リアル×ワールド THIS IS MY LIFE〜心の声が聞こえますか?〜

『リアル×ワールド』とは2010年から2015年まで日本テレビで放送されたドキュメンタリー番組である。本項目では、後継番組として2015年6月13日から2016年3月12日まで放送された『リアリTV』(リアリティーヴィー)についても述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年7月7日(土) 10:30~11:25
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
10:30~

オープニング映像。

命をテーマにしたドキュメンタリーを作ってきたディレクターは、身体と性別が一致しない性同一性障害の「私」に出会った。男でも女でもない自分に不安を持っていたみのりさんを取材し、その中で衝突もあったがみのりさんは望んでいた性別適合手術を受けた。

キーワード
性同一性障害

THIS IS MY LIFE〜心の声が聞こえますか?〜 (バラエティ/情報)
10:32~

性同一障害の石川さんに出会ったのは2月、石川さんは2年前から女性ホルモン投与を始め体が女性らしくなった。石川さんは就職活動を始めてから社会に受け入れてもらえない状況を何度も経験してきたと語った。今回の取材は性同一障害の悪いイメーシの払拭だ。

石川さんは高知市で生まれ、体に違和感を覚えたのは高校生の時で、体の男性性が嫌になったのは一番その時だったと語った。LGBTという単語の中のトランスジェンダーに性同一障害も含まれ、新宿ゴールデン街のBAR WHOでは性についてオープンに語られている。石川さんはスタッフの質問にSRSをしたい理由は男性性自体が嫌悪するとコメントした。

石川さんは両親に手術をやっと認めてもらえた所で、20代の前半まではコミュニケーションのない家庭だったと語った。

高知から母が上京し、久しぶりに四人が揃い、父が手術の費用を出すことが愛情の裏返しで、今まで体でコミュニケーションが取れなく、自分が前を向こうとしている時に母が後ろを向くのが辛いとカメラの前で語った。

キーワード
LGBT
性同一性障害
SRS

THIS IS MY LIFE〜心の声が聞こえますか?〜 (バラエティ/情報)
10:47~

みのりさんのセクシャリティーについて、切り替えられるだろうと思っていたがある日突然違うと言われて自分に置き換えても辛いと思うとコメントし、父は心配だが別の人生を手に入れられる幸せがあるならそれで良いと語った。

週間プレイボーイの企画がうまくいき、性同一性障害の人たちを取材をする企画が出来ることになった。企画のモデルまりなさんにも取材をしたが、年齢を重ねてくると何のために生きていくのがわからなくなると2人はコメントした。

高知の長岡郡に母方の祖母が暮らしているそこに母が向った。手術の成功を祈って2人はお参りをして、社会人の第一歩となるように祈ったと語った。母が手術を認めたきっかけは祖母が背中を押してくれたからだとした。2人は先祖の墓にも祈りを捧げ、祖父のお参りをした。

みのりさんはタイのバンコクに3月下旬手術を受けるため向った。タイは性別適合手術の先進国で、石川さんはPAI病院へ行き、350例の手術を行なってきたプリーチャー院長と対面した。石川さんの手術では腸の一部を切り取って人工の膣を作る。ここまでくるのに10年間は費用を貯めるために試行錯誤だった。

みのりさんは世間からの視線と自分と何が違うのかわからないとして、松田恵子さんは取材目的を聞かれた。みのりさんは「自分は自分」という言葉を言うまでにたくさんの試練や辛いことを越えてきたことを涙ながらに語った。

キーワード
香美市(高知)
性同一性障害
長岡郡(高知)
バンコク(タイ)
PAI病院

THIS IS MY LIFE~心の声が聞こえますか?~ (バラエティ/情報)
11:03~

手術の日、バヤタイ病院で手術室へ向うみのりさんを撮って松田さんは立ち会って無事を祈った。

手術の翌日、みのりさんは自分が救われるのは「誰かに求められる瞬間だ」として、自分は生きているプロセスを普通には家族に見せられなかったので家族にはすごくもどかしかっただろうと語った。みのりさんは10日間のホテル生活後、無事に東京に帰国した。

キーワード
性同一性障害
バヤタイ病院
東京都

THIS IS MY LIFE~心の声が聞こえますか?~ (バラエティ/情報)
11:11~

松田さんは東京へ帰国後の想いを聞くため成田へ迎えにいき、そこでみのりさんは松田さんの質問を「イライラしているときにくだらない質問をされても」と答えてこの日の取材は出来なかった。ビデオを見返しながら松田さんは体の変化があるのだから何か変わってしまっていると先入観を持っていたのかもとコメント。みのりさんはタイで「ネガティブな部分も含めて受けとめてくれる人を探している」と語っていた。

石川さんと話し、取材を再スタート。プレイボーイのグラビアモデルの選出で、企画は性同一性障害の人たちの夢を撮影しようというものだった。プレイボーイの編集者はみのりさんがやりたい企画は今までのものと違い新しいと思うので面白いと話した。撮影現場に来たみのりさんはまりなさんたちと関わり、見えていないものを表現したいと話し、いいものを作ると撮影に臨んだ。そしてみのりさんは久方振りに田舎の長岡郡に居る祖母の元へ手術の報告をしに向った。

キーワード
東京都
性同一性障害
長岡郡(高知)

THIS IS MY LIFE~心の声が聞こえますか?~ (バラエティ/情報)
11:20~

6月になり高知長岡郡の祖母の家へみのりさんは向った。祖母は手術が無事にできたことを良かったと涙して、ふるさとの家族に仕事の報告が出来、父は手術が成功して喜び「もっと可愛らしい服を着たらいいのに」と話していたことを母が語った。

新しいグラビアの撮影も始まり、みのりさんは現在の心境を取材班に語り、これから目の前のことを精一杯やって1つずつ積み上げて行きたいとした。

キーワード
長岡郡(高知)
性同一性障害
  1. 前回の放送
  2. 7月7日 放送
  3. 次回の放送