満天☆青空レストラン 今が旬のブランドガニ「ぼうぜがに」を特集!宮川も感動!

『満天☆青空レストラン』(まんてん・あおぞらレストラン)は、日本テレビ系列で放送されている、料理をテーマとしたグルメ・紀行・バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年2月3日(土) 18:30~19:00
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
18:30~

本日は、兵庫・姫路市で今が旬の瀬戸内海の恵みをいただく。ゲストにタイムマシーン3号を迎え、坊勢島へと向かった。坊勢島は、姫路市から南西 約18kmの沖合に浮かぶ島で、島民のほとんどが漁業じ従事しており、人口約2300人に対し坊勢漁港の漁船数は911隻。これは、1つの漁港に所属する漁船の数としては日本一。それだけこの辺りは漁場が豊かで水揚げされる魚介も多い。本日の名人・岡田達義さんと落ち合い、本日の食材がワタリガニと発表された。この近海で捕れるワタリガニは「ぼうぜがに」と言うそうで、メスのセリ値はキロ6千~7千円という兵庫県のブランド食材。特にこの季節は、メスガニが腹に抱える卵「内子」は絶品。

さらに、1本にえび8匹を使用している、神戸の名店が作るプリプリのえびソーセージも登場。

キーワード
坊勢漁港
富津
歯舞
水産庁
ワタリガニ
ぼうぜがに
内子
姫路市(兵庫)
坊勢島(兵庫)
千葉県
北海道
瀬戸内海
えび
えびソーセージ
神戸市(兵庫)

兵庫県 瀬戸内海でぼうぜがにを狙う! (バラエティ/情報)
18:35~

兵庫・坊勢島のブランドワタリガニ「ぼうぜがに」を求めて、漁場となる瀬戸内海東部の播磨灘へ。タラバガニや毛ガニが日本海やオホーツク海など北の海に生息するのに対し、ワタリガニは日本各地に幅広く分布し、餌の豊富な瀬戸内海にも多く生息している。水深30メートルほどの砂地に暮らし、移動するときは歩くのではなく、足をオールのように使って泳ぐ。出港から20分、ぼうぜがにがいるポイントに到着。ぼうぜがには、櫛状にたくさんの爪がついた「マンガ」という網で、海底をさらう底引き網漁で獲る。ワタリガニ以外にはオコゼやヒラメが獲れるそう。海水の温度が下がるとぼうぜがには砂の中に深く潜ってしまい獲りにくくなるが、この日はかなり冷え込む中での漁となり、最初のうちは爪や赤ちゃんしか獲れなかった。甲羅幅が18センチ以上なければぼうぜがのブランドは名乗れず、残念ながらこの日はタイムアップとなった。港に戻った一行は、名人から前に獲ったぼうぜがにを見せてもらい、メスを割って内子を試食させてもらった。内子を持つメスは、今の時期オスの約3倍の値が付く。

オススメの食べ方を地元の方に教えてもらう。まずは、名人の奥様が「蒸しがに」を調理。塩をふって蒸すだけ。蒸す間、船の上で名人が奥さんについて、フォルムが関太と同じくらいと話していたと暴露された。ぼうぜがにが蒸しあがり、内子を堪能。足の付け根には身がぎっしり。関は周りの目も気にせず殻を歯で割りながらかぶりついた。

衝撃のぼうぜがに料理!

キーワード
すみだ水族館
底引き網漁
ワタリガニ
ぼうぜがに
タラバガニ
毛ガニ
オコゼ
ヒラメ
内子
坊勢島(兵庫)
瀬戸内海
播磨灘
日本海
オホーツク海
蒸しがに

兵庫県 瀬戸内海でぼうぜがにを狙う! (バラエティ/情報)
18:46~

つづいて、ぼうぜがにの味噌汁を調理。ぼうぜがにのほか、丸ハギ(カワハギ)でダシをとった味噌汁が完成。味わった関は「海飲んでる」と感動。宮川は「カワハギいらん」とコメントし、山本浩司から「それはダメだ」とつっこまれた。

つづいては、ユ ヒソンさんがぼうぜがにを使った韓国料理「ヤンニョムケジャン」を調理。ケジャンには2種類あり、「カンジャンケジャン」は醤油で漬けるもの、今回調理する「ヤンニョムケジャン」は唐辛子で和える、いわばカニのキムチ。唐辛子、梅エキス、コチュジャン、醤油、魚醤、ニンニク、ショウガ、酒、砂糖を混ぜたタレに、タマネギも混ぜ、細かくしたカニを1日漬け込む。仕上げにごま油で風味を付けて完成。試食した関のメガネが曇り、「幸せになるとこれが出る」と話した。韓国ではケジャンのシメにご飯と和えて食べるのが定番だそうで、甲羅の中で内子などとご飯を混ぜて味わった。

つづいては、今 神戸で大人気の逸品を紹介。三ノ宮のイタリアンの名店「Tanto Piatto」の宮本永吉シェフが、予約3か月待ちという人気商品「えびソーセージ」を紹介。バナメイエビを使い、塩・砂糖・白ワイン・パセリなどを加え粗めに潰し、羊の腸に詰めてボイルしている。1本に対してエビが8匹ほど入っているそう。まずはそのまま試食した。このえびソーセージをさらに引き立てる特製ソースを調理。エビの殻を粉砕したものを、ニンジン、タマネギ、セロリ、白ワイン、トマトピューレなどと一緒に煮込み、旨味のエキスを丁寧に裏ごししたら、さらに煮詰めて生クリームで仕上げる。味わった宮川は「調子良かったら4メートルいける」とコメントした。

「えびソーセージ」を試してみたい方は、番組ホームページまで。「青空レストラン」で検索。

本日の乾杯料理「ワタリガニのリングイネ」を、宮本永吉シェフが調理。オリーブオイルでニンニク、鷹の爪を熱し、ぼうぜがにを投入。トマトソースを加え、塩コショウで味を調えたら、茹でたリングイネを絡め完成。

本日の乾杯料理「ワタリガニのリングイネ」で乾杯。関は番組を観る度に行きたいなと思うとし、「ぼうぜがには本当に今年の運使ったと思ってる」とコメント。山本も「僕ら今日 仕事納めです」と話した。

キーワード
ぼうぜがに
味噌汁
丸ハギ
カワハギ
ヤンニョムケジャン
内子
カンジャンケジャン
キムチ
大韓民国
Tanto Piatto
えびソーセージ
バナメイエビ
神戸市(兵庫)
三ノ宮(兵庫)
番組ホームページ
ワタリガニのリングイネ

次回予告 (その他)
18:57~

次回予告。来週は…千葉県 真っ赤な高級魚 オニカサゴ。ゲストはあばれる君。

キーワード
あばれる君
オニカサゴ
千葉県
  1. 前回の放送
  2. 2月3日 放送
  3. 次回の放送