スッキリ!! 2017年1月20日放送回

放送日 2017年1月20日(金) 8:00~10:25
放送局 日本テレビ

番組概要

ニュース (ニュース)
08:00~

天下りのあっせんが理由のため、文部科学省のトップ・前川喜平事務次官がきょうにも辞任する意向を固めた。文科省の元幹部職員が早稲田大学に再就職した際、国家公務員法で禁止されている天下りのあっせんがあったという疑い。また1人でなく、文科省の人事課と複数の幹部が中心となった組織的なものの可能性があるという。事態発覚を受け、幹部ら7人を懲戒処分にする方針。疑いをうけたのは、高等教育局長の前局長。一昨年8月に文科省を退職し、2ヶ月後の10月に教授として再就職した。総合研究センター教授の他、高等教育政策や著作権制度の講義も行っている。天下りのあっせんは前局長の在任期間中だったとみられる。天下りのあっせんである国家公務員法では、在職中に就職活動や入試などは禁止している。

天下りのあっせんの対策には、あっせんを全面禁止することから2007年に国家公務員法が改正され、2008年に再就職等監視委員会が設置された。前局長のあっせん問題は、人事課と複数の幹部が中心に決め、在職中に再就職先が決まっていた疑いがあるからだという。天下りの先には、「できるだけパイプを作った方がいいだろう」という大学の思惑が働いたことから組織的に始まったとされる。

キーワード
文科省
前川喜平事務次官
松野文科相
早稲田大学
新宿区(東京)
千代田区(東京)
再就職等監視委員会
天下りあっせん問題
渡辺行政改革相
国家公務員法

ニュース (ニュース)
08:06~

文科省・前局長は早稲田大学に教授として再就職した場合、天下りあっせん問題があったとされる問題。組織的な背景には、助成金である又は学部の設置の認可・定員の増員など許認可権を持っているため、「できるだけパイプを作ったほうがいいだろう」という大学の思惑が働いたということと「天下り先を確保して置いたほうがいい」という両方の利害が一致したこと。

早稲田大学など私立大学は学校経営にあてるとして、文科省によればおよそ90億2180万円も助成金をもらっていている。2番目にもらっている。 学部の設置などにも文科省の認可が必要なため、大学側はパイプを作りたいという期待があるという。一方文科省は定年が60歳で再就職の確保したい考えがある。今回の事態を受け、早稲田大学は「再就職等監視委員会の調査結果が公表されていないため、コメントすることはできない」と発表した。政府は他の省庁についても天下りあっせんがないか調査する方針。

キーワード
監視委員会
文科省
早稲田大学
天下りあっせん問題
助成金

オープニング (その他)
08:08~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
08:08~

今月9日イギリス・ノース・ヨークシャー州で7歳の女の子が殺害される事件が発生した。ナイフで喉を切り裂かれたという手口のほかに、逮捕されたのが15歳の少女だったことも世間を驚かせた。現地の報道によると女の子は小学校から帰宅中に行方不明となり、小学校から650メートル離れた公園で血だらけの状態で見つかった。救急隊への通報と同じ頃に警察への通報もあり、携帯電話の位置情報で現場へ向かうと、犯人の少女を発見した。少女は凶器のカッターナイフを差し出したため、その場で逮捕となった。殺された女の子は作文が得意で明るい性格だったという。町の公園では数百人の人が風船を飛ばし、女の子の死を悼んだ。この時の思いを父親はFacebookに綴っていた。

米大統領就任式まで約17時間。日本時間のきょう午前7時頃、米・ワシントンではトランプ次期大統領がメラニア夫人を伴い、観衆に向け親指を立てた。その一方で、99の団体が反トランプのデモを行なうとしていて、ワシントン市内には厳戒態勢が敷かれている。さらに、就任式をボイコットする議員が続出。エルトン・ジョンやセリーヌ・ディオンら有名セレブも不参加を表明している。(インスタグラムからの写真)CNNの調査では、トランプ氏の就任前の支持率は40%と、調査開始以来40年で最も低い。片や、ホワイトハウスを去るオバマ大統領の支持率は今でも60%と、トランプ人気を上回っている。

トランプ氏の就任式に先立ちカントリー歌手のトビー・キースらによるコンサートが行われ、会場を盛り上げた。一方、2009年のオバマ大統領の就任コンサートでは、U2やブルース・スプリングスティーンなど世界的なビッグネームが演奏を繰り広げ、トム・ハンクスやタイガー・ウッズら豪華な面々もステージに立ち、オバマ大統領を祝福していた。(U2「City of Blinding Lights」の演奏風景)

イギリスでは加害者が17歳以下の場合は素性が公にならないため、7歳の女の子を殺害した少女はヨーク市に住む高校生ということ以外は明らかになっていない。事件の真相を知りたいと願う母親がFacebookで情報提供を呼びかけている。

文科省元幹部の天下りあっせん問題についてスタジオトーク。山本さんは「文科省と学校側との馴れ合いの中で決まっていることの中で、優秀な経歴なのになんで天下りしちゃうのか疑問でした」とコメントした。

今月9日イギリス・ノース・ヨークシャー州で7歳の女の子が殺害された事件に関するスタジオ解説。本上まなみさんは「気をつけようがない事件。家族のことを思うと胸が苦しくなるい。」とコメントした。阿部アナによると事件直前の午後3時30分ごろに楽しそうに遊ぶ姿が目撃されたとのこと。そして午後4時37分に15歳少女から自ら通報があったとのこと。また、遺体は首から胸にかけて刃物で引き裂かれていたとのこと。

天下りあっせん問題について説明。政府関係は、辞任の意向を示している前川喜平事務次官含め問題に関わった幹部ら7人を懲戒処分の方針。当時あっせんがあったとされる事務次官も給与の自首返納を求める方針だという。

今回、トランプ陣営はセリーヌ・ディオンやエルトン・ジョンといったミュ-ジシャンたちにオファーを断られたと言われている。(インスタグラムからの写真)代わって有名カントリー歌手を起用した理由について、海外セレブのニュースサイト「テックインサイト」を運営する村上あい編集長は、「(トランプ氏の勝利を)陰から支えた立役者というのはカントリーミュージックを愛する国民だった。彼らへの感謝の気持ちを込めてこの面子を揃えた」と指摘する。

天下りあっせんの違反ケースについて説明。天下り先の民間企業と役職が癒着をしてしまい、行政が特定の民間企業のために働くことになったら困る。あっせん者は組織的に本人が天下りをするため周りの人間がお膳立てをする。天下りをしたら、自分の順番との癒着もつづくことが問題。自分の職業と利害関係と就職の話の違法だという他に、個人的な利害が発生するため。そのためこのケースは国家公務員法の違法と禁じられている。菊地さんは「自分の定年が終わった後のキャリアは経済的に潤うのが閉ざされるのかシステムが残るのかは公務員にとっては大きな問題」と話した。加藤さんは「自分の首をしめることになるし、プラスにならない」とコメントした。

イギリス・ノース・ヨークシャー州で7歳の女の子が殺害された事件に関するスタジオ解説。菊地幸夫さんは「若い人がこのような事件を起こすことは、神戸や佐世保の事件を思い起こさせる。15歳の少女の心に何があったのか解明されるのかどうなのかが気がかり。」とコメントした。

米大統領就任式まで約17時間。日本時間のきょう午前7時頃、米・ワシントンではトランプ次期大統領がメラニア夫人を伴い、観衆に向け親指を立てた。その一方で、99の団体が反トランプのデモを行なうとしていて、ワシントン市内には厳戒態勢が敷かれている。さらに、就任式をボイコットする議員が続出。エルトン・ジョンやセリーヌ・ディオンら有名セレブも不参加を表明している。(インスタグラムからの写真)CNNの調査では、トランプ氏の就任前の支持率は40%と、調査開始以来40年で最も低い。片や、ホワイトハウスを去るオバマ大統領の支持率は今でも60%と、トランプ人気を上回っている。

キーワード
Facebook
殺人
ワシントンD.C.(アメリカ)
就任式
トランプ次期大統領
メラニア夫人
エルトン・ジョン
セリーヌ・ディオン
インスタグラム
CNN
オバマ大統領
ノースヨークシャー州(イギリス)
ヨーク市(イギリス)
トビー・キース
U2
文科省
早稲田大学
City of Blinding Lights
ブルース・スプリングスティーン
千代田区(東京)
トム・ハンクス
タイガー・ウッズ
天下りあっせん問題
前川喜平事務次官
山中伸一元事務次官
国家公務員法
テックインサイト
名古屋大学
Dr.コパ

ニュース (ニュース)
08:32~

米大統領就任式まで約17時間。日本時間のきょう午前7時頃、米・ワシントンではトランプ次期大統領がメラニア夫人を伴い、観衆に向け親指を立てた。その一方で、99の団体が反トランプのデモを行なうとしていて、ワシントン市内には厳戒態勢が敷かれている。さらに、就任式をボイコットする議員が続出。エルトン・ジョンやセリーヌ・ディオンら有名セレブも不参加を表明している。(インスタグラムからの写真)CNNの調査では、トランプ氏の就任前の支持率は40%と、調査開始以来40年で最も低い。片や、ホワイトハウスを去るオバマ大統領の支持率は今でも60%と、トランプ人気を上回っている。

キーワード
ワシントンD.C.(アメリカ)
就任式
トランプ次期大統領
メラニア夫人
オバマ大統領
  1. 前回の放送
  2. 1月20日 放送
  3. 次回の放送