所さんの目がテン! 2014年9月7日放送回

『所さんの目がテン!』(ところさんのめがテン!)は、日本テレビ系列(一部地域除く)で1989年(平成元年)10月1日から放送されている、科学・自由研究を中心とした生活情報教養番組。所ジョージの冠番組。通称は「目がテン!」「目テン!」。ステレオ放送、文字多重放送、2006年10月1日よりハイビジョン制作(一部地域を除く)を実施している。2013年4月7日現在の放送回数は1172回を記録した。画像外部リンク 番組ロゴ 日本テレビ公式サイト

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年9月7日(日) 7:00~ 7:30
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
07:00~

オープニング映像。

古くから日本人に愛され続けてきた丼。今回の目がテンは、丼と定食の食べ方の違いを検証するなど、おいしい丼の魅力を科学していく。

本当に実在する珍しい丼をモザイクが薄れていく映像を見ながら当ててもらうクイズを出題。喜多方ラーメン丼と小倉丼が出された。

キーワード
牛丼
カツ丼
海鮮丼
喜多方ラーメン丼
小倉丼

丼の科学 (バラエティ/情報)
07:04~

丼と定食のどちらの食べ方が美味しいのかを街頭インタビューすると、18対2と丼が圧倒的に人気であった。こうなった結果について東京歯科大学の澁川義幸さんが、器に口を付けて書き込んで食べるスタイルにおいしさのポイントがあることなどを話した。

このあと「丼 vs 定食 食べ方に驚くべき違いが!」

キーワード
東京歯科大学

丼の科学 (バラエティ/情報)
07:09~

かつや 松戸古ヶ崎店に協力してもらい、丼は集中して食べるからおいしいのかを実験。目の前の席で仕掛け人がいちゃいちゃしているなか、メニューに無いカツ煮定食とカツ丼を提供してみると、丼のほうが集中して食べられていたという結果になった。この結果について東京歯科大学の澁川義幸さんが解説した。

料理をほとんどつくったことのないユージが牛丼を作って被験者に牛丼の美味しさを値段で評価してもらう。そのまま料理を提供した場合と、同じ牛丼に専門家のアドバイスで秘策を施したものを比較すると、秘策ありのほうが平均価格200円アップという結果になった。

キーワード
カツ丼
東京歯科大学
カツ煮定食
牛丼

丼の科学 (バラエティ/情報)
07:20~

料理をほとんどつくったことのないユージが牛丼を作って被験者に牛丼の美味しさを値段で評価してもらう。そのまま料理を提供した場合と、同じ牛丼に専門家のアドバイスで秘策を施したものを比較すると、秘策ありのほうが平均価格200円アップという結果になった。今回の結果を生んだ秘策とは器を変えることであった。そのポイントについてフタの有無や、器の色について東京バイオテクノロジー専門学校の宮ノ下いずるさんが解説した。

秘策ありとなしの牛丼で平均価格に差が生じた結果についてスタジオ解説。青色は食材に無い色で食欲減退作用があるが、茶系の食材を盛る場合は反対の色となる青い器を使うと彩りが良くなり美味しく感じる。ただし、青100%の器では違和感を感じることとなる。戸板女子短期大学の川嶋比野先生の調査結果では青の面積が約40%の場合、食材の彩りが良くなり食欲が増していた。

丼に欠かせない卵とじの美味しさの秘密について東京家政大学の峯木眞知子さんが、卵は他の材料と混ざりやすいので熱で固めると具や割下などが一緒になって美味しくまろやかに感じると話した。しかし、家庭で作ると卵が分離してしまいうまくつくることができない。そこで、プロの卵とじの技を鳥ふじ(東京・中央区)の親子丼を参考に森保雄さんに教えてもらった。

安い食材でも卵とじにすれば美味しくなるのかを検証。缶詰を使用したさんまの蒲焼缶詰卵とじ丼とイカの缶詰卵とじ丼をスタジオ試食してもらうとイカの缶詰卵とじ丼が好評であった。

キーワード
牛丼
東京バイオテクノロジー専門学校
川嶋比野先生
東京家政大学
親子丼
中央区(東京)
さんまの蒲焼缶詰卵とじ丼
イカの缶詰卵とじ丼

エンディング (その他)
07:28~

エンディングテーマ:「ベクトル」所ジョージ(avex trax)

「所さんの目がテン!」の次回予告。

キーワード
ベクトル
  1. 前回の放送
  2. 9月7日 放送
  3. 次回の放送