世界一受けたい授業 今からやる花粉症対策!2分で解消鼻づまり

『世界一受けたい授業』(せかいいちうけたいじゅぎょう、英字表記:THE MOST USEFUL SCHOOL IN THE WORLD)は、2004年10月30日から、日本テレビ系列で毎週土曜日の19:56 - 20:54 (JST)に放送されている教育バラエティ番組。ハイビジョン制作。なお、通称は「せかじゅ」だが、普段はホームページやキャラクター(せかじゅーくん)でしか使われていない。また、一部新聞のテレビ欄では『世界一受けたい授業!!』と「!!」が入ることもある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年1月28日(土) 19:56~20:54
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
19:56~

堺正章によるタイトルコール。ゲストの天海祐希は工事現場の監督になって欲しい女性タレント1位だという。ちなみに2位は北斗晶、3位は和田アキ子。

オープニング映像。

キーワード
北斗晶
和田アキ子

1時限目 保健体育 (バラエティ/情報)
19:56~

今から行う花粉症対策を紹介、2分で鼻づまり解消!?花粉症対策として効果的なのは皮膚の保湿、花粉が皮膚から侵入することにより目のかゆみなどを引き起こす。教えてくれるのはJCHO東京新宿メディカルセンターの石井正則先生。

石井正則先生が花粉症の新常識を紹介。いま花粉症ではない人でも、イライラしやすい人は花粉症になる可能性があるという。

このあと、症状が軽くなる方法!

キーワード
花粉症
JCHO東京新宿メディカルセンター

1時限目 保健体育 (バラエティ/情報)
20:02~

石井先生が花粉症の新常識を紹介。いま花粉症ではない人でも、イライラしやすい人は花粉症になる可能性があるという。イライラすると年齢に関係なく加齢臭が発生、これによりハウスダストの原因であるダニが体に集まってくる。ハウスダストの抗体を持っている人の8割が、スギ花粉症の抗体を持っていることがわかっている。つまり、ハウスダストアレルギーの人は花粉症になりやすい。

小さくなった花粉が原因で花粉症の重症患者が増加している。王青躍の研究によると通常の花粉は髪の毛の3分の1ほどの大きさだが、PM2.5の影響で花粉自体が壊れ小さくなる。市販の点鼻薬の多くには血管収縮剤が入っており、血管を縮めることで鼻づまりを一時的に抑えるが、使いすぎると腫れ上がるリバウンド現象が起こる可能性がある。

花粉症対策1つ目は今の時期から薬を飲み始めること。これにより花粉症の症状が小さくなる。2つ目は花粉症の症状を抑える食材を摂取すること。

このあと、症状を抑えるイチオシ野菜!

キーワード
花粉症
ハウスダストアレルギー
埼玉大学
PM2.5
王青躍准教授

1時限目 保健体育 (バラエティ/情報)
20:12~

花粉症の症状を抑えるイチオシの野菜がレンコン。花粉が体内に入るとIgEという抗体ができ、IgEの量が多いほど鼻詰りなどの症状が悪化する。レンコンに含まれるポリフェノールにはIgEを抑制する働きがあり、和合治久教授の研究により明らかになった。更にレンコンは乳酸菌と共に摂取すると高い効果が期待できる。レンコンを皮ごとすりおろし、甘酒に混ぜて飲むと良い。

石井先生が鼻づまりの解消法を紹介。椅子に座って肩の力を抜き、うつむいて目をとじる。頭の後ろのでっぱりから指4本分したの場所を2分ほど押すと鼻の通りが良くなる。お子さんの場合は髪の生え際に41度のシャワーを2分あてる。

「視覚探偵 日暮旅人」の番組宣伝。

キーワード
花粉症
IgE
レンコン
ポリフェノール
埼玉医科大学
和合治久教授
レンコン入り甘酒
乳酸菌

2時限目 家庭科 (バラエティ/情報)
20:17~

家庭でできる絶品フランス料理を紹介。教えてくれるのは「カンテサンス」の三ツ星シェフの岸田周三先生。カンテサンスではメニューを設けておらず、おまかせコースのみを提供。そのため、食材のおいしさがピークの状態で作った最高の料理が味わえる。

岸田周三シェフがフランス料理について解説。家庭で料理をする際に拘ってほしいのが調味料、塩にこだわるだけでも料理のクオリティーが上がる。有田哲平が塩とオリーブオイルを味わうための「山羊乳のババロア」を味わった。

岸田シェフが前菜を紹介。取り出したのは根セロリ、これを使って「根セロリとリンゴのサラダ」を作る。チーズおろしをつかって千切りにし、青リンゴも皮ごと千切りにする。赤玉ネギをみじん切りにし、調味料を混ぜる。盛り付けてくるみを乗せれば完成。

このあと、メインディッシュ&デザート。

キーワード
カンテサンス
山羊乳のババロア
根セロリ
根セロリとリンゴのサラダ

2時限目 家庭科 (バラエティ/情報)
20:27~

岸田シェフがメーンディッシュを紹介。ホウボウを使って「ホウボウのポワレ カリフラワー添え」を作る。ポイントはホウボウを大きいまま焼くこと、これにより火が入りすぎず本来の味を引き出せる。ソースはほうれん草を使用、ミキサーで液体状にしてから沸騰させしっかりとこす。アサリ出汁とバター、油などを加えてミルミキサーで混ぜる。お皿に盛り付ければ完成。

岸田シェフがデザートを紹介、「チョコレートスフレ」を作る。卵白・砂糖・レモン汁を混ぜてメレンゲを作る。溶かしたチョコレートとメレンゲを混ぜ、オーブンで加熱すれば完成。今回は仕上げにドライフルーツとナッツを乗せた。

天海祐希が出演する映画「恋妻家宮本」の告知。

キーワード
ホウボウのポワレ カリフラワー添え
ホウボウ
チョコレートスフレ
恋妻家宮本

3時限目 社会 (バラエティ/情報)
20:33~

2016年11月8日、福岡市で大規模な陥没が発生。この陥没はわずか1週間で通行再開にこぎつけた。陣頭指揮をとったのが福岡市長の高島宗一郎先生、福岡市長としては史上最年少の36歳で初当選した。福岡市は今や世界中から注目、人口増加率5.1%は東京の3.7%より高い。そんな福岡市の取り組みを紹介。

高島宗一郎先生が福岡市の取り組みについて紹介。市は毎年アンケートを実施、「住みやすい」と答えた人は95.8%、理由の1つに中心部から国際空港が近いことがある。更に平均の通勤時間が短いこと、理由は家賃のやすさ。昨年10月から「ファミちかきっぷ」というサービスを開始、1家族1000円で1日電車が乗り放題、大人は2人まで子どもは何人でもOK。ちなみに先生は元アナウンサー、そこから政治家となった。

ゲストの永瀬匡が福岡市の住みやすさを調査する。真夜中に訪れたのは住宅街、ここではゴミの夜間収集が行われていた。市民の97.3%が満足している取り組みで、元々は朝の交通渋滞緩和が目的だった。更にカラスの被害が減り、街の見回りも兼ねているため防犯につながると大好評。戸別収集が行われているため、家の前に置いておけば良い。夜間収集の問題は騒音、作業員は大きな声が出せないため、収集車の後ろに集音マイクで運転手とやり取りする。

永瀬匡が続いて訪れたのは保育施設。ここでは働くお母さんが喜ぶサービスを行っている。

キーワード
福岡市(福岡)
スタートアップカフェ
福岡空港
ファミちかきっぷ

3時限目 社会 (バラエティ/情報)
20:46~

永瀬匡が福岡市の住みやすさを調査する。永瀬匡が訪れたのは保育施設、こちらは病気の子どもを預かる病児保育施設だった。通常の保育園は病気の子は預かって貰えないが、この保育施設では朝8時半~午後5時半まで2000円で利用できる。部屋が仕切られているため感染症対策をしている。何より安全なのが小児科が併設していること、体長が悪化しても安心。

福岡市は創業特区として若者が起業しやすい。フランス人のトマさんとヤスミンさんも起業、2人によると生活コストが安く会社の家賃補助や法人税の減税などの支援が充実しているのだという。一番の理由はスタートアップビザ、外国人が会社を作るのに必要な資本金などの条件を特例的に緩和している。更に世界に向けて力を入れているのが国際会議の誘致、2015年の開催件数は363件、これは7年連続で政令指定都市の中で1位。これより海外から訪れた人の宿泊費や飲食費などで経済が潤っている。

キーワード
福岡市(福岡)
スタートアップビザ

エンディング (その他)
20:52~

「世界一受けたい授業」の次回予告。

番組ホームページの告知。

キーワード
世界一受けたい授業ホームページ
  1. 前回の放送
  2. 1月28日 放送
  3. 次回の放送