月曜から夜ふかし 2013年11月25日放送回

『月曜から夜ふかし』(げつようからよふかし)は、日本テレビ系列で2012年4月9日から月曜日の『プラチナイト』枠で放送されているトークバラエティ番組である。タイトルロゴ上の番組名は『Monday Lateshow 月曜から夜ふかし』。当初は23:58 - 翌0:53に放送されていたが、2013年9月30日から放送時間を1分遅らせ、23:59 - 翌0:54に変更した。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年11月25日(月) 23:59~ 0:54
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
00:00~

オープニング映像。

今夜の夜ふかしは… (その他)
00:02~

今週は「日本人ハロウィーンで浮かれすぎ問題」「めったに感動しないマツコを感動させてみたい件」…などの問題を取り扱う!

キーワード
ハロウィーン

月曜から夜ふかし (バラエティ/情報)
00:05~

今夜は「商品につくおまけがスゴイことになってきている件」「身の回りで怒る色々な現象にはちゃんと名前があった件」「いつの間にか当たり前になっている風習がある件」などのカードを用意。

今夜最初は、商品につくおまけがスゴイことになってきている件に注目。おまけとは主たる商品につくサービスの品物で、関ジャニ∞における村上的な存在。

スゴいことになっているおまけに注目。雑誌部門で最近話題となったのが、マンガ雑誌の「なかよし」にの付録になったスーパー最強漫画家セットで、これは漫画家になるためのノウハウがつまったものだった。なかよしの須田淑子副編集長は、この付録の時は大人も買ってもらえるような戦略だったと語った。

女性ファッション誌の「ELLE JAPON」は8月号の定価が通常よりも490円赤い1180円だったが、付録に6300円相当の高級日焼け止め「スーパーミネラルパウダーサンスクリーン」がついていた。

ラグジュアリー雑誌のRichesseには、何と約20万円相当の国内ホテルの豪華スイートペア宿泊券がついていた。ちなみに雑誌自体も10万円するのだが、ハースト婦人画報社の麻生愛さんは、雑誌に商品をけいさいするかわりに、クライアントに消費を提供してもらっているとのからくりがあることを明かした。

スゴいことになっているおまけに注目。通販では色々なおまけがつけられることが多く、今なら同じものをもう一つ…なんていうことも多い。通販アドバイザーの大原鶴美さんは、付加価値をつけることで購買意欲をかきたてる戦略で、半額にするよりも売上げが伸びていると指摘した。

スゴいことになっているおまけに注目。玩具つきお菓子「GUNDAM CONVERGE SP」はガム1個に対してフィギュアがついてきて完全に主役とおまけが逆転。さらに「超変換!!もじバケる」も同様のシステムだった。何故ガムをつけるかというと、おもちゃだけだと玩具類とみなされおもちゃコーナーのみでの販売だが、ガムをつけるとコンビニなどにも置く事が出来るからだった。

スゴいことになっているおまけに注目。文京区にあるとある賃貸マンションでは、すむと漏れなくネコがついてくることから人気に。同様のマンションは世田谷区や中野区にもある。東京キャットガーディアンの山本葉子代表によれば、ネコの里親を探すための提案なのだという。

スゴいことになっているおまけに注目。今年10月千葉県の住宅販売業者・伊豆山建設が、家を買うと10年間ハンバーグを無料で食べられる…とのおまけがついた住宅を販売。現在問い合わせが殺到し、うち4件で商談が進行中だった。

スゴいことになっているおまけ特集の最後に「八代亜紀のおまけでピアノを演奏した…」と晒された村上が「うちわかピアノかいじるのはどっちかにしてもらいたい」と発言。

話はそこから様々なおまけについての話。マツコは雑誌のおまけのバッグについて「あんなおもちゃみたいなバッグが12個もあつまってどうするの?まけばっかりやってる会社のは正規のも買いたくなくなる」などと持論を展開。

身の回りで起こる色々な現象にちゃんと名前があった件…に注目。居眠り中に体の一部がピクっと動いてしまう現象はジャーキングとよばれ、疲れているときや寝苦しい環境の時に発生しやすい。

前から来た人を避けようとして同じ方向に避けてお見合いしてしまう…という現象には連続回避本能との名前がつけられていた。これは直前と同じ行動を回避しようという本能により発生。

本屋さんで本を立ち読みしている時に便意を催す現象は、「青木まりこ現象」と呼ばれている。これは東京・杉並区在住の青木まりこという女性が、この現象を雑誌に投稿した事から名付けられた。

一つの文字を書き続けたり見つづけているうちに強烈な違和感を覚えてしまう…との現象には、ゲシュタルト崩壊との名前がつけられている。これはドイツ語が語源。

止まっているとわかっているエスカレーターに足をとられそうになってしまう現象は壊れたエスカレーター現象との名前がつけられていて、思い込みから起こる現象だった。

携帯電話が振動したと感じたのに、実は着信などは無かった…という現象はファントムバイブレーションシンドロームとの名前がつけられていた。これは深層心理で誰かからの着信を待っていたり、仕事のプレッシャーを感じる人に多く発生する。

マツコも番組で再三口にしている、歳を重ねるにつれて時の流れが早く感じてしまう現象にはジャネの法則との名前がつけられている。これは今から85年前に心理学者のピエール・ジャネによって提唱されたものだった。

マツコが歳をとると月日が経つのが早く感じる…と再三話していたが、それには名前や理由があることが判明。マツコは今年は今まで生きてきたなかで驚異的に早かったことを語る。ちなみに感動などがあると長く感じるらしく、村上はマツコを感動させてみたいのでコンサートに来て欲しいと誘った。

昔は誰も知らなかったのに、何故か当たり前になってしまっている風習がある。例えば恵方巻きは日本古来の風習みたいな顔をしているが、元々は24年前に大手コンビニチェーンが2月の売上げ盛り返しを狙って行なったキャンペーンで拡大させた物だった。

ここ最近日本で定着しようと暗躍しているハロウィーンに注目。いつの日からかカボチャのディスプレイや仮装した人などを見かけるようになり、ハロウィーン市場は日本記念日協会の調べでは1000億円を超え、バレンタイン市場にも迫る勢い。

そんなハロウィーン当日の六本木を、菅谷大介アナウンサーが取材。まさに六本木はハロウィーンに浮かれきった人の巣窟となっていてコスプレ姿の人がたっぷり。しかしそんな仮装してあるくヤツらにハロウィーンとはそもそも何なのか?との基本的な質問をぶつけても、浮かれきったヤツらから正解は出て来なかった。

しかし、こんなハロウィーンなどというものがいつから日本文化を侵食し始めたのか?調査を続けると、40年位前から外国人の多い六本木で楽しまれていた事が判明。それにいち早く目をつけたのがキデイランド原宿で1983年には日本初のハロウィーン・パレードを開催。さらに90年代後半にはテーマパークなどでもパレードが開催され認知度されはじめた。しかし日本のハロウィーンはただ若者達がハメを外すだけの口実でしかなかった。

いつの間にか日本を侵食しているハロウィーンについてマツコと村上が語り合う。こんなものには関わらないほうがいいとハロウィーンに嫌悪感を示すマツコは、今年が特にヒドくて「ここにいる奴らは1人も日本にいなくていい!」と激怒した。村上も「酒の飲み方も下品でしょ?瓶とかもってあるいてるし…」と苦々しい顔。

さらにマツコは子供に仮装させて表参道を練り歩いている美魔女くずれのババァにも猛烈に批判。村上も参加して、人に迷惑をかけなければいいといってるが、仮装して道路を占拠していること事態が大迷惑と思わない、ハロウィーンで騒いでいる奴らの思慮の浅さを批判し、夏から冬までの間くらい真面目に働こうと思えないのかなどと語りあい、クリスマスみたいにいつしか受け入れられてしまうのではないか…として、マツコはあの日だけフリーセックスにしましょうみたいなものだと語った。

都内4区のみで生きているマツコに農産物のとれたてを食べさせる企画。今夜は最高に美味しい葛切りを求めて、鹿児島県鹿屋市の葛とり名人・池田重男さんを訪ねた。葛とはツル性の植物で根の部分にでんぷんを蓄えており、これは最も良質な澱粉と呼ばれている。

スタッスは池田さんが収穫した葛を廣久葛本舗の工場へと持ち込み葛切りを作ってもらおうとしたが、完成までには1年以上かかるのだった。今回は特別に本葛100%の葛切りを作ってもらうこととなった。

スイタジオに廣久葛本舗の10代目高木久助さんが登場し、本葛100%の葛切りをスタジオで作る。本葛を水に溶かしたらそれを湯せんにかけて徐々に加熱すると、最初は白かった葛が透明に変化。

それを冷たい水に移して冷やし、きしめんのような形状にカットをして盛り付ければ完成だった。いよいよ村上とマツコの2人が極上の葛切りを食べることとなったがそのお味はいったい!?

キーワード
関ジャニ∞
なかよし
ELLE JAPON
スーパーミネラルパウダーサンスクリーン
Richesse
ハースト婦人画報社
GUNDAM CONVERGE SP
超変換!!もじバケる
文京区(東京)
世田谷区(東京)
中野区(東京)
伊豆山建設
ハンバーグ
八代亜紀さん
ジャーキング
青木まりこ現象
連続回避本能
杉並区(東京)
青木まりこさん
ゲシュタルト崩壊
壊れたエスカレーター現象
ファントムバイブレーションシンドローム
ジャネの法則
ピエール・ジャネ
恵方巻き
ハロウィーン
日本記念日協会
バレンタイン
六本木(東京)
表参道(東京)
美魔女
クリスマス
鹿屋市(鹿児島)
廣久葛本舗
葛切り

月曜から夜ふかし (バラエティ/情報)
00:46~

マツコと村上がスタジオで作りたての、本葛100%の葛切りを試食することに。特製の黒蜜につて食べたが、マツコは「いままで食べた葛きりと歯ごたえが全然違う!」とモチモチした食感に驚いた様子。2人は夢中になって食べてしまった。

キーワード
葛切り

エンディング (その他)
00:52~

全国の◯◯問題を大募集!詳しくは番組ホームページまで!

キーワード
月曜から夜ふかし番組ホームページ
  1. 前回の放送
  2. 11月25日 放送
  3. 次回の放送