Going! Sports&News 2018年2月17日放送回

放送日 2018年2月17日(土) 23:55~ 0:55
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
23:55~

オープニング映像。

羽生&宇野を上田直撃 (バラエティ/情報)
23:55~

羽生結弦が66年ぶりに連覇。そして初出場の宇野昌磨が銀メダル。怪我をしていた羽生はなぜ連覇できたのか荒川静香が徹底分析。上田も現地で観戦、羽生と宇野を直撃。午前8時、長蛇の列が。昨日の試合前リラックスする様子を見せていた羽生。右足首の怪我から約4か月ぶりの公式戦の舞台に立った羽生。4回転サルコーなどを完璧に決め、ショートで1位になった。客席からは大量のプーさんが投げ込まれた。一方、宇野昌磨も3位につけた。

羽生はフリーを前に控室で振り付けをチェック。

羽生はフリーを前に控室で振り付けをチェック。地元・宮城では仙台駅の特設会場で演技を見守り、演技に涙ぐむファンの姿も。この演技について荒川静香さんは感情を爆発した。冒頭で飛んだ2つの4回転、ショートでも加点をもらった3アクセルなど一つ一つの技がお手本のようなどれをとっても評価の高い要因を持っているとした。得点はフリーで206.17、トータルで317,85だった。

最終滑走者として宇野昌磨が登場。地元の愛知からも多くのファンが声援を送る。演技冒頭のジャンプで転倒したが、巻き返しを見せ2位で銀メダルを獲得。この瞬間羽生の66年ぶりのオリンピック連覇が確定。今大会日本初の金メダルを獲得。46年ぶり日本が同じ種目で金銀を獲得した。2人の快挙に都内では号外が配れた。羽生の地元・仙台では歓喜の声が。羽生の快挙は世界中でも大きく報道。開催地韓国では王子から皇帝になったと賞賛。さらに66年前に連覇を果たしたディック・バトン氏は記録は並ばれるためにあるものだとコメント。演技からの5時間後のセレモニーで羽生はスケートを辞めなきゃいけないのかぐらいまで考えていたので非常に苦しい時期ではあった。ただこうやって生きててよかったなと思える瞬間の一つと話した。宇野は最初のループを失敗した時点で笑えてきた。いつか羽生選手のように憧れとなれる存在になりたいとコメントした。

羽生(23)宇野(20)を上田が直撃。

キーワード
羽生結弦選手
宇野昌磨選手
平昌オリンピック
オーサーコーチ
プーさん
宇野昌磨
羽生
BBC
NBC
ディック・バトン氏
豊田市(愛知)
仙台(宮城)

オープニング (その他)
00:13~

上田は外国の選手を応援しに来ている人も羽生、宇野の時はスタンディングオベーションだった。素晴らしいものを見たとした。またNYタイムズは羽生がリンクを支配した。演技でプーさんの雨を降らせたと報道。韓国の中継ではファンの多さに日本のようだと伝えていた。

番組テーマソング:Wonderful World/亀梨和也

キーワード
Wonderful World
亀梨和也
羽生結弦選手
宇野昌磨選手
NYタイムズ
プーさん

ピョンチャン五輪 (ニュース)
00:30~

平昌オリンピック、スキージャンプ男子ラージヒル決勝で葛西紀明選手が登場。1回目のジャンプで121.0mで33位に終わった。小林陵侑選手は1回目で135.5mを飛んだ。日本人最高の10位となった。

女子スーパー大回転でアルペンスキーとスノーボードの2つで代表に選ばれているE.レデツカ選手はアルペンスキーでソチの金メダリストを下して金メダルを獲得した。

平昌オリンピックでカーリングの女子日本代表が、OARと対戦。藤澤五月選手が大量得点を決めるショットを見せて、10-5で勝利。日本代表は4勝目を挙げた。

カーリング女子の番組宣伝の告知テロップ。19日(月)で日本×カナダはあさ9時、日本×スウェーデンはよる8時。

スタジオでは、上田晋也がカーリング女子日本代表を観戦したと伝えた。また現地韓国でカーリングは人気スポーツであり、日本代表の藤澤五月選手の人気が急上昇、浅田真央さんに似ていると話題語った。さらに上田晋也は葛西紀明選手に対し取材したあとで、2本目に進めなかったのは残念だと語った。

キーワード
小林陵侑選手
竹内択
小林潤志郎
葛西紀明選手
平昌オリンピック
ラージヒル
E.レデツカ選手
A.ファイト
T.ワイラター
藤澤五月選手
カーリング女子
OAR
浅田真央さん
羽生
安倍首相

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月17日 放送
  3. 次回の放送