館長庵野秀明 特撮博物館の魅力 (2)

放送日 2012年10月5日(金) 3:50~ 4:00
放送局 日本テレビ

番組概要

館長庵野秀明 特撮博物館の魅力 (バラエティ/情報)
03:50~

特撮博物館館長館長庵野秀明と平成ガメラシリーズ特技監督樋口真嗣が監督した特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」の裏側を今回は特別に公開する。題して『「巨神兵東京に現わる」ミニチュア特撮5つのスゴイ!』「エヴァンゲリオン新劇場版破」が流れた。

「館長庵野秀明特撮博物館」東京都現代美術館で10月8日まで開催中。

その1:ミニチュアセットがスゴイ。美術監督の三池敏夫は「ディティルは細かく、手前も奥も。なるべくリアルに細かく再現する」と話した。

「館長庵野秀明特撮博物館」東京都現代美術館で10月8日まで開催中。

その2:巨大街セットがスゴイ。駐車場に約200軒のミニチュアを設置した。庵野秀明は「こんなに広いミニチュアセット、最初で最後じゃない」と話した。

その3:爆破がスゴイ。風を送るエアキャノンを設置して発火装置で「三味線」を利用して爆破させる。職人たちのアイデアで見事な特撮が表現された。

その3:ビル壊しがスゴイ。従来は石膏の板をビルの形に作って切り込みを入れて壊していたが、現代のビルの崩壊を表現するため、ガラスでビルを表現した。

その5:炎がスゴイ。爆風で飛ばされたカメラの視点を表現するため、フレームの外にいてガラを投げるという意外にもアナログな方法で作成された。

「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」の宣伝。

キーワード
樋口真嗣
庵野秀明
ガメラ
エヴァンゲリヲン新劇場版破
特撮博物館
館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技
  1. 前回の放送
  2. 10月5日 放送