所さんの目がテン! 2016年1月10日放送回

『所さんの目がテン!』(ところさんのめがテン!)は、日本テレビ系列(一部地域除く)で1989年(平成元年)10月1日から放送されている、科学・自由研究を中心とした生活情報教養番組。所ジョージの冠番組。通称は「目がテン!」「目テン!」。ステレオ放送、文字多重放送、2006年10月1日よりハイビジョン制作(一部地域を除く)を実施している。2013年4月7日現在の放送回数は1172回を記録した。画像外部リンク 番組ロゴ 日本テレビ公式サイト

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年1月10日(日) 7:00~ 7:30
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
07:00~

オープニング映像。

所さんが「刑事コロンボ」のものまねコントをやる。

コントを見ていたさかなクンが変装のフードを外して登場、イカとタコは似ていても違うなどと話した。

新企画紹介。日本各地でみつかったミステリーを科学者が実際に現地に出向き科学の視点でミステリーを解明する企画「ミステリージャーニー」が始まる。今回の舞台は北海道函館。今全国で一番人気の函館。三人の科学者が朝市のミステリー、一人が夜景のミステリーに迫る。

オープニングトーク。今回の目的地である函館について話した。

キーワード
北海道新幹線
函館(北海道)
刑事コロンボ

科学者たちが迫る!函館ミステリージャーニー (バラエティ/情報)
07:03~

観光客から大絶賛される函館の夜景は、世界的権威のあるミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでも三ツ星を獲得している。そんな函館の夜景のミステリーに東京大学名誉教授の篠原修先生と迫る。夜景には角度が密接に関係していて、函館山の夜景の中心は全てマイナス10度となっていて、そのマイナス10度なのが綺麗であるポイント。NASAのデータから、マイナス10度は人間がナチュラルに最も自然に見る角度である。

「自然な状態でどの角度の絵に視線が集中する?」を実際に実験をし、どの角度が一番見やすいか調べた。結果、10人中8人がマイナス10度の絵が見やすいという結果が出た。

スタジオトーク。マイナス10度が一番見やすいという話をした。

NEXT「大人気函館朝市!お得なお買い物を徹底解明」

キーワード
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン
函館(北海道)
篠原修先生
函館山

科学者たちが迫る!函館ミステリージャーニー (バラエティ/情報)
07:13~

函館朝の人気スポット朝市のミステリーに迫る。野菜から魚介類まで取り扱い、観光客に人気の朝市。観光客にインタビューすると、同じような店が多くどこに行けばいいかわからないと話していた。3人の教授たちとこのミステリーに迫る。

スタジオトーク。エビングハウス錯視について話した。

NEXT「経済学&栄養学 タメになる土産の買い方!」

キーワード
エビングハウス錯視

科学者たちが迫る!函館ミステリージャーニー (バラエティ/情報)
07:23~

経済的観点からお得感が増す方法を紹介。100グラム2800円でうにをかってきた先生。消費者余剰の観点から4割引とのこと。消費者余剰とは消費者が事前に払っても良いと感じる価格から実際に支払った価格を差し引いた差額で私達がお得と感じた程度を測るもの。先生が事前にデパ地下などで価格調査したところ、5000円だったので5000円払っても良いと考えていた。しかし、実際は2800円だったのでお得感があった。

栄養学的観点でのお買い物を紹介。先生は真昆布とホッケのセットを購入。真昆布とホッケは旨味の相乗効果がある。旨味の相乗効果は旨味のグルタミン酸とイノシン酸の2つを同時に摂取した時旨味が相乗的においしくなること。

絶品のホッケ昆布茶漬けを紹介。旨味の相乗効果で大変美味しくなる。スタジオで実際に食べる。

キーワード
ホッケ
真昆布

エンディング (その他)
07:28~

次回予告「ドッキリの科学」

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月10日 放送
  3. 次回の放送