世界一受けたい授業 2018年7月14日放送回

世界一受けたい授業(せかいいちうけたいじゅぎょう)は、日本テレビ系列で毎週土曜日の19:57 - 20:54 (JST)に放送されている教養バラエティ番組。2004年10月30日に放送開始。ハイビジョン製作、字幕放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月14日(土) 19:56~20:54
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
19:56~

今回は、落合博満先生に学ぶ「オレ流」才能を伸ばす方法。

有田哲平は、ゲストの波瑠と芳根京子に対し、「早まって告知すると怒られる。良きタイミングでチャンスを振るから告知して」などとアドバイスした。

キーワード
落合博満先生
トマト

1時限目 保健体育 (バラエティ/情報)
19:57~

このあと、正しい水の飲ませ方とは!

1時限目は「名探偵コナン君と推理!芸能人を襲った熱中症ミステリー」。毎年5万人以上が救急搬送され、多い時は1000人以上の死亡者が出る熱中症。帝京大学医学部附属病院・三宅康史医師は「梅雨明け直後、暑くなると若い方でも一発で熱中症になる」と話す。まずは、杉浦太陽が熱中症にかかった事例を紹介。杉浦は、冷房のスタジオ収録で一生懸命しゃべり過ぎたことで、脱水症状になったという。

救急医療のエキスパート・三宅康史先生と名探偵コナン君がスタジオに登場した。三宅先生は「人は1日呼吸するだけで300mlくらいの水分を失っている」と話した。

元読売テレビアナウンサーの川田裕美は、アシスタントをしていたミヤネ屋で大阪マラソンに参加することになり、5時間を切ることを目標に掲げた。そこで、川田は半年前から猛特訓。当日は晴れて気温は26℃まで上がったため、川田は直射日光の熱から肌を守る服装をし、水分補給も行ったという。しかし、30キロを過ぎた時点から体調に異変が起き、途中で嘔吐。気力で走りきり5時間を切る好タイムでゴールしたものの、自力では歩けず、水分補給とアイシングでなんとか回復したという。ここで、「原因は水分不足。マラソン中(?)が嫌で熱中症に」という問題が出題された。北斗晶は24時間テレビで走った経験から「トイレが嫌だったのでは」と回答。これが正解で、「トイレ休憩が嫌で水を飲まないようにしていた」だった。

伊集院光が熱中症患者役になり、菊池風磨らがそれぞれ考えた「正しい水の飲ませ方」を披露した。

キーワード
熱中症
猛暑日
総務省消防庁
気象庁
梅雨
帝京大学医学部附属病院
人口動態統計
名古屋(愛知)
脱水症状
2018年 24時間テレビ
宮根さん
読売テレビ
ミヤネ屋
大阪マラソン
2012年 24時間テレビ

1時限目 保健体育 (バラエティ/情報)
20:07~

三宅康史先生が、熱中症の応急処置としての「水の正しい飲ませ方」を紹介。正解は「自分で飲ませる」で、自分で飲んでもらうことで意識があるかの確認にもなり、もし飲めなかったり、むせてしまう場合は熱中症としては重症のため、病院に行く必要があるという。さらに、無理やり飲ませると、気管に入って窒息する可能性があると話した。

内山信二の熱中症体験談を紹介。

キーワード
熱中症

2時限目 家庭科 (バラエティ/情報)
20:13~

このあと、ある夏野菜だけ!スープ。

2時限目 家庭科 (バラエティ/情報)
20:21~

このあと、心を整える趣味とは!!

3時限目 特別授業 (バラエティ/情報)
20:31~

このあと、一流になる近道とは?

  1. 前回の放送
  2. 7月14日 放送
  3. 次回の放送