たけしの超新説研究所 最新科学が歴史を暴く 2012年3月20日放送回

放送日 2012年3月20日(火) 21:00~23:18
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
21:00~

最新科学が歴史の事実を変える瞬間に立ち会う為に、KAT-TUNがイースター島やギリシャ、中国などへ飛んだ。

スタジオでビートたけしらが、最新科学によって世界の歴史の定説が覆っていることについてトーク。たけしが、手塚治虫の漫画が古いものになってきたと話した。

キーワード
イースター島(チリ)
ギリシャ
中国
KAT-TUN
手塚治虫

最新科学が歴史を暴く (バラエティ/情報)
21:04~

現在でも様々なミイラや副葬品が発見されているエジプトで、発掘された動物をかたどった像の中にミイラが入っていることがわかってきた。

ドイツで最新CTスキャンの技術を使い、人間のミイラの正確な映像を3次元で撮影することに世界で初めて成功した。撮影の結果、調査したミイラは4~6歳の女の子で、病死と推定された。

シリアから、幻の古代都市と言われているテル・アル・ラウダという街の遺跡についての新説が出された。これまで、考古学調査によって街の痕跡は見つかっていたが、最新科学による磁気探査によって街の姿が明らかとなった。それによると、街は全体が円形となっており、道や建物らしきものもひしめき合っていた。この調査を元に、学者たちが詳細な研究を続けた結果、驚くべき真実が明らかとなった。

キーワード
ネコ
ガゼル
ハヤブサ
ワニ
ヒヒ
エジプト
ドイツ
CTスキャン
テル・アル・ラウダ

最新科学が歴史を暴く (バラエティ/情報)
21:11~

チリ・イースター島にあるモアイ、どう作られどのように運ばれたかは未だに決定づけられていない。そんな中、新説として超巨大モアイ像は歩いて移動したという説が浮上。この新説に迫るべく田中聖がイースター島に訪問した。

まず、田中聖はイースター島博物館に訪問。考古学者セルヒオ・ラプの案内によって様々な形や大きさのモアイが紹介され、モアイじはアフと呼ばれる祭壇に立てられ人々の墓地だったとも言われてる事が説明された。そして石から完成したモアイは背中を切り離し石で滑らせてどのように運んだのかこれから追及する。

シリアにある幻の都市「テル・アルラウダ」がCG画像で蘇った。この年は約4000年前に栄え、高い防御壁に囲まれた完璧な要塞都市となっていた。

今では高層ビルが立ち並ぶ最先端都市であるニューヨーク市の紋章には2匹のビーバーが描かれている。生物学者をリーダーとする調査チームは、マンハッタン島の過去の記録から、土壌や岩盤などのデータを収集。今から400年前のマンハッタン島をCGで再現した。タイムズスクエア周辺はカエデの森が茂る沼地となっていて、沼の中にはビーバーが住んでいたとされている。

このあと、キリストを刺したと言われる槍を分解、またエーゲ海から発見された金属の破片を紹介する。

キーワード
チリ
イースター島
モアイ
イースター島博物館
テル・アル・ラウダ
キリスト
マンハッタン島(アメリカ)
ニューヨーク(アメリカ)
ビーバー
カエデ

最新科学が歴史を暴く (バラエティ/情報)
21:24~

チリ・イースター島にあるモアイがどのように運ばれたか、ひとつの定説としてあげられているのは、ヤシの木を並べてその上を転がして運んだという説で、2000年、考古学者のジョアン・バン・ティルバーグが実験をした。

今回の調査の中心人物なる2人の教授は、移動途中に倒れた未完成のモアイに注目。これらの目は切りこまれており、下半身がどっしりして前傾姿勢である一方で、祭壇に飾られたモアイにはそのような姿勢は見られず、直立していることから大きく形が違っている。

田中聖とラプ教授は、イースター島にあるうつぶせ、仰向けに倒れているモアイ像を見つけた。これらのモアイ像は、下り坂であればうつぶせに、上り坂の取り木には仰向けで倒れたということになり、モアイ像を立てたまま移動したという証拠になり得るという。

しかし、イースター島はモアイを立てたまま移動するには石だらけの悪路が多く、立てた状態での移動は不可能に見える。そこで、島全体の衛星写真を撮影し、カメラを積んだ小型飛行機を飛ばして詳細な地表の画像データを収集。地上の起伏を捉える最新の測量装置も使った所、これまで知られなかったイースター島の姿が見えてきた。

このあとの番組内容を紹介

キーワード
チリ
イースター島
モアイ

最新科学が歴史を暴く (バラエティ/情報)
21:32~

衛星写真や測量器具など、最新科学を使ってイースター島を調べた結果、島には全長30キロにも及ぶ古い道が存在することがわかった。また、これまでば選ばらで倒れていると思われていたモアイ像は、この古い道沿いに存在することもわかった。これでモアイ像を立ったまま移動させた可能性が高まった。

モアイ像を研究しているテリー・ハントとカール・リポの2人の教授は、モアイ像を立てたまま動かす方法を実物大のモアイ像を使って完全再現することにした。まず、3Dのモアイ像データを再現するために大量の写真を撮影し、そのデータを3Dプリンタで正確にコピーしミニチュアを作成。このミニチュアの重心をコンピューターで分析する。

モアイを立ったまま、歩くように動かすにはどうすればいいのかを調査する際、イースター島で古くから伝わる「ネケネケ」という足がないまま動く歩き方が伝説として伝えられており、CGで再現したモアイの動かし方は島の伝説と符合する。

いよいよ形も重心も完全再現した等身大モアイの製作が始まった。さらに、成分も再現するため、田中聖が蛍光X線分析計を使って実物のモアイ像の成分を調査した。すると、火山性岩石に多いシリコンが多分に含まれていることがわかった。そこで、エレミックスと呼ばれる砂粒を使ったコンクリートを特別に作ることになった。

実験当日、型から外された等身大モアイ像が慎重に会場まで運ばれていった。

美術運送にうってつけの最新科学をスタジオで紹介。株式会社タイカではαゲルという軽量の衝撃吸収材を開発。亀梨和也やビートたけしが高いところや激しく卵を落としても割れないぐらいの吸収力を誇っている。

ハワイのクアロア・ランチでモアイ像を立てたまま運ぶ実験が行われた。製作された等身大モアイ像は高さ3m、重さ5トンに及び、この像を50m動かすことが今回の目標である。

キーワード
モアイ
イースター島
シリコン
αゲル
クアロア・ランチ(アメリカ)

最新科学が歴史を暴く (バラエティ/情報)
21:44~

ハワイのクアロア・ランチでモアイ像を立てたまま運ぶ実験が行われた。製作された等身大モアイ像は高さ3m、重さ5トンに及引っ張ってもモアイ像は動かなかった。そこで、モアイ像の鋭角な目に着目し、目にロープを引っ掛けて3方向で引っ張るという方法で挑戦してみると少しづつ前で動き出した。そして安全用に吊るしたクレーンを外して挑戦すると、50m動かすことに成功した。この方法では方向転換も可能だという。

ウィーンの美術史博物館にあるハプスブルク家の秘宝の中に、キリストの死を確認するために刺したとされる「ロンギヌスの槍」が展示されている。この槍はかつて、手にしたものは世界を制する力が与えられるという言い伝えがあり、ナポレオンやヒトラーもこの槍を欲しがったと言われている。

2003年1月、「ロンギヌスの槍」の科学的な分析が金属工学の権威であるフェザー博士のもとで初めて行われた。X線を通してみたところ、金のさや、銀のさや、翼の形をしたパーツなど複数のパーツで構成されていることがわかった。その制作年代を分析すると、それぞれ14世紀、11世紀、8世紀に製作されたものだとわかり、肝心の槍先も7世紀のものであったことがわかった。

日本で始めて開催された1970年の大阪万博で展示されたアポロ11号が持ち帰ったとされる月の石の一部は、アムステルダムの博物館で50万ユーロの保険金をかけて展示されてきた。しかし、専門家から石がニセモノではないかという疑惑が浮上し、その疑惑を晴らそうとアムステルダム自由大学に調査を依頼した。

アムステルダム自由大学の調査チームは、最新の電子顕微鏡で月の石を調査。すると、ハチの巣のような模様が浮き出てきた。これは化石化した木の細胞の特徴に似ており、「月の石」とされたものは来単なる木の化石であったことが判明した。

1901年、ギリシャのアンティキテラ島の沖合の海底から謎めいた金属が発見された。この金属は2000年以上前に作られたものと判明したが、一体なんおものであるかは謎のままであったが、現代科学により今から2000年前にコンピューターがあった?と新説が立てられた。

1927年、中央アメリカのベリーズにあるマヤ文明の遺跡を探検していたフレデリック・ヘッジスは、遺跡の中から水晶で出来たドクロを発見した。その後も数多くの水晶ドクロが発見された。異星人が作ったのではないかと言われるほど精巧な作りに鳴っているこのドクロに、2008年大英博物館の調査チームが分析を行った。

大英博物館の調査チームが電子顕微鏡を使って水晶ドクロの内部を科学的に調査した所、ドクロには平行かつ規則的な傷が付いていることがわかった。これは、ドクロを作る際に近代的な研磨機のような機械を使用した証拠であると話した。マヤ文明には研磨機を使った形跡はなく、スペインによる侵攻のあとに作られたものではないかと結論づけた。

真相を確かめるべくギリシャ・アテネに田口淳之介が訪問。数学者ディオニシオス・クリアリスの元に訪れた田口は、まず古代ギリシャの科学技術力の高さを実験で証明してもらうことに。科学者ヘロンにより古代ギリシャでは蒸気を使って物を動かす技術が考案されていたことを実験で紹介してくれた。

ビートたけしは、足利尊氏の肖像画を例に、「あれは嘘だった」と言われるのが一番嬉しいと話した。

アルキメデスが作ったとされる蒸気砲は、蒸気により30cmの鉄球を300m飛ばしたとされたが、実験では小型の装置を使うも大した飛距離が出なかった。

そして世界最古のコンピューターと言われるアンティキテラの機械に会うべく田口はギリシャの国立考古学博物館に訪問した。

このあと、未発掘の始皇帝の遺跡を大調査。

キーワード
クアロア・ランチ(アメリカ)
モアイ
ウィーン美術史博物館
ハプスブルク家
ロンギヌスの槍
大阪万博
アポロ11号
月の石
アムステルダム国立美術館
アムステルダム自由大学
ギリシャ
アンティキテラ島
フレデリック・ヘッジス
水晶ドクロ
ベリーズ
大英博物館
アテネ(ギリシャ)
マヤ文明
ヘロン
足利尊氏
アルキメデス
国立考古学博物館
始皇帝

最新科学が歴史を暴く (バラエティ/情報)
22:12~

2005年、アンティキテラの機械のナゾを解くべくギリシャ・アメリカ・イギリスによりプロジェクトチームが結成され、とんでもない事実が明らかとなった。アテネ大学に訪れた田口は確信を知る人物ゼノフォン・ムサスに会い、イギリスのX-Tek社の最新機器、マイクロフォーカスX線CT装置により、小さな金属部品の内部を透視により多数の歯車で出来た精密機械である事が分かった。

アメリカ、ヒューレット・パッカード社が開発したPTMドームは、肉眼では見えない細部を写しだす装置で、アンティキテラの機械の破片には3000語の文字が記されており、文字を解読すると驚くべきメッセージが解ったのであった。

キーワード
アテネ大学
X-Tek社
マイクロフォーカスX線CT装置
ヒューレット・パッカード
PTMドーム

最新科学が歴史を暴く (バラエティ/情報)
22:18~

オランダの建築家が作った「宙に浮くベッド」を紹介。永久磁石を使うことで宙に浮く仕組みとなっており、値段は120万ユーロかかる。

南アフリカにあるシブドゥ洞窟で、古代人の寝床らしき遺跡が見つかった。古代人は1つの場所に足やい草を重ねて寝床を作り、古くなるたびに新しい草を重ねていったと推測されている。一番下の地層は7万7000年前と言われている。さらに、古代人が敷いたとされる草の中にはシナクスモドキ属と呼ばれる防虫効果のある草の葉も見つかった。このことについて、フランスベッドの担当者はとてもびっくりしたとコメントした。

現代の最先端の義足を紹介。コンピュータ制御されており、足が着地する角度も自動的に調整できる。

エジプトの古代都市、テーベの遺跡で発見された右足の義足を紹介。約2700年前に使用されたとされる世界初の義足は、親指を模した木製部分と皮の部分がひもで綴じ合わせて作成。この義足のレプリカを作成し、親指を失った被験者に体験させてみると快適に歩けたという実験結果得た。この義足について、愛和義肢製作所の義肢装具士は、元の体の機能を回復させ、しかも実物を模しているという点で驚いたと話した。

株式会社アイ・ティー・ケーの岩田真太郎氏がスタジオに登場し、最新科学が産み出した人工ハンドを紹介する。

肉眼では見えない細部を写しだす装置で、アンティキテラの機械の破片には3000語の文字が記されていた。文字を解読すると、この機械の取扱説明書であり、天体の動きを計算する装置であり、1609年にケプラーが発表した2つの法則が既に取り入れられていた事が解り、皆既日食などいつ起こるのか、正確に予測していたことも解ったのであった。

キーワード
宙に浮くベッド
南アフリカ
シブドゥ洞窟
アシ
イグサ
シナクスモドキ
フランスベッド
テーベ(エジプト)
ケプラー
皆既日食

最新科学が歴史を暴く (バラエティ/情報)
22:30~

株式会社アイ・ティー・ケーの岩田真太郎氏がスタジオに登場し、最新科学が産み出した人工ハンドを紹介。亀梨和也が人工ハンドに接続されている手袋を装着し、中丸雄一とじゃんけんをした。この人工ハンドは字を書くことも出来るのだが、書かせてみたところ非常に雑なものとなった。

今若者の間で人気のある「五本指シューズ」を紹介。裸足で歩く感覚を追求し作られている。

2008年にアルメニアの遺跡で発見された世界最古の革靴を紹介。この靴を再現すると、素材は1枚の牛革で、靴の前後に革紐が通されている。さらに靴の中には干し草が敷き詰められており、足と靴の健康の研究をしている専門家は、干し草がクッション替わりになっていたと推測した。

レディー・ガガや中島美嘉のメイク術として知られる「スモーキーアイ」と呼ばれるメイク術は、2000年前の古代エジプト最後の女王、クレオパトラもしていたメイクだったが、当時は単なるメイクではないことが最新の研究で明らかとなった。古代エジプトの化粧箱に残っていた成分を調べると、人体に有害な鉛の化合物が検出された。

このあとの番組内容を紹介。

キーワード
五本指シューズ
アルメニア
レディー・ガガ
中島美嘉
クレオパトラ
スモーキーアイ
エジプト
株式会社アイ・ティー・ケー
人工ハンド

最新科学が歴史を暴く (バラエティ/情報)
22:38~

ビートたけしが、始皇帝陵は巨大な花やしきだったという新説を述べた。ビートたけしは、花やしきのジェットコースターをプロデュースしたことがあるという。

2200年前に中国を支配した始皇帝のお墓である始皇帝陵は、これまで一度も調査されたことがなく、国により発掘が禁じられている。日中の科学者たちが、最新技術で始皇帝陵を調査する。

古代エジプト人が目の周りにしていたメイクについて、化粧箱に残っていた成分を調べると、人体に有害な鉛の化合物が検出された。このことについて、ルーブル美術館などの共同研究チームは、この鉛の化合物は皮膚に触れると一酸化窒素の生成量を増やすことを発表した。一酸化窒素は、付着させると細胞を活性化させて免疫力を上げる作用があり、目の周りを病原菌から守っていたのではないかと考えられている。

スタジオで関根麻里が、何気なくしているメイクに意味があったのがスゴイと話した。また荒俣宏が、還暦の人が着る赤いちゃんちゃんこを染める紅花には保温効果があると話した。

キーワード
始皇帝陵
始皇帝
スモーキーアイ
エジプト
ルーブル美術館
紅花

最新科学が歴史を暴く (バラエティ/情報)
22:46~

東海大学情報技術センターで恵多谷雅弘教授らを中心として、最新技術によって始皇帝陵を調査するプロジェクトが動き出した。

中丸雄一が、中国の兵馬俑博物館を訪れた。兵馬俑は、始皇帝の墓を守るために配置された軍隊と言われている。兵馬俑の顔は、一体一体違うように作られている。世界ナンバーワンの顔認証システムのNeo Faceで、中丸の顔を認証した。

兵馬俑の顔写真を、顔認証システムのNeo Faceで照合したところ、兵馬俑600体の顔は、一体一体違うように作られていることが証明された。このことから、兵馬俑は実際にいた兵士をモデルとして作られた可能性がある。

兵馬俑には元々、色が塗られていた。当時の技術で、兵馬俑の色付けを行なっていた染料を再現した。司馬遷が書いた史記には、始皇帝陵には盗掘防止のための防犯装置があると書かれていた。

発掘が許されない始皇帝陵の内部を撮影するために使われたヘビ型ロボットを、スタジオで紹介。ヘビ型ロボットは、垂直な場所にも登ることができる。

西北大学文化遺産学院の段清波教授が、始皇帝のお墓である始皇帝陵の地中に電気や磁気を流して調査した結果、始皇帝陵の地下30メートルに空間があったことが判明したと語った。

キーワード
始皇帝陵
始皇帝
Neo Face
兵馬俑
兵馬俑博物館
司馬遷
史記
西北大学文化遺産学院

最新科学が歴史を暴く (バラエティ/情報)
23:11~

始皇帝陵の地下にある巨大ピラミッドを、CGで再現する。

始皇帝陵が完成した当時の様子を再現したCGを紹介。始皇帝陵の周囲には川が流れ、盗掘防止用の防犯システムが存在したという。

ビートたけしが、始皇帝陵にはとんでもないお宝があって、ひょっとしたらまだ始皇帝が生きているんじゃないかと語った。

キーワード
始皇帝陵
始皇帝
  1. 3月20日 放送