月曜から夜ふかし 2015年2月16日放送回

『月曜から夜ふかし』(げつようからよふかし)は、日本テレビ系列で2012年4月9日から月曜日の『プラチナイト』枠で放送されているトークバラエティ番組である。タイトルロゴ上の番組名は『Monday Lateshow 月曜から夜ふかし』。当初は23:58 - 翌0:53に放送されていたが、2013年9月30日から放送時間を1分遅らせ、23:59 - 翌0:54に変更した。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年2月16日(月) 23:59~ 0:54
放送局 日本テレビ

番組概要

このあと (その他)
00:00~

このあとは、月曜から夜ふかし。

オープニング (その他)
00:02~

「Twitter やっている派 vs やっていない派戦争」など番組内容のラインナップ。

キーワード
Twitter

オープニング (その他)
00:05~

オープニング映像。

月曜から夜ふかし (バラエティ/情報)
00:06~

村上とマツコは「今年も12分の1が終わってしまった」とトーク

今夜のカードの紹介。「いよいよ北陸新幹線が開業する件」、「日本人を多数派と少数派に分類してみる件」など。

いよいよ北陸新幹線が開業する件について調査。終着駅のある石川県では、経済効果は年間124億円だという。金沢駅周辺では建設ラッシュが相次いでいる。そこで、新幹線開業によるお祭り騒ぎではなく、闇の部分を調査してみることにした。

北陸新幹線が開業による闇その1は、「来る人より出て行く人の方が多くなるかも問題」。進学などで東京へ行く人が多くなるとみられている。北陸新幹線が開業による闇その2は、「新潟すっとばされて激怒問題」。北陸新幹線最速の「かがやき」に素通りされることが決定した新潟県は激怒。新潟県民も怒っている様子だった。そこには、以前から対立している「新潟vs金沢 日本海側No.1はどっちだ問題」だと思われる。石川県民は新潟を下にみているが、ここでぎゃふんと言わせるデータを見せていく。人口や、観光客、スタバの店舗数全て新潟が上だった。

その他にも 福井 vs 富山「北陸の最下位はどっちだ問題」もある。最下位争いが新幹線が富山に止まることで、さらにヒートアップしている。「福井には洋服を買うところがない」や、「五木ひろしの出身地」、「柴田理恵の出身地」などお互い決着がつかない状態が続いている。

北陸新幹線が開業による闇最後の問題は「小京都問題」。これまで金沢は小京都と名乗り生きながらえてきたが、北陸新幹線の開業が視野に入った2009年に小京都を脱退している。そのことを京都府民に伝えると「小さい事で浮かれてる」「天秤にかけるほどではない」などの意見が見られた。実は、この小京都とは、全国京都会議に加盟すると名乗ることができ、全国で49箇所ある。埼玉・嵐山では住民も知らない様子だった。

マツコは「金沢の人って、京都の人みたいないけ好かない所がある。金沢と新潟じゃ勝負にならない。新潟の方が大都会」と話した。また、マツコは「サラリーマンや、私達も泊まらないで日帰りさせられる。そのお金が地元に落ちなくなる。早くなればいいってもんじゃない」と話した。

今回は、あまり日の当たらない匠の技を調査してみた。バナナの匠であるエンドケイプさん。バナナに針をチクチク刺しつづけること3時間。バナナの表面にはマツコの似顔絵があった。針で刺した部分が酸化して黒くなることを利用したアート。最後は食べるところまでしっかりやっているという。

続いて、刺繍の匠を紹介。馬場さんは、手作業で刺繍を行う。丁寧な仕事で、全国から注文が殺到している。また、卒業シーズンの今は大忙し。刺繍がほどこされた学ランがあり、どんな人が着るのか実際に届けに行った。中学3年の男の子は、ためたお年玉の10万円をはたいて購入したという。

続いての匠は卵の匠。惣菜屋「松ばや」には、ものすごい速さで卵のからを剥く石塚さんがいる。実際にからを剥いてもらうと、確かに早いがとても地味な映像だった。次の匠はおしぼりの匠。中村さんは、おしぼりので作った人形を操り、お芝居などを披露するという。この技を披露することで商談が成立したこともあるという。

次は、法廷画の匠。榎本さんの印象に残っているのは、ライブドア事件の初公判だったという。腕前を見るために、月曜から夜更かしの様子を法廷画で描いてもらった。最後は経済効果の匠。宮本さんは、経済効果を計算する匠。そこで、マツコがスタジオでわらび餅を食べて「美味しい」と言ったことによる経済効果を計算してもらう。買いに行く交通費や飲食代、備品代金なども全て計算に含め、算出したのは8億1220万円。

マツコが「美味しい」と言っただけで、経済効果が8億だということに、マツコは「あんたにはかなわない。ちょっと喋っただけで10億稼いでるもんね」というと、村上が「そんなワケあるか!」と話した。また、マツコは「ホントにギャラが伸びない。テレビに出るのが10年遅かったよ。」と話した。

日本人を多数派と少数派に分類してみる。今夜の争点は「Twitter」をやっているか、やっていないか。やっている人は、やっていない人をバカにするが、やっていない人からみると「公開ナルシスト」とバカにしていた。やってる人から、やってない人に対して「友達がいない。人生寂しそう」などコメント。やってない人からは「屁理屈。わざわざそんなのいらない。いつ仕事してるんだろう」などお互いさげずみあっていた。

「Twitter」をやっている理由は、情報を公開したい、情報を共有したいなどの意見があった。やっていない理由は、いろんな情報を出したくないなど、ビジネスマンはやっていない人が多かった。またその他にもブームに乗り遅れてしまった人や、うまく登録ができなかった人もいた。

「Twitter」についてマツコは「で、結局何やってるの?」とコメント。その他、LINEや、Facebookなどの話題に進み、それぞれの違いをマツコが観客に質問していった。

次に、酷評されたものの言い訳について調査。昨年、鳥取城のマスコットキャラクターである「かつ江さん」は、「マイナスイメージだ」と、わずか3日で公開中止となった。しかし中には、鳥取城の歴史がよくわかったという意見もあった。次に、ネット販売のホームページについて。昨年12月、熊本県のレストラン「KAWAZOE」が33480円という日本一高いローストビーフのネット販売を行ったところ、値段ではなくうたい文句が酷評された。それはそれに対して「貧乏人をバカにしている」「安くて美味しいものなんてザラにある」など酷評されたが、その川添さんの言い分は「赤身の美味しさを分かってほしかった。どうせ貧乏人は買えないんだから、お断りって書いちゃおうというノリ」だという。

続いて、福岡マラソンの給水所。25キロ地点の給水地点に用意されていたのは、うどんだった。「喉がつまりそう」「罰ゲーム」など酷評されたが、うどんを用意した人の言い分は「うどんの発祥だったから、出してみたかった。今年も出す」と話した。次は、布川敏和。別居報道の記者会見に白メガネで登場しう、批判が殺到した。

キーワード
北陸新幹線
金沢市(石川)
新潟県
かがやき
福井県
富山県
五木ひろし
柴田理恵
京都府
嵐山(埼玉)
金沢(石川)
新潟(新潟)
バナナ
ライブドア事件
Twitter
LINE
Facebook
かつ江さん
熊本県
福岡マラソン

月曜から夜ふかし (バラエティ/情報)
00:48~

別居報道の記者会見に白メガネで登場した布川敏和、批判が殺到したが、言い分としては「自由でしょ。全部で4つ買ったんだよね」と反省の色は見られなかった。最後はJリーグギャル。開幕記念の番組に美人ギャルとして出演していた女性に「どこが美人なんだ」と批判が集まっていた。その人は、椿鬼奴だった。

キーワード
福岡マラソン

月曜から夜ふかし (バラエティ/情報)
00:51~

Jリーグ開幕記念の番組に美人ギャルとして出演していた女性に「どこが美人なんだ」と批判が集まっていた。その人は、椿鬼奴だった。本人に聞いてみると「バイトだよ。オファーが来たから行った。そこでそんなこと言われたって」と話し、最後は桃井かおりのモノマネで終了した。

キーワード
福岡マラソン
桃井かおり
  1. 前回の放送
  2. 2月16日 放送
  3. 次回の放送