月曜から夜ふかし 2013年1月7日放送回

『月曜から夜ふかし』(げつようからよふかし)は、日本テレビ系列で2012年4月9日から月曜日の『プラチナイト』枠で放送されているトークバラエティ番組である。タイトルロゴ上の番組名は『Monday Lateshow 月曜から夜ふかし』。当初は23:58 - 翌0:53に放送されていたが、2013年9月30日から放送時間を1分遅らせ、23:59 - 翌0:54に変更した。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年1月7日(月) 23:58~ 0:53
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
23:59~

今回はハイヒール・モモコが東京の人は知らない大阪の情報と問題をリポートするなど、放送内容が紹介された。

キーワード
ハイヒール
モモコ

月曜から夜ふかし (バラエティ/情報)
00:01~

「東京の人は知らないが大阪では有名なことが色々ある件」を紹介。大阪市阿倍野区で建設中の「あべのハルカス」は日本一の高さである300mに到達したが、東京ではあまり知られていない。総工費は1300億円で、東京スカイツリーが2つ買えるという。またバイオガス発電を導入するなど最先端のビルでもある。

ハイヒールモモコが「東京の人は知らない大阪の話 その5」として大行列の出来るいか焼き屋さんを紹介。大阪のいか焼きはいかの切り身を小麦粉に混ぜて焼いたもののことで、「阪神名物いか焼き」は大行列が出来ることで有名となっている。大行列が出来ても店員のチームワークで3.5秒に1枚という驚異的なペースで1日1万枚売り上げているという。

オープニング映像。

スタジオにマツコ・デラックスと村上信五が登場。本日はスタジオに東京出身の客と大阪出身の客に集まってもらったことについて話した。

今夜は「なぜ大阪が幸福度最下位なのか調査した件」や「東京の人は知らないが大阪では有名なことが色々ある件」など大阪にまつわるネタを6つ用意していると伝えられた。

大阪府の幸福度がランキング最下位な問題についてトーク。完全失業率全国2位、負債額全国9位、持ち家率全国45位、未婚率全国8位。悩みストレス全国2位、老衰死亡率全国46位なことなどが原因となっているという。

矢野氏は大阪府民の県民性について「大きな特徴は上方商人の歴史。商人感覚が強いのでせっかち、時間の使い方を大事にするという特徴がある」などと話した。また大阪について自動改札機やプレハブ住宅などは大阪で生まれたことや、「ICOCA」は1円でも残高があれば電車に乗ることができるなど大阪の特徴について紹介された。

先に紹介された実労働時間が全国45位である大阪の特徴について、マツコが「いちばん働いている都道府県の人が、それが幸せか?っていう話ですよ。働くことだけが全てではないですから」などと話した。

ハイヒールモモコが「東京の人は知らない大阪の話 その1」としてビルを貫通する高速道路を紹介。これはビルの建設時期と高速道路の建設時期がかぶってしまい、双方譲らないまま工事が行われたためだという。

ハイヒールモモコが「東京の人は知らない大阪の話 その2」として奇抜すぎる舞洲のゴミ処理場を紹介。大阪では有名な舞洲工場はゴミ処理場とは思えない外観で、おとぎ話のような建物となっている。オーストリアのデザイナー、フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーが手がけており、609億円の費用がかけられている。これは大阪オリンピック招致計画の際、マイナスイメージになる事を避けゴミ処理場だと分からないようにしたためにデザインされたという。

ハイヒールモモコが「東京の人は知らない大阪の話 その3」としてBOOK OFF JR鶴橋駅店を紹介。BOOK OFFの中に改札口が存在する。

ハイヒールモモコが「東京の人は知らない大阪の話 その4」として閉店セールを20年し続ける靴屋さんを紹介。「もうあかん やめます!」と書かれた看板が店に掲げられているが、20年も続いている。最初は洒落ではなく、開店から16年経ちバブル崩壊で経営難に陥った際、なけなしの金でこの看板を掲げたところ翌日から大繁盛したという。看板を降ろすにも金がかかるという理由でそのまま20年間放置されている。

マツコが「伊勢・志摩から名古屋の方までほとんどモモコ姉さんのものよ。大阪城は上沼恵美子のもの」などと話した。

「東京の人は誰も知らないが大阪では有名な人々」としてお笑いコンビ・安定志向が紹介された。このコンビは大阪府と大阪市の現役職員という異色組み合わせで、いまやメディアに引っぱりだこだという。橋下徹市長も「ギリギリの所で好き放題やってもらいたい」と2人について話している。VTRではネタを実際に披露した。

「東京の人は誰も知らないが大阪では有名な人々」として大阪府八尾市在住の、なにわのエジソンこと発明家の木原健次さんが紹介された。40歳で発明を始め、これまでに500個以上も発明してきたという。今回は発明品である「輪投げ けん玉ヘルメット」や「プッチュン・アーン・パックン」などが紹介された。商品化された発明品は「串抜き皿」(旭電機化成)だけだという。

「東京の人は誰も知らないが大阪では有名な人々」として、現役の大阪のおばちゃんで結成されたグループ・オバチャーンが紹介された。メディアに頻繁に登場するなど大阪では知らぬ者がいない存在で、特にこれといった志はなく呼ばれた所に出かけて行くのだという。

VTRで紹介されたオバチャーンがスタジオに登場。マツコや客らにお菓子をプレゼントするなどして触れ合った。

「村上の人気を地元・大阪で調査した件」を紹介。108人に調査したところ、村上の所属する関ジャニ∞は108人中27人の支持を得ていた。

オバチャーンがグループの目的について「通天閣が今年で開業100年。それを記念して盛り上げる目的で結成された」と話した。

キーワード
あべのハルカス
インスタントラーメン
プレハブ住宅
自動改札機
動く歩道
自動券売機
ICOCA
阿倍野区(大阪)
フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー
上沼恵美子
西川ヘレン
宮川花子
モモコ
橋下徹
八尾市(大阪)
串抜き皿
村上信五
関ジャニ∞

月曜から夜ふかし (バラエティ/情報)
00:40~

「村上の人気を地元・大阪で調査した件」を紹介。大阪の村上ファンは調査の結果およそ100人に1人だったが、これで終わりにするのはあまりにも可哀想だとして番組は「あなたは村上をどう思いますか?」との追加質問を行った。

月曜から夜ふかし (バラエティ/情報)
00:45~

村上について大阪のファンは「頭良さそう。関ジャニ∞バッておったらこの人にまず喋る」などの感想を述べた。

マツコが村上について「支持のされ方が私とあまり変わりません」などと話した。

キーワード
村上信五
関ジャニ∞

エンディング (その他)
00:51~

エンディング映像。

皆さんの疑問や不満を当番組にお寄せ下さい。詳しくは番組ホームページまで!

キーワード
月曜から夜ふかし
  1. 前回の放送
  2. 1月7日 放送
  3. 次回の放送