世界一受けたい授業 2019年5月11日放送回

『世界一受けたい授業』(せかいいちうけたいじゅぎょう、英字表記:THE MOST USEFUL SCHOOL IN THE WORLD)は、2004年10月30日から、日本テレビ系列で毎週土曜日の19:56 - 20:54 (JST)に放送されている教育バラエティ番組。ハイビジョン制作。なお、通称は「せかじゅ」だが、普段はホームページやキャラクター(せかじゅーくん)でしか使われていない。また、一部新聞のテレビ欄では『世界一受けたい授業!!』と「!!」が入ることもある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月11日(土) 19:56~20:54
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
19:56~

今回の見どころを紹介。「相田みつをの長男が魅力を語る!」ほか。

超特急のタクヤと平泉成が自己紹介した。

キーワード
相田みつを

もっとあった!「ざんねんないきもの」第4弾! (バラエティ/情報)
19:57~

今回、かわいいけれどちょっぴり残念な動物の意外な生態を教えてくれるのは、「ざんねんないきもの事典」シリーズ全ての監修を手がける動物学者・今泉忠明先生。ボルネオ島に生息するテングザルは大きすぎる鼻が食事の時にとても邪魔。アフリカに生息するサーバルは、ネコ科で最大級の耳を持ち、土の中のネズミの音も感じ取れる聴覚を持つが、風が強いと狩りができなくなるという。今回は、来月発売の最新刊を先取りする。

6月7日発売の「アース:アメイジング・デイ 」DVD&Blu-ray告知テロップ。

“ざんねんないきもの”を紹介。コアラの1日の睡眠時間は約20時間だが、これは、ユーカリの猛毒を体内で解毒するのにたくさんのエネルギーを使うためだという。続いての動物は、オオハム。潜水がうまくできるよう足が体の後方についているため、陸上ではバランスが悪くユーモラスな歩き方になってしまうという。続いての動物は、メガネザル。頭蓋骨からはみ出すほど大きな目は自由に動かせないが、夜でも獲物を見つけられるという。そんなメガネザルの「目が大きすぎるせいでざんねんなこととは何か」という問題が出題され、スタジオ出演者が解答を発表した。

キーワード
高橋書店
ざんねんないきもの事典
アース:アメイジング・デイ
KADOKAWA
ボルネオ島
テングザル
サーバル
ドングリキツツキ
コアラ
オオハム
カモ
メガネザル
ユーカリ
青酸
タンニン

もっとあった!「ざんねんないきもの」第4弾! (バラエティ/情報)
20:05~

メガネザルは、目を傷つけないために狩りの時に目を閉じてしまうという。続いての生き物はドングリキツツキ。木に穴をたくさん開け、そこにドングリを詰めて保存しているが、そのドングリをリスに盗まれてしまうという。続いての生き物はナマケモノ。雨が続くと体が冷え、食べ物が消化吸収されなくなり、死んでしまうという。スタジオにはそんなナマケモノが登場。芦田愛菜や市來玲奈から与えられたエサは食べたが、タクヤと北斗晶から渡されたエサは食べなかった。続いての生き物はキンカジュー。花の蜜を食べるために長く発達した舌を持つが、リラックスすると舌が伸びてしまうという。最近ではペットとしても人気になっている。続いての生き物は、オランウータン。強いオスほどどうなるかという問題が出題され、出演者が解答を発表した。

キーワード
メガネザル
ざんねんないきもの事典
高橋書店
ドングリキツツキ
リス
ナマケモノ
キンカジュー
オランウータン
ドングリ

もっとあった!「ざんねんないきもの」第4弾! (バラエティ/情報)
20:14~

オランウータンは、強いオスほど顔が大きくなるという。これは、争いに勝つと男性ホルモンがより活発に出るため。顔まわりの肉はフランジと呼ばれる。

「世界一受けたい授業 THE LIVE 2019 もう一度恐竜に会える夏!」の告知をした。

キーワード
オランウータン
ざんねんないきもの事典
高橋書店
世界一受けたい授業 THE LIVE 2019 もう一度恐竜に会える夏!
山崎樹範
八嶋智人
  1. 前回の放送
  2. 5月11日 放送
  3. 次回の放送