」というと、マツコが「その場合は(ギャラを)私に半分入れなさいよ」とアンドロイドに語りかけた。

マツコロイドが番組の主旨を「この番組はアンドロイドでどこまで番組を作れるか可能性を探る実験番組」と説明しはじめ、マツコが「この番組はあなたが進行をするのね?」と確認した。

これまで、マツコロイドと芸能人を対面させ様々なリアクションを観察した。水卜麻美アナウンサーはマツコロイドを見て本物だと思い、その自分の認識が間違っていたと理解して照れ隠しで笑った。オネエタレントが集まった中にマツコロイドを置き、そこにクリス松村を参加させたところ、クリスは4分以上アンドロイドだと気づかなかった。

今回の検証は「本物のマツコに対し極度に緊張する人がマツコロイドに対面するとどんな反応をするのか」を検証する。番組が行ったアンケートで「最も緊張する相手」にマツコと書いた、元TBSアナウンサー田中みな実を打ち合わせで呼び出し、マツコロイドがあえて見える状況にする。マツコロイドの声はホリがモノマネをする。田中みな実はマツコロイドにも緊張するのか。

打ち合わせにやってきた田中みな実は、マツコロイドが見えると一度足を止め「えっ?」と驚いた。離れた席で打ち合わせを続ける田中はマツコロイドを見ようとしなかったので、田中1人だけにしてみると、マツコロイドを反対方向を向き、目を逸らし続けた。ホリが「企画そのものがおかしい」などと言い怒っているフリを始めると、田中はなぜかその声に反応しうなずきはじめたので、ホリが「日テレで何してんのよ」と言うと田中は驚いてマツコロイド見て立ち上がった。ホリが「ちょっとこっちいらっしゃいよ」と声をかけ田中が歩み寄ったところで、マツコ本人ではないと気づいた。田中は「触ってもいいですか?」とマツコロイドを5分ほど触り続けた。田中がこのような行動を撮った理由について、苦手な人は実は「気になっている人」で、アンドロイドは攻撃してこないという安心感から興味を満たすため必要以上にさわろうとする、と解説された。田中は「マツコさんが、急に身近に感じられてうれしい」とコメントした。

続いての検証は「人はアンドロイドが突然自宅に現れるとどんな反応をするのか」。奥さんの協力を得て、あばれる君の自宅リビングにマツコロイドを設置した。このあとご対面。

キーワード
サイエンス

検証 マツコロイドに芸能人はどう反応するのか? (バラエティ/情報)
23:14~

マツコが「本当の人間だったら、会って2時間で風呂場で話し相手はさせないよね」と言うと、石黒浩「人間は何を考えてるかわからないが、機械だから悪いことをしないと信じやすい、受け入れやすい」「人間に対する猜疑心が抑えられる」「僕の場合、学生は僕より僕のアンドロイドのほうが話しやすい。僕に質問しない学生が、アンドロイドにはちゃんと質問する」と見解を語った。

マツコがマツコロイドに「田中みな実は素のリアクションだったと思う?」と聞くと、マツコロイドは「正直、私もスタッフも、田中みな実ちゃんが近づいてきたらドキドキした」と答え、マツコが「そういうこと聞いてんじゃねえよ」と声を荒らげた。マツコロイドが、田中は特にマツコに苦手意識はなさそうだったと語ると、マツコは「絶対そうなんだって。そもそもの設定がおかしい。あっちの方が立場が上なんだから」と語った。

マツコロイドにはどんな機能をつけて欲しいか、との質問にマツコが困っていると、石黒浩が「目からビーム出すとか」と提案した。マツコロイドがマツコに「どんな人の家に置いてみてほしい?」と聞くと、マツコは「誰の家にも置いてほしくない」と答えた。

あばれる君の自宅リビングにマツコロイドを設置し帰宅を待った。帰宅したあばれる君はリビングの証明を点灯させると同時に驚き、マツコロイドに「お早うございます」と挨拶した。マツコロイドに近づきニセモノと気づいたあばれる君は「気持ちわりい」と何度か繰り返した。マツコロイドが話をはじめ、会話できると気づいたあばれる君は「え?会話できるんすか?」と驚きマツコロイドを凝視し「マジっすか?」と声をあげた。一晩マツコロイドを泊めることになり、食事をしながら会話をした。あばれる君は入浴時、湯船に浸かった状態で奥さんに話し相手をさせる、と奥さんが話したので、マツコロイドが代わりに話し相手をした。最初は警戒していたが、リラックスしてマツコロイドを会話をするようになったあばれる君について「人間はアンドロイドに対し人間ほどの強い人格を感じないため、プライベート空間に入ってきても警戒心を持ちづらい。近い未来には話し相手や介護が必要なお年寄りのためアンドロイドの実用化が期待されている」と解説された。マツコロイドに「お風呂見られるのどう?」と聞かれたあばれる君は「マツコロイドだから観られてもいいかなって」とコメントした。

実験中の企画について説明。遠隔操作機能を使って、マツコロイドを秋田県に設置して実験を行った。マツコロイドで地方ロケはできるようになるのか?更に、マツコロイド進化プロジェクトを始動。676の文章をマツコの声で録音し、パソコンで言葉を打つだけでマツコロイドが喋る新機能を開発した。新機能のお披露目として報道番組のニュースキャスターに挑戦。生放送でニュースを読むことができるのか?全貌は近日公開。

このあと、次週の実験内容を大発表!

キーワード
秋田

エンディング (その他)
23:26~

今日の放送を振り返った。マツコは「世の中の反応もまだ見てないし、手応えはない」と語った。お客さんに感想を聞くと、最初は違和感があったとのことで、マツコは「あばれる君も最初、ずっと『気持ち悪い』って言ってた件は会ったら問い詰める。あれはひどい」と語った。

マツコロイドに出張して欲しい方を大募集。詳しくはホームページまで。

マツコとマツコの次週予告。イケメンとマツコが禁断の実験に挑む。

キーワード
マツコとマツコ 番組ホームページ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月4日 放送
  3. 次回の放送