所さんの目がテン! 2014年7月6日放送回

『所さんの目がテン!』(ところさんのめがテン!)は、日本テレビ系列(一部地域除く)で1989年(平成元年)10月1日から放送されている、科学・自由研究を中心とした生活情報教養番組。所ジョージの冠番組。通称は「目がテン!」「目テン!」。ステレオ放送、文字多重放送、2006年10月1日よりハイビジョン制作(一部地域を除く)を実施している。2013年4月7日現在の放送回数は1172回を記録した。画像外部リンク 番組ロゴ 日本テレビ公式サイト

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年7月6日(日) 7:00~ 7:30
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
07:00~

オープニング映像。

きょうは「カフェの科学」、おしゃれなコーヒーチェーン店を特集。「コメダ珈琲店 三鷹上連雀店」などの映像を紹介した。

出演者挨拶とトーク。カフェのカウンターを模したスタジオで、酒井善史がメニューの注文に役立つという「カスタムオーダースロット」を紹介。コーヒーの種類やトッピングをルーレットがランダムで決めてくれ、順番に読み上げると通っぽく注文できるという。

キーワード
カフェ

カフェの科学 (バラエティ/情報)
07:04~

カフェで最近増えているという、オフィスを持たずに仕事をする「ノマドワーカー」のスタイルを紹介。「タリーズコーヒー 新宿コクーンタワー店」「モリバコーヒー 渋谷円山町店」などから、働く社会人の姿を紹介した。心理学者は、静かな自宅よりも周囲に人がいたほうが作業の効率が良くなると話す。実験ではひらがなの書き取りを1人と複数人の環境で行ってもらったところ、作業効率の向上が見られた。

「人が大勢いる場所の中で特に作業がはかどるのは?」を実験。江戸川大学の協力のもと、部室・図書館・カフェでアイデア発想力の求められる作業を大学生に実施してもらった。

キーワード
カフェ
ノマドワーカー
江戸川大学

カフェの科学 (バラエティ/情報)
07:11~

カフェの効用を振り返ってトーク。アイデアや発想を生み出しやすいとの情報について、「あまちゃん」の脚本家・宮藤官九郎も脚本をカフェで書いていたなどと紹介した。

カフェの利用目的では「リラックス」が一番多く、背景にはコーヒーの香りがリラックス効果を高めることがあるという。実験として、ストレスのたまる作業を行ったあとコーヒーの香りを与えて唾液のストレスで増えるホルモンを測定した。コーヒーの香りを使わない実験では、5分間の休憩後もストレス度の低下はほとんどなかったという。

「人が大勢いる場所の中で特に作業がはかどるのは?」を実験。江戸川大学の協力のもと、部室・図書館・カフェでアイデア発想力の求められる作業を大学生に実施してもらった。カフェでの作業は他の2つの場所の倍近い効率を記録し、適度な騒がしさ・知っている人がいないことなどがプラスに働いたという。

キーワード
カフェ
コーヒー
江戸川大学
あまちゃん
宮藤官九郎

カフェの科学 (バラエティ/情報)
07:20~

コーヒーのリラックス効果を実験。ストレスのたまる作業を行ったあとコーヒーの香りを与えて唾液のストレスで増えるホルモンを測定した。5分間の休憩中に鼻先にコーヒーを置いたところ、ストレス度は急激に低下したという。専門家によると、香りには本能に働いて敵や味方を見分ける効果があり、適切な香りはリラックスを生むという。

コーヒーのリラックス効果に関連して、人間に求められるリラックスの必要性を専門家が解説。人間には自律神経やホルモンなどストレスに対抗する手段があるが、過度のストレスに人間は耐えられずリセットが求められるという。

コーヒーには他にも健康効果があるという。富山大学は認知症の改善効果があるという「トリゴネリン」の効能を実験で証明、脳内の神経細胞をつなぎ直して認知症を予防する効果があるという。高温で長時間焙煎すると失われることから、アメリカンコーヒーなどがおすすめだそう。

トリゴネリンを多く含むというアメリカンコーヒーがスタジオに登場。浅い焙煎のコーヒーを飲むことが重要といい、濃いコーヒーを薄めてアメリカンにしたものでは効果が期待できないという。さらに多く含むものは焙煎していない生の豆で作ったコーヒーだが、試飲するとコーヒーの味はせず豆のスープのような味となった。

キーワード
コーヒー
トリゴネリン

エンディング (その他)
07:28~

エンディングテーマ:「ベクトル」所ジョージ(avex trax)

所さんの目がテン!の次回予告。

キーワード
ベクトル
  1. 前回の放送
  2. 7月6日 放送
  3. 次回の放送