所さんの目がテン! 2014年1月26日放送回

『所さんの目がテン!』(ところさんのめがテン!)は、日本テレビ系列(一部地域除く)で1989年10月1日から放送されている、科学・自由研究を中心とした生活情報教養番組。所ジョージの冠番組。通称は「目がテン!」「目テン!」。ステレオ放送、文字多重放送、2006年10月1日よりハイビジョン制作(一部地域を除く)を実施している。2013年4月7日現在の放送回数は1172回を記録した。画像外部リンク 番組ロゴ 日本テレビ公式サイト

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年1月26日(日) 7:00~ 7:30
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
07:00~

オープニング映像。

「Shin-Washoku 到 東池袋店」など、立食形式のお店が増えている。オムライスの「スナックパーク 玉子丸 阪神梅田本店」も立ち食い。今回は今までのイメージでは語れない、立ち食い・立ち飲みの科学。

キーワード
立ち飲み
立ち食い

立ち食い立ち飲みの科学 (バラエティ/情報)
07:01~

立ち食いの歴史は、一節によると酒屋さんが樽酒を小売にしてその場で飲ませたことが始まりと言われている。飲食業界に詳しい、FOOD STADIUM編集長・佐藤こうぞうさんは「最近の特徴は高級な食材を安く提供できる」とコメント。「俺のフレンチ EBISU」は立ちスタイルのお店で行列ができる人気店で、看板メニューには「牛フィレとフォアグラのロッシーニ」がある。値段は1280円。シェフ ニコラ・シュヴロリエさんはイスがあると客さんがお店に入れる人数が半分程度に減ってしまうという。

イスのあるなしで差があるのか、「立呑処 やまとや」で実験。イスで着席すると17人入店出来たが、立ち飲みスタイルでは32人も入店可能だった。スペースを効率よく使い、利益を出せるという。「俺のフレンチ EBISU」では、40人で満席の店舗に、一晩で最大240人が入店したことがあるそうだ。

所ジョージらが立ち飲みに関する寸劇を披露。新実験プレゼンター・酒井善史が立ち飲みが即座にできる発明品などを紹介した。机を抱えるスタイルの発明品で立ち飲み・立ち食いができる。

30代から50代の男性3名に協力していただき、立ち食いをして疲れないか検証した。座って1時間、食事を楽しみ、その後血液から疲労の原因物質を採取。これは運動などを行い、体に負荷がかかった時に体内に出てくる物質。翌日、立って1時間食事をとって貰った。3人とも疲れを感じていないという。3人とも疲労物質がたくさん検出されたが、一体どういうことなのか。

キーワード
立ち飲み
立ち食い
FOOD STADIUM
牛フィレとフォアグラのロッシーニ

立ち食い立ち飲みの科学 (バラエティ/情報)
07:11~

「六花界」では「オープンして4年で56組のカップルが付き合った」とオーナーの森田隼人さんが明かした。新実験プレゼンターの酒井善史が、立ちスタイルのお店に乗り込み、女性客に声をかけ仲良く慣れるかという実験を行った。酒井は京都を拠点に活動する小劇場出身の役者で、見知らぬ女性に声をかけたことなんてないという。比較のため、「Kawara CAFE&DINING 銀座」で座りスタイルの女性客に声をかけてもらった。しかし緊張からか声をかけられず終了。気を取り直して「Cafe&Dining ballo ballo 銀座」にて挑戦。しかし成功しなかった。そして立ちスタイルのお店「立喰酒場 buri」へ。

立って食べた方が、疲労の原因物質の量は多いが、実験した3人は疲れていないという。大阪市立大学 大学院 医学研究科 疲労医学講座・梶本修身特任教授は「人間は意欲とか達成感を司る前頭葉が発達し、楽しいという気持ちが前面に出ることで疲労感を感じにくくなってしまう。」という。

UeCONA田町店でどんな立ち方をして立ち飲みをしているのか、調査した。1人30分程度の立ち方動画を50人分撮影。4つの立ち方パターンを発見した。「仁王立ち型」「軸足入れ替え型」「クロス型」「ひじ置き型」があり、「クロス型」が特に多かった。人間工学の専門家、流通経済大学 流通情報学部の関宏幸教授は、「重心が安定する立ち方」が疲れにくく良いとコメント。特に「仁王立ち型」と「ひじ置き型」が重心がぶれていなく安定していたが、「ひじ置き型」は上肢筋の疲労が見られた。その結果、最も体に負担をかけない立ち方は「仁王立ち型」だった。酒井は「仁王立ち型」→「軸足入れ替え型」または「クロス型」→「ひじ置き型」が一番疲れにくいと提案した。

キーワード
ヨーロッパ企画
立ち飲み
立ち食い
大阪市立大学大学院
流通経済大学

立ち食い立ち飲みの科学 (バラエティ/情報)
07:23~

立ち飲みだと仲良く慣れるのか、「立喰酒場 buri」で酒井が実験スタート。相手の女性から質問があったので実験成功。女性は「人と話す人が立ち飲みにくるのかもしれない」と語った。続いて別の立ちスタイルのお店「Standing Wine Bar Q」でも実験。お料理を分けてもらい、写真撮影までして仲良くなった。目白大学 大学院心理学研究科 社会学部 社会情報学科・渋谷昌三教授は、座って話をする場合は相手と目線を合わせながら話すということで緊張感が高い。しかし立つ場合は視線を合わせなくても会話ができるので、気楽な状態で話ができるという。

酒井は実験した立ち飲みのお店、5組全員と楽しく会話が出来たという。座って食事した時の30分の会話量と立って会話した時の会話量を比較。ほぼ3倍になっていた。立ちスタイルは店側もたくさんの人をいれたいというので、親密度があがるという。

キーワード
立ち飲み
立ち食い

エンディング (その他)
07:28~

所さんの目がテン!の次回予告。次回は「冬太りを防ぐ科学」。冬と太りやすさの関係を徹底調査する。

所さんの目がテン番組ホームページ告知。

エンディングテーマ:「ベクトル」所ジョージ(avex trax)

キーワード
目がテン
ベクトル

スポット

グルメ

Shin-Washoku 到 東池袋店
立喰酒場 buri
UeCONA田町店
スナックパーク 玉子丸 阪神梅田本店
いきなり!ステーキ 銀座4丁目店
Standing Wine Bar Q
銀座 しまだ
俺のフレンチ EBISU
立呑処 やまとや
Kawara CAFE&DINING 銀座
UeCONA 田町店
Cafe&Dining ballo ballo 銀座
六花界

情報/通信

avex trax
  1. 前回の放送
  2. 1月26日 放送
  3. 次回の放送