ニノさん 大喜利プロアマ対決!街角の一般人が考えた大喜利を芸人は超えられるのか

『ニノさん』は、日本テレビで2013年から放送されているバラエティ番組。同年4月25日(24日深夜)から6月27日(26日深夜)まで毎週木曜日0:59 - 1:29(水曜日深夜)に1stシーズンが放送され、同年10月6日からは毎週日曜日12:45 - 13:15に2ndシーズンが放送されている。2013年10月7日23:59 - 翌0:54には全国ネット第1弾『ニノさんTHEプラチナイト』が放送され、2014年12月22日22:00 - 23:30には全国ネット第2弾『ニノさんSP!!全人類サミット』,2016年4月12日22:00 - 23:30には全国ネット第3弾『ニノさん大賞2016』、同年12月30日23:00 - 翌0:29には全国ネット第4弾『ニノさんSP 日本ZOUGEN研究所』が放送された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年12月17日(日) 12:45~13:15
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
12:45~

今週は先週に引き続き「街角大喜利 ニノを笑わせるのはプロアマどっち?」。街で見つけたくせのある一般人と、スタジオの芸人に大喜利の答えを競ってもらった。

スタジオのパネラー4人を「大喜利名人」と紹介した。番組のルールについて、街角の大喜利の回答と芸人の回答を競う、どちらが勝ったかは笑い声の大きさを測定して判定すると紹介した。塚地武雅は先週に引き続き参加、素人の答えはあなどれないと話した。

街角大喜利 ニノを笑わせるのはプロアマどっち? (バラエティ/情報)
12:46~

1つ目のお題は「ファーストキスはレモンの味。では101回目のキスの味は?」。街角の回答を探しに向かったのは巣鴨。1組目は、会社の同期という57歳の女性2人だった。結婚したのも32年前と同じだという。2人が出した答えは「義務の味」。観客の声を数値化した得点は「111笑(わらい)」だった。

2人目は、大阪・道頓堀からパンダの着ぐるみさん。「激辛ソフトクリーム」の挑戦者を集めているという。スタッフが店に案内され「恐怖の激辛デスソフトクリーム」を試食した。特製のオリジナル唐辛子ソースはハバネロの5倍の辛さ、今まで10人中2人が完食したそう。パンダさんが出した大喜利の答えは「加齢臭」。スタッフにうけなかったためか、心配して中の人が声を上げてしまった。客席の判定は130点。

続いては大阪・新世界の占い師「ペ・マチ」さん。本名は「まち子」さんで、ペは大好きなペ・ヨンジュンから取ったそう。大喜利の答えは、夫との思い出を長々と書いたあと「失神する味」だった。客席の判定は159点。

続いては縁側で愛犬とひなたぼっこ中の「本島良男」さん、77歳。大喜利の問題を見せると、101回の前に「死んじゃう」と答えた。ホワイトボードにあらためて答えを書いてもらうと、「しゃぶしゃぶはうまい」と書き込んだ。客席の判定は183点。

ふたたび巣鴨に戻り、髪の毛を剃り上げた男性に声をかけた。31歳のフリーターだそう。大喜利の答えは「ツバの味」だったが、味の漢字が間違っていた。

素人さんの回答を振り返った。ちなみに5人目のお父さんの点数は91点だった。最高得点はひげガール・京塚ぶうさんの96点。ちなみにもう1人は「益荒おの子」さんというそう。パネラー4人には制限時間3分が与えられ、街の人の最高得点を超えられたら勝ちと紹介した。

大喜利スタート。1発目は木本武宏の「恋愛至上主義」、記録は15点。塚地武雅は「レースクイーンが大好きなオレ」、87点。木本武宏が「レモンのレをローマ字で」、55点。塚地武雅は再び長文ネタで「レントゲンで肺に黒い影、でも良性」、50点。川島明は「連帯保証人になってくれ」、149点で勝利。箕輪はるかも長文で「レシートを見て値段が間違えていると追及」、131点でクリア。4人中2人が勝利となった。

続いてのお題は「阿佐ヶ谷姉妹の新しいコンビ名は?」。

お題「阿佐ヶ谷姉妹の新しいコンビ名」の答えを街の人に考えてもらった。1人目は巣鴨から80歳の女性。大喜利の答えは「おかっぱシスターズ」だった。客席の判定は70点。

渋谷から続いて、髪の毛をピンクで合わせた女の子3人組。「ガングロカフェ」に勤める「まーちりん」さん、「ぇりもっこり」さん、「ちる」さんの3人だった。小峠英二の写真を渡すと「ギャルのすっぴん」と答え、化粧したら映えそう、仲間うちでも化粧を落とすとこうなる子がいると答えた。客席の判定は161点。

続いて巣鴨へ。奥さん2人に小峠英二の写真を渡すと、顔は知っていると答えた。つけたあだ名は「じゃがいもジゴロ」。客席の判定は165点。

続いて新宿の「ひげガール」へ。Sexy Zone・中島健人の好きな「ベギラマU子」さん・69歳に聞いた。大喜利の答えは「箸休め」。テレビに出て適当なことを言ってそうと答えた。客席の判定は96点。

続いて赤羽へ。お題を「箕輪はるかの新しい芸名」に変え、焼き鳥屋の店主と客の2人組に聞いた。店が休みなので2人で飲みに来たという。大喜利の答えは「都電荒川」だった。

素人さんの回答を振り返った。ちなみに5人目の「都電荒川」は91点、最高得点はひげガール・ベギラマU子さんの96点だった。スタジオの4人の挑戦は、阿佐ヶ谷姉妹・箕輪はるかのどちらをお題に選んでもよいと紹介した。

大喜利スタート。1発目は川島明、阿佐ヶ谷姉妹に「モンスターペアレント1号2号」。記録は90点。木本武宏は阿佐ヶ谷姉妹に「おくりびととおくられびと」、72点。箕輪はるかは阿佐ヶ谷姉妹に「先細り組合」、53点。塚地武雅は阿佐ヶ谷姉妹に「荻窪家族」、31点。木本武宏は阿佐ヶ谷姉妹に「キャッチオブザ年金」、68点。塚地武雅は阿佐ヶ谷姉妹に「罪と罰」、62点。川島明は阿佐ヶ谷姉妹に「近眼老眼」、148点でクリア。箕輪はるかは阿佐ヶ谷姉妹に「生みの母育ての母」、84点。川島明は箕輪はるかに「老舗の手羽先」、82点。ここで時間切れ、今回のクリアは川島明1人となった。

続いてのお題は「動物の気持ちになってひとこと」。クマが二本足で立って右手を上げる写真が登場した。

大喜利の回答を街の人に聞いた。新小岩からは、奥さんが56歳、ご主人が37歳の年の差夫婦。どこで出会ったかは秘密だそう。大喜利の答えは、交番のように患者の数が病名ごとに張り出されている。客席の判定は51点。

2人目は赤羽から、会社員の「亀山透」さん、31歳。短パン姿、趣味はけん玉だそう。大喜利の答えは、看護師がジーパン。客席の判定は86点。

続いて大阪・アメリカ村からダンサー3人組。永原康貴さん・22歳、和佐裕夢さん・21歳、澤田澪奈さん・20歳。3人の考えた答えは、手術器具が全部食器。「メス」というと食事用ナイフが出て来ると答えた。客席の判定は54点。

続いて渋谷「よしもと∞ホール」の終演直後を取材した。銀シャリ・橋本直など、出番を終えた芸人が出待ちをする観客を抜けて帰っていく姿がみられた。番組では芸人のほうに突撃取材した。

今週の1つ目のお題は「おなじみのドレミの歌 歌ったら子どもがドン引きしてしまう新しいレは?」。

1つ目のお題は「おなじみのドレミの歌 歌ったら子どもがドン引きしてしまう新しいレは?」。街角の回答を探した。大阪・新世界からは虎柄の洋服を売る店の店員さん。ライオンの夫婦をTシャツの柄にしたつもりが2頭ともオスの絵で失敗したと答えた。大喜利の答えは「練炭」。観客の声を数値化した得点は「80笑(わらい)」だった。

2人目は東京・秋葉原から、パーカーの男性とマスクにキャップの男性の友人どうし。大喜利の答えは「レギオノイド」、キャップの男性が映画版ウルトラマンの登場人物だと答えた。もう1人は聞いてもわからなかったという。客席の判定は63点。

続いては商店街から、元歌手だったという80歳の女性。大喜利の答えを聞くと「レンゲの花」と答えたが、元の歌の歌詞とメロディを素で間違えているようだった。客席の判定は70点。

続いては新宿「オカマbar ひげガール」にて。「京塚ぶう」さん・28歳、もう1人は46歳。大喜利の答えを聞くと「劣化」と答えて、加齢の悩みを打ち明けた。客席の判定は96点。

続いて錦糸町の商店街から、競馬の予想をするお父さん・58歳。犬のふんを踏んできたからきょうは「運」がついていると答え、靴の裏を見せてくれた。大喜利の答えは「レイデオロ」、翌日のジャパンカップに出走する馬の名前だった。ちなみにその後のレース結果は2着だったそう。

巣鴨から続いて、84歳の女性とお友達の奥さん。大喜利の答えは「ダブル歌」だった。客席の判定は69点。

続いて新小岩から、道端で酒を飲んでいた49歳男性。パチンコで負けてきたところだという。大喜利の答えは「田吾作娘」。客席の判定は91点。

大喜利の回答を街の人に聞いた。東京スカイツリーからはカップルの男女、2人とも20歳。デート中といい、カメラの前でも手をつないでいた。大喜利の答えは「ちょっと脱毛してきました」。クマの写真のわきのあたりだけ毛が薄かったと答えた。客席の判定は72点。

続いて巣鴨からは70歳男性。職業はお坊さんだといい、帽子をとるとスキンヘッドだった。大喜利の答えは「スキーを滑ろう、受験は滑るな」。客席の判定は72点。

続いて高円寺。飲食店の前にいる髪の赤い女性に声をかけた。

キーワード
巣鴨(東京)
道頓堀(大阪)
恐怖の激辛デスソフトクリーム
新世界(大阪)
渋谷(東京)
ガングロカフェ
ひげガール
新小岩(東京)
アメリカ村
よしもと∞ホール
橋本直
オカマbar ひげガール
レイデオロ
ジャパンカップ
阿佐ヶ谷姉妹
東京スカイツリー

街角大喜利 ニノを笑わせるのはプロアマどっち? (バラエティ/情報)
13:05~

大喜利の回答を街の人に聞いた。高円寺からは、飲食店の前にいる髪の赤い女性。髪には鈴や葉っぱの飾りがついており、手作りだという。店は「グルメハウス薔薇(ローズ)亭」、1973年創業。奥さんは店主だといい、店の中では製作途中の服を見せてくれた。大喜利の答えはのちほど。

キーワード
グルメハウス薔薇亭

街角大喜利 ニノを笑わせるのはプロアマどっち? (バラエティ/情報)
13:08~

大喜利の回答を街の人に聞いた。高円寺からは「グルメハウス薔薇(ローズ)亭」店主の女性。大喜利の答えを聞くと、右手をあげたまま「オー・シャンゼリゼ」を歌い始めた。勢いで髪の赤いかつらが取れてしまった。

素人さんの回答を振り返った。最高点は高円寺のおかみさん、得点は164点だった。

大喜利スタート。1発目は箕輪はるか、「本田、パス!パス!」とサッカー選手になりきった。得点は113点。木本武宏は「寒すぎて手が固まった」、56点。塚地武雅は「ピッチングフォームはこう」、42点。箕輪はるかは「動物ふれあいツアーはこちら」、102点。続いて川島明が当てられた。

キーワード
グルメハウス薔薇亭

街角大喜利 ニノを笑わせるのはプロアマどっち? (バラエティ/情報)
13:12~

大喜利で街の人の得点超えに挑戦。川島明は「すいません、ビンゴです」、105点。ここで時間切れ、全員挑戦失敗となった。

2勝した川島明に、最後にもう1問大喜利に答えてもらうと無茶ぶりした。お題は「こんな嵐は嫌だ」。考えた答えは「1台の自転車で移動している」だった。

エンディング (その他)
13:13~

ニノさんの次回予告。次回のタイトルは「論クラーベ」。

  1. 前回の放送
  2. 12月17日 放送
  3. 次回の放送