全日本体操競技選手権 体操全日本種目別選手権 男子 世界選手権代表選考会

放送日 2014年7月6日(日) 16:00~17:20
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
16:00~

田中理恵が挨拶。体操世界選手権の男子日本代表枠6のうち、内村・加藤・野々村を除いた残りの3枠を決める戦いを中継で伝える。決定のカギを握るのは派遣標準得点と呼ばれるもので、白井健三・亀山耕平が代表を目指す。

キーワード
内村航平
加藤凌平
野々村笙吾
体操世界選手権
白井健三
亀山耕平

オープニング (その他)
16:03~

新谷保志と鹿島丈博が挨拶。鹿島丈博は、日本チャンピオンを決める大会なので緊張をすると思うが、それだけハイレベルになるので楽しみだと話した。

オープニング映像。

第68回全日本体操種目別選手権 決勝(中継1) (スポーツ)
16:05~

体操全日本種目別選手権 日本代表決定戦・ゆかの中継。

白井健三を紹介。昨年の世界選手権で自らの名前のついた新技「シライ」を披露し、内村航平を抑え世界一に輝いた。今回白井はゆか演技で派遣標準得点である16点超えを目指すが、彼はこの特典に満足せず、もっと上を狙って行きたいと話している。

このあと、白井健三のゆか演技を披露。

キーワード
内村航平
体操世界選手権

第68回全日本体操種目別選手権 決勝(中継2) (スポーツ)
16:16~

体操全日本種目別選手権 日本代表決定戦・ゆかの中継。白井健三が16.100で優勝し、世界選手権出場が濃厚となった。

第68回全日本体操種目別選手権 決勝(中継3) (スポーツ)
16:23~

体操全日本種目別選手権 日本代表決定戦・あん馬の中継。

長年、日本体操陣のウィークポイントと見られてきたあん馬。しかし、昨年の世界選手権で亀山耕平選手が種目別で金メダルを獲得。亀山選手は去年を振り返り、大きな舞台で戦うという日の丸を背負う責任を感じた試合だったと話した。亀山選手は、五輪で金メダルを取ることを目標にしているので、まずは日本チャンピオンになって派遣標準得点を超えて気持ちよく世界選手権にでたいと話した。

体操全日本種目別選手権 日本代表決定戦・あん馬の中継。あん馬は亀山耕平が15.900という派遣標準記録を突破して優勝した。

このあと、つり輪のスペシャリスト、山室光史登場。

キーワード
体操世界選手権

第68回全日本体操種目別選手権 決勝(中継4) (スポーツ)
16:33~

長年、日本体操陣のウィークポイントと見られてきたあん馬。しかし、昨年の世界選手権で亀山耕平選手が種目別で金メダルを獲得。亀山選手は去年を振り返り、大きな舞台で戦うという日の丸を背負う責任を感じた試合だったと話した。亀山選手は、五輪で金メダルを取ることを目標にしているので、まずは日本チャンピオンになって派遣標準得点を超えて気持ちよく世界選手権にでたいと話した。

ロンドン五輪代表選手である山室光史は、跳馬の演技中に骨折し、会場を去っていった。山室はロンドン五輪の悔しさはリオ五輪でしか返せないと考えており、今大会に向け、しっかり代表を目指して頑張りたいと話した。

体操全日本種目別選手権 日本代表決定戦・つり輪の中継。つり輪は山室光史が15.300で優勝したが、派遣標準記録を突破できなかった。

すでに代表内定が決まっている内村航平選手にインタビュー。世界選手権に向けた意気込みを語った。

キーワード
体操世界選手権
ロンドン五輪

第68回全日本体操種目別選手権 決勝(中継5) (スポーツ)
16:41~

体操会の名門である徳洲会体操クラブのエース・斎藤優佑を紹介。同級生には内村航平がおり、いつも彼の前には内村がいた。甘えを断つために名門である徳洲会体操クラブに入団し、今大会で生まれ変わった自分を見せたいと話した。

体操全日本種目別選手権 日本代表決定戦・跳馬の中継。跳馬は小倉佳祐が15.325で優勝した。

キーワード
徳洲会体操クラブ

第68回全日本体操種目別選手権 決勝(中継6) (スポーツ)
16:53~

体操全日本種目別選手権 日本代表決定戦・平行棒の中継。

第68回全日本体操種目別選手権 決勝(中継7) (スポーツ)
17:00~

世界選手権の代表を目指すため、田中佑典は得意の平行棒で棒下マクーツという仮称をつけた新技に挑戦する。世界大会で成功すれば、彼の名前が技になる可能性もあるという。

体操全日本種目別選手権 日本代表決定戦・平行棒の中継。

このあと、最終種目「鉄棒」

第68回全日本体操種目別選手権 決勝(中継8) (スポーツ)
17:06~

体操全日本種目別選手権 日本代表決定戦・鉄棒の中継。

鉄棒のスペシャリスト・植松鉱治は、去年の全日本種目別選手権で3種類の離れ技を使って派遣標準記録を目指そうとしたが、直前で回避した。今回は鉄棒1種目で派遣標準記録突破を目指す。

体操全日本種目別選手権 日本代表決定戦・鉄棒の中継。鉄棒は田中佑典が15.750で優勝した。

第68回全日本体操種目別選手権表彰式の模様を中継。すでに内定している内村航平・野々村笙吾・加藤凌平に加え、 白井健三・亀山耕平・田中佑典が世界選手権の代表に決まった。

キーワード
内村航平
野々村笙吾
加藤凌平
白井健三
亀山耕平
田中佑典
体操世界選手権

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月6日 放送
  3. 次回の放送