心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU 2014年4月5日放送回

『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』(こころゆさぶれ せんぱいロックユー)は、2010年4月3日から2015年3月28日まで日本テレビ系列で毎週土曜日23:00 - 23:30(JST)に放送されていたトークバラエティ番組である。全252回。キャッチコピーは、2012年3月までは「イイ大人って、相当アツイ。」、2012年4月より「ジンセイ、前のめり。」。ハイビジョン制作。番組開始からの半年間はキリンビールをメインスポンサーにした複数スポンサー提供番組だったが、2010年10月以降の数回はキリンビールのみの一社提供に変更。その後の同年11月13日以降は再び複数スポンサー提供に戻った。なお2011年3月11日の東日本大震災発生後はしばらく提供を自粛していたが、同年4月16日放送分からは提供を再開した。なお、期首・期末特番の影響による遅延はあるが、放送休止になることは年末年始(編成の都合で通常通り放送となることもある)と『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』放送日のみである。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年4月5日(土) 23:30~ 0:00
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
23:31~

本日の先輩は、島田昌典でFUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」では数々の賞を受賞した。島田サウンドと呼ばれるピアノと弦楽器を駆使したアレンジは島田さんの真骨頂。もう一人は、蔦谷好位置。ゆず、YUKI、Superflyなどを手がけ、宮本浩次らアーティストからも絶大な信頼を受けている。昨年は、LANDが最優秀アルバム賞を受賞した。

番組公式Twitter、facebookの紹介。

蔦谷好位置は、レコーディングスタジオでたまに島田さんにあうと、お互いに汚いなどと話した。

キーワード
島田昌典
蔦谷好位置
Chara
YUKI
FUNKY MONKEY BABYS
ゆず
エレファントカシマシ
Superfly
いきものがかり
aiko
JUJU
秦 基博
日本有線大賞
輝く!日本レコード大賞
SAKURA
宮本浩次
LAND
北川悠仁
岩沢厚治
タマシイレボリューション
JOY
君の隣
GREEN MIND 2011
心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU 番組公式 Twitter
心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU Facebook

音楽プロデューサーSP (バラエティ/情報)
23:33~

島田昌典は、最初はアーティストからワンコーラスをもらうことが多いと言う。島田昌典は、「アーティストをプロデュースする、全体をひっくるめて」などと話した。

蔦谷好位置は、「売れるために、流行を追うことは絶対にやらない、それぞれが自分の型を持っている」などと話す。なるべく自分を出さないようにするが、出てしまうなどとも話した。

島田昌典は「日本人はイントロが大好き」だといい、aikoのカブトムシのイントロが生まれるまでの没パターンなども説明しながら、弾き語りで披露した。サビのコード進行だ大事だといい、完成したイントロをもう一度披露した。

蔦谷好位置は、 ボリュームについて、ミックス卓を使って、曲が立体的になっていくなどと話した。うまく歌えたところは、「労ってあげる」などの表現で説明した。

キーワード
aiko
カブトムシ

音楽プロデューサーSP (バラエティ/情報)
23:43~

蔦谷好位置は、売れてなかった時、パンの耳を食べていたと話をした。でもバイトをせずに音楽の仕事だけしようと思っていたと話す。YUKIのJOYという曲について「私はこの曲を10年待っていた」と言われたなどと話した。

島田昌典は音楽プロデューサーにとって大事なことは、「がまん強い」と話した。感覚が枯渇したときは、他の人のライブに行くといい、鶴瓶師匠の落語に行った時メロディが思い浮かんだので早く帰りたくなったと話した。

歌手・竹本健一さんが歌った歌を使って、ボリュームを調節して、聴き比べた。加藤浩次は「甘くなる」などの感想を述べた。調整前と調整後を聴き比べ、大東駿介は「感じる気持ちの動きが全然違う」などと話した。島田昌典もやるといい、「こんなにばらしていいんですか」と語った。

キーワード
JOY
YUKI
鶴瓶師匠

心ゆさぶる トゥルーストーリー (バラエティ/情報)
23:48~

クラシック音楽の故郷、ドイツを拠点にオーケストラを率いる指揮者・上岡敏之さん。10年ほど前、ドイツでブッパータール市立交響楽団から音楽監督を任せたいと依頼があった。かつて指揮棒を捨てた過去があった上岡敏之さんは、東京芸術大学で指揮を学んだ。君は指揮者に向いてないと言われ、ホテルマンの道を歩んだが、どうしても夢を諦めたくなく、腹をくくってドイツに渡った。依頼を受けたブッパータール市が運営しているそのオケは予算が削られ風前のともしびだった。団員は、バイトに疲れる日々を送っていた。そこで上岡敏之さんは、市に掛け合い、これ以上給料を下げないよう掛け合い、団員一人ひとりに声をかけ、音楽とは関係ない話をした。徐々にみんな心をひらいてくれるようになった。その一方で団員に高いハードルを課した。

キーワード
ブッパータール市立交響楽団
ブッパータール市(ドイツ)
東京芸術大学

心ゆさぶる トゥルーストーリー (バラエティ/情報)
23:53~

上岡敏之さんは団員たちに、公演を月2回に増やしたい、と話すと、皆無理だと反対。それでも彼らのプライドをかきたて、瀬戸際に追い込んだ。なりふり構わずスポンサーを探した。そうして3年が過ぎたころ、ついに劇場が蘇った。満員の客でうめつくされた公演の映像、ツェムリンスキー交響詩「人魚姫」が放送された。復活したオーケストラの評判とともに、立役者上岡敏之さんの名前はドイツ中に広がった。今や日本からも客演の依頼が相次いでいる。

蔦谷好位置は、VTRをみて「続けるってスゴイ」などとコメントした。

キーワード
交響詩「人魚姫」
ツェムリンスキー

お二人の化学反応 (バラエティ/情報)
23:55~

島田昌典は、ビートルズのプロデューサーのジョージ・マーティンが言った「耳こそが全て」という言葉を挙げた。蔦谷好位置は「永劫回帰」と言う言葉を挙げ、これが本当だったら、絶対に後悔したくないと感じた、などと話した。

島田昌典の30周年コンピレーションアルバム「島田印-島田昌典ワークス・ヒットコレクション-」が4/16に発売と紹介された。

キーワード
ジョージ・マーティン
ビートルズ
島田印-島田昌典ワークス・ヒットコレクション-

エンディング (その他)
23:56~

心ゆさぶれ!先輩ROCK YOUの番組宣伝。

加藤は、「音楽プロデューサーがすごいのは分かったけど、アーティストが0から1を生み出す凄さは別」などと話した。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月5日 放送
  3. 次回の放送