ZERO×選挙 NNN衆院選特別番組「ZERO×選挙2014」第1部

『zero選挙』(ゼロせんきょ)は、日本テレビ(NNN系列)で、2007年(平成19年)7月29日の第21回参議院議員通常選挙から生放送されている選挙特別番組である。平日夜の報道番組『news zero』を基幹番組とし、平日夕方の報道番組『news every.』からもキャスター陣が出演する。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年12月14日(日) 19:58~23:30
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
19:58~

オープニング映像

今日は安倍首相に直撃などのトピックを伝える。

ZERO×選挙2014 (ニュース)
19:59~

自民公明の与党が持っていた324の議席にどこまで迫れるかが鍵となる。NNNの全国40万人規模の出口調査の結果によると自民党の予想獲得議席は294議席。自民公明両党で327議席となり圧勝の予想。民主党は73議席で伸び悩みの予想。維新の党は39議席の予想。次世代の党は3,共産党は19,生活の党は3,社民党は2,残りの党は10議席の予想。橋本五郎は「今まで圧勝した後は必ず自民党の中で内部対立が起きたりしていた。なのでそうとう気を引き締めてやる必要がある」と話した。次世代の党、比例投票ブロックの石原慎太郎は落選確実。

うちわ問題の松島みどり候補は記者から「今回はうちわを作らないのか」という質問が相次いだ。お詫び行脚となってしまった選挙戦だが、松島みどりが当確となった。

石原宏高候補は独り立ちして望んだ選挙戦で犬の糞を踏むなどした。民主の松原仁と自民の石原宏高の激戦となっている。

新党大地の鈴木宗男代表を支えてきた娘の鈴木貴子候補。松山千春さんが鈴木貴子候補の応援で「大空と大地の中で」を歌った。鈴木貴子は比例で当確したが選挙戦での争いは続いている。自民の伊東良孝がほぼ横一線で2番手で追いかけている。

最新の当落情報を伝える。期日前投票を含んだ全国の投票率は午後6時時点で47.60%となり前回と同じ時刻より低くなっている。自民党の小泉進次郎候補は20万票に達する勢いで当選確定した。共産党以外候補者も立てなかった。小泉進次郎氏を同い年の櫻井キャスターが取材した。対談は8時40分頃から。

加藤鮎子候補の応援に駆けつけた小泉進次郎候補。かつて盟友と呼ばれた、加藤紘一元自民党幹事長と小泉純一郎元首相という父を持つ二人。選挙戦のお辞儀は直角。山形3区では加藤鮎子候補が2番手で、トップは無所属の阿部寿一。

自民から出馬した元ミス日本の金子恵美候補。名刺には手書きで一言添えた。一方リベンジを誓う民主の菊田真紀子は駆けつけた祭り会場でまさかのニアミス。火花を散らす二人に会話はない。新潟4区では激戦となっている。自民の金子恵美がわずかにリード。

自民党の佐藤ゆかり候補は2005年は「岐阜が私のふるさとになりました」と演説。2009年には東京から出馬。そして今回は大阪。これに対し民主党の平野博文候補はちゃんぽんで地元愛をアピール。大阪11区は佐藤ゆかりがリードをして、平野博文が追いかけるという展開。

挫折を経験した田中美絵子候補は地元に戻って当選を目指す。迎え撃つのは元プロレスラーの馳浩候補。なぜか職業体験を繰り返していた。自民の馳浩がリードする展開。田中美絵子候補は2番手。

自民の小渕優子候補は地元でのお詫び行脚では温かい声援に涙を見せた。さらに頂いた寄せ書きにキス。小渕優子は当選確実となった。

支援者に囲まれ、妻伸子さんと夫婦で餅つきをしていた菅直人候補は選挙戦で街頭で耳を傾ける人が見当たらなかった。菅直人候補と議席を争う土屋正忠候補は「相手にしていない」と話した。土屋正忠はリードしているが当選確実のバラはついていない。

生活の党の小沢一郎候補は30年ぶりに地元での本格的な選挙活動を行った。3日間で33箇所の街頭演説をこなした。氷点下の寒さの中、コートもはおらずスーツで演説した。小沢一郎候補は「今回の選挙戦、非常に厳しい選挙でございます」と演説した。小沢一郎は当選確実のバラがついた。

民主党代表の海江田候補は他候補応援のスケジュールがびっしり。自らの選挙に専念できるのは朝のわずかな時間だけ。厳しい状況に未練が残る。東京1区では自民の山田美樹がリードしていた。海江田候補は勝たなければならないが、自民党は重点区にしていて厳しい戦いが続いている。

民主党の枝野幸男候補は選挙で大苦戦。安倍晋三首相などの自民党の大物が入れ替わり立ち代わり続々と選挙区へ入っていた。埼玉5区では自民の牧原秀樹がトップを走っていて、枝野幸男は2番手。

亀井静香候補は無所属での出馬で苦戦も伝えられるが、支援者にはいつもの歌でサービス。亀井静香候補には当選確実のバラがついた。

おはらいを受けていたのは金銭疑惑などで大逆風の渡辺喜美候補。10数年ぶりに地元に貼りつき崖っぷちのドブ板選挙。まゆみ夫人と二人三脚で選挙活動を行った。渡辺喜美は梁和生を追いかける展開となっている。

民主党の元総務大臣の原口一博候補は骨折に院内感染で今も入院中。長男の原口大が代役を務めた。佐賀1区は岩田和親と原口一博候補が一騎打ちの戦いを見せている。

政治とカネの問題で追求された望月義夫候補は大勢の警備で大臣に近づくことができなかった。静岡4区では望月義夫に当確のバラがついた。

栃木2区では西川公也と福田昭夫が接戦している。

自民の江渡聡徳候補はエトマンが地元でのニックネーム。しかし維新の党の足立康史衆院議員に政治とカネの問題を追求された。自民の江渡聡徳は圧勝で当選確実となった。

当選確実となった小泉進次郎候補のバンザイの映像。

奈良1区では馬淵澄夫と小林茂樹が僅差の争いを続けている。熊本1区では木原稔がリードをしていて、維新の松野頼久が2番手につけている。

このあとも注目候補の当落を伝える。自民の小渕優子候補などのバンザイの映像。

キーワード
松島みどり候補
石原慎太郎
石原宏高
谷垣幹事長
松原仁
民主
鈴木宗男代表
松山千春さん
新党大地
次世代の党
共産党
社民党
民主党
生活の党
維新の党
小泉進次郎候補
小泉純一郎元首相
加藤紘一元自民党幹事長
金子恵美
菊田真紀子
佐藤ゆかり候補
平野博文候補
田中美絵子候補
馳浩候補
小渕優子候補
菅直人候補
伸子さん
土屋正忠候補
反原発
小沢一郎
生活
海江田万里候補
枝野幸男候補
安倍晋三首相
菅義偉官房長官
谷垣禎一自民党幹事長
亀井静香
渡辺喜美候補
大空と大地の中で
鈴木貴子候補
原口一博候補
伊東良孝
望月義夫
西川公也
加藤鮎子候補
江渡聡徳
足立康史衆院議員
維新
阿部寿一
山田美樹
牧原秀樹
まゆみ夫人
梁和生
岩田和親
馬淵澄夫
小林茂樹
木原稔
松野頼久
福田昭夫
野田聖子候補

ZERO×選挙2014 (ニュース)
20:27~

小山慶一郎が東京・千代田区の自民党本部から中継。自民党本部の雰囲気は余裕が有るような感じだったが、激戦区でせっている状況もあり、緊張感を持って臨みたいとしている。安倍総理は淡々とした表情でまっすぐエレベーターに向かった。

当選確実が出た自民党の小渕優子候補のバンザイの様子の映像。小渕優子候補は感謝の気持ちを述べた。

たった今、自民公明の獲得議席が過半数に達した。

選挙区で抜群の知名度を誇る下村博文候補が焦っていた。そのわけは無所属のおなじみ名字の下村芽生候補が新しく立候補したこと。しかし東京11区では下村博文候補が当選確実となった。

東京12区から出馬したのは元航空幕僚長の田母神俊雄候補。迎え撃つのは公明党の太田昭宏候補、山口那津男代表。太田昭宏に当選確実のバラがついた。

東京7区では民主党の長妻昭がリードしている。東京8区では石原伸晃に当確のバラがついた。東京10区では小池百合子に当選確実のバラがついた。埼玉9区では自民の大塚拓に当選確実のバラがついた。群馬1区では自民の佐田玄一郎に当選確実のバラが付いた。茨城4区では梶山弘志に当選確実のバラがついた。千葉4区では野田佳彦に当選確実のバラがついた。神奈川8区では維新の江田憲司に当選確実のバラが付いた。神奈川16区では自民の後藤祐一がリードしている。神奈川2区では自民の官房長官の菅義偉が圧勝し当選確実。神奈川15区では河野太郎が当選確定。神奈川9区は民主の笠浩史がリードしている。東京21区では民主の長島昭久と自民の小田原潔が一騎打ちとなっている。千葉12区では自民党の浜田靖一に当選確実のバラがついた。神奈川13区では甘利明が当選確実となった。

当選確実となった亀井静香候補のバンザイの様子の映像。

このあとは、初実現!進次郎氏✕櫻井翔。

キーワード
安倍総理
小渕優子候補
下村博文
田母神俊雄
山口那津男代表
太田昭宏
次世代
創価学会
石原伸晃
小池百合子
大塚拓
丸川珠代
佐田玄一郎
梶山弘志
野田佳彦
江田憲司
菅義偉
河野太郎
浜田靖一
甘利明
民主
維新
亀井静香
下村芽生
長妻昭
後藤祐一
笠浩史
長島昭久
小田原潔

ZERO×選挙2014 (ニュース)
20:38~

東京・千代田区の自民党本部から中継。自民党は熱気がすごく、気温が26.5度となっていて、冷房をつけている。壇上では谷垣幹事長がインタビューを受けている。ボードに書かれた候補者の名前のリストでは当選確実となった人にバラをつけるという。自民党ではバラを全員分用意している。幸村副総裁が記者団の取材に対し、「この道を続けなさいという国民のお墨付きをもらえた、一方で公約通り景気回復の実感を届けられるのかこれからが勝負」と話していたという。このあとは民主党本部に移動して伝える。

キーワード
谷垣幹事長
高村副総裁
アベノミクス
自民党本部

特集 (ニュース)
20:41~

櫻井翔は東京駅で小泉進次郎氏と待ち合わせをしていた。この日だけで4つの県を回ってきたという。小泉進次郎候補は「同い年だけど全然若さが違うね」と話した。進次郎氏は何を心がけながらやっているかと聞かれ、「自分はどういう将来を描いていこうを思っているのか、何が今の課題だと思っているのか。それを懐深く話していくべきではないかとという考え。」と話した。

新潟・村上市などを遊説する小泉進次郎の映像。行く先々はどこも時ならぬ大群衆でうめつくされていた。小泉氏は応援要請を受けて27都道府県64カ所で遊説した。移動は常に分刻み。自民党の顔としての役割を小泉氏は果たしていた。

日本各地で遊説をされて見えてきたものはあるかと聞かれ、「盛り上がりがない。前回前々回の政権交代が続いた選挙とは違って聴衆が冷静。なぜ解散が今なのかという空気はあると思う。」と話した。公示前日の朝、小泉氏は神奈川県の三崎口駅でビラ配りをしていた。なぜ今との声もくすぶった今回の解散総選挙は小泉氏にとっても悩み続けった総選挙だった。(新潟駅前の映像)。熊本市の演説では「若い人たちは10人いたら3人しか投票に行かないが、その責任は私達政治家にある。今このままいけば投票率が下がるかもしれないという危機感を持っています」と話した。小泉氏は「投票率をどうやってあげたらいいかという色々なアイディアがあるが、最後は奇をてらったマジックは無いと思う。本当に地味かもしれないが、つねに政治とか民主主義というのは参加することに意義がある。それを正面から説いて訴え続けて繰り返していくこと。」と話した。

キーワード
小泉進次郎
村上市(新潟)
熊本市(熊本)

特集 (ニュース)
20:51~

小泉氏は「日本に対してどんなビジョンを描いているか」と聞かれ、「僕自身政治の世界ではまだ5年だから、ひよっこ。でも10年20年先を考えたら、今まで先送りし続けてきた課題が同時多発的に向き合わざるを得ない世代だと思っている。それを考えているとオリンピックとかで浮かれる気持ちになれない。むしろその後に来る壮大な国づくりに対する緊張感、それを今からしっかりと考えていかないと行けない。僕らの世代はバブルの世代のことを言われても分からない。課題をどうやったら解決できるのかという方向性を持っている世代だと思う。」と話した。また、「若い世代で何か一つ乗り越えられる手応えを感じているか」と聞かれ、「感じますね」と答えた。

このあとは「生中継 小泉進次郎氏に聞く」

ZERO×選挙2014 (ニュース)
20:57~

神奈川11区で当選を確実にした小泉進次郎氏の選挙事務所を中継で結び、今回の選挙戦を振り返ってもらった。今回の結果を受けて、圧勝した自民党は言い訳の出来ない最大の責任感と緊張感で臨む必要があるとし、今回の低投票率の理由や被災地の声などについて語った。

ネットで話題!あの候補者が…

ZERO×選挙2014 (ニュース)
21:05~

維新・橋下代表の記者会見の様子を紹介。橋下代表は、維新に対する信任に加えて党の代表である僕への信任がなかったと不振の理由を語った。

キーワード
橋下代表
維新

HOT WORD RANKING (ニュース)
21:06~

HOT WORD RANKING15位は“ご注意”。北海道に候補者を擁立した支持政党なしは、何を決めるにもインターネットで有権者の多数決を取るべきだと訴える。ネット上では支持なしと書くと支持政党なしに票が入ると注意を呼びかけるツイートが広まった。

HOT WORD RANKING14位は“電話代金”、13位は“特定機密指定”。

HOT WORD RANKING12位は“女子スタッフ”で、元航空幕僚長の次世代・田母神俊雄候補の女子スタッフを紹介した。

HOT WORD RANKING11位は“外食チェーン”で、各政党をジャンルの違う飲食店に例えた皮肉交じりのつぶやきが話題となった。自民は「そこまで旨くないけど何度も行ってる外食チェーン」、民主は「一度行って超マズかった定食屋」、維新は「ラーメン屋が出来ては潰れるテナントに今度新しく入ったラーメン屋」、共産は「健康志向って書いてるけどどうみても口に合わないのが分かる激辛専門店」。

Twitterで選挙に関するワードを抽出し、上昇率でランキング化したHOT WORD RANKINGを紹介。(データ提供:日立システムズ、ホットリンク)

選挙ワードで急上昇した選挙に関する言葉について、スタジオの出演者らが感想を語った。

まさか苦戦?あの著名候補。

キーワード
田母神俊雄
次世代
民主
維新
共産
HOT WORD RANKING
日立システムズ
Twitter
支持政党なし
佐野秀光候補

ZERO×選挙2014 (ニュース)
21:13~

田中真紀子氏の落選から2年、新潟5区の開票予測を紹介。自民・長島忠美候補が当選確実で、生活・森裕子候補は比例での復活を狙う。

民主vs維新の因縁対決となった大阪10区の開票予測を紹介した。

神奈川4区の開票予測を紹介。「みんな」元代表の浅尾慶一郎候補が当選確実となり、選挙事務所で支持者に挨拶する様子を紹介した。

最新の開票予測を紹介。福井1区は自民。稲田朋美が当選確実、岐阜1区は自民・野田聖子候補が当選確実、静岡1区は自民。上川陽子候補が当選確実とした。

民主党本部にやって来た小山慶一郎キャスターが現在の様子を紹介し、民主党を担当している中村圭吾記者が海江田代表の様子や複数の幹部のコメントなどを紹介した。

キーワード
田中真紀子
森裕子候補
長島忠美候補
生活
辻元清美候補
松浪健太
民主
維新
浅尾慶一郎
みんな
稲田朋美
野田聖子
上川陽子
海江田代表
民主党

ZERO×選挙2014 (ニュース)
21:23~

民主党本部と中継を結び、選挙区でピンチの枝野氏が今回の選挙戦を振り返った。さらに、自民党本部と中継を結んで谷垣禎一幹事長が、今回の選挙戦略について語った。

キーワード
枝野幸男
民主

特集 (ニュース)
21:28~

群馬5区から立候補した小渕優子候補の選挙戦を密着取材。小渕陣営は出陣式で記者の質問をシャットアウトさせ、政治とカネの問題で取材に対する警戒感は高まったという。前回は合計で7時間の地元入りとなったが、今回はおわびと説明に地元を回った。有権者には候補が現れる時間と車が通る順路が書かれた資料が配られ、有権者は小渕候補を励ます色紙を書いていた。

政治とカネの問題を指摘されながら選挙は圧勝だった小渕優子候補について、スタジオの橋本五郎は外から批判されれば支援者は結束して大量得票するという逆の力が作用し、再出発するからには問題を明らかにする必要があると話した。

キーワード
小渕優子候補

ZERO×選挙2014 (ニュース)
21:35~

最新の開票予測を紹介。大阪12区は自民・北川知克候補が当選確実、神奈川10区は自民・田中和徳候補が当選確実、秋田1区は自民・冨樫博之候補が当選確実、東京5区は自民・若宮健嗣候補が当選確実、滋賀1区は自民・大岡敏孝候補がリードする展開、静岡5区は民主・細野豪志候補が当選確実、岡山3区は次世代・平沼赳夫候補が当選確実で自民・阿部俊子候補は比例での当選が確実、宮城2区は自民・秋葉賢也候補が当選確実とした。

あの注目候補がまさか…

キーワード
北川知克
田中和徳
冨樫博之
若宮健嗣
大岡敏孝
細野豪志
平沼赳夫
阿部俊子
秋葉賢也
民主
次世代

ZERO×選挙2014 (ニュース)
21:40~

スタジオでここまでの選挙結果について話し、まもなく安倍晋三首相による当選者のバラ付けが行われることになり、安倍首相の現在の表情について話した。

比例・東京ブロックの石原慎太郎候補は次世代の党の比例名簿は最下位とし、引退覚悟の選挙戦で落選が確実となった。

千葉8区の維新・太田和美候補の選挙戦を紹介し、ころころと政党を乗り換えると批判がある中で予測では2番手と追いかける展開となっている。

2年前はたどたどしかった橋下ベイビーズの維新・上西小百合候補の選挙は貫禄の選挙戦で、対する渡嘉敷奈緒美候補には石破茂地方創生担当相が応援に入る。全員が女性候補だという大阪7区の開票予測を紹介し、渡嘉敷奈緒美候補が当選確実。

解散から3日後、愛知14区から出馬した自民・今枝宗一郎候補は結婚式を挙げた。前回の選挙公約で嫁さんをもらうことを地元から求められ、ギリギリで公約を達成。愛知14区の開票予測を紹介し、今枝宗一郎候補が当選確実。

茨城7区から立候補した無所属の中村喜四郎候補の選挙戦を振り返り、茨城7区の開票予測を紹介。中村喜四郎候補がリードする展開となっている。

各選挙区の開票速報を紹介。三重3区では民主・岡田克也が当選確実、京都2区では民主・前原誠司候補が当選確実、宮城5区は民主・安住淳が当選確実、福島3区は民主・玄葉光一郎候補が当選確実とした。栃木3区、東京1区、埼玉5区、東京18区の開票予測を紹介し、神奈川18区では自民・山際大志郎候補が当選確実とした。

東京1区で海江田万里候補が小選挙区で落選し、比例での復活待ちとなってしまった。

驚き連続の最新“当落”。

キーワード
安倍首相
石原慎太郎
次世代
太田和美
維新
上西小百合
橋下徹共同代表
石破茂地方創生担当相
渡嘉敷奈緒美候補
今枝宗一郎
中村喜四郎
岡田克也
前原誠司
安住淳
玄葉光一郎
民主
山際大志郎
海江田万里

HOT WORD RANKING (ニュース)
22:02~

HOT WORD RANKINGの10位は「躍進の気配」。9位は「公務員ボーナス」。

HOT WORD RANKINGの圏外は「◯◯ノミクス」。自民 安倍晋三のアベノミクスに対抗して、維新の橋下徹共同代表が「イシンノミクス」。改革の荒井広幸は「家庭ノミクス」。維新の江田憲司共同代表は「エダノミクス」。山田宏幹事長は「次世代ミクス」。渡辺喜美候補は「ナベノミクス」とそれぞれが発言した。

HOT WORD RANKINGの圏外は「子どもを産まない」。自民の麻生太郎副総理の発言に対し、甘利明経済再生担当相は、麻生太郎副総理は時々「てにをは」の使い方を間違ってしまう時があるとフォローした。

キーワード
HOT WORD RANKING
自民
アベノミクス
橋下徹共同代表
荒井広幸
江田憲司共同代表
山田宏幹事長
渡辺喜美候補
維新
改革
麻生太郎副総理
甘利明経済再生担当相
  1. 前回の放送
  2. 12月14日 放送
  3. 次回の放送