所さんの目がテン! 2012年9月22日放送回

『所さんの目がテン!』(ところさんのめがテン!)は、日本テレビ系列(一部地域除く)で1989年10月1日から放送されている、科学・自由研究を中心とした生活情報教養番組。所ジョージの冠番組。通称は「目がテン!」「目テン!」。ステレオ放送、文字多重放送、2006年10月1日よりハイビジョン制作(一部地域を除く)を実施している。2013年4月7日現在の放送回数は1172回を記録した。画像外部リンク 番組ロゴ 日本テレビ公式サイト

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年9月22日(土) 17:00~17:30
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
17:00~

オープニング映像。

大阪人がせっかちな理由や、ノリの良さなどについて紹介する。

所ジョージたちが女性に扮し、NON STYLE石田明に無茶振りを行った。

大阪人はノリがいい?老若男女を徹底調査! (バラエティ/情報)
17:04~

このあと、実験で明らかに!

ユージが、大阪人のノリの良さを調査した。手で銃を作り、街中でバーンとすと、大阪人はうちかえしてきたり、撃たれた降りをしたりしてくれた。また、ノリツッコミを街中で行うと、必ずこたえてくれた。

石田は、小学生からノリツッコミを行なっていたとコメントした。

長居プールでノリの良さを調査すると、最年少は5歳時までノリツッコミをしてくれた。

筒井家にカメラをしかけて調査すると、母がボケると子供が総ツッコミをしてきた。前垣和義はこれに対して、大阪弁が柔らかいため横に並んでいるような感じになるとコメントした。

筒井家の様子を見直すと、言葉の語尾に「ん」などをつけるため、ノリの良さがあった。

大阪は商人のまちで、同じ身分の人が多く対等な立場でものを言う言葉が発達した。東京で聞いた大阪人のイメージは、せっかちでノリがよく、とりあえず値切るだった。

キーワード
奈良
静岡
大阪
マツコ・デラックス
相愛大学 現代大阪文化コース

大阪人はノリがいい?老若男女を徹底調査! (バラエティ/情報)
17:13~

ユージが梅田を歩いていると、歩行者信号に青になる前5秒毎にカウントがされている。10秒のあとには5秒表示されず、そのまま青に変わる理由は、ギリギリまでカウントするとゼロと同時にダッシュする人がいるからである。

大阪と東京で、動く歩道で何人動いているのかを調査した。東京では歩いた人59人、止まった人41人だった。大阪では、歩いた人98人、止まった人2人の結果になった。前垣和義は、大阪人は無駄な時間は使うな、という育てられ方をされたので止まらないとコメントした。

東京と大阪で、アイマスクとみみせんをして1分待ったと思ったらストップを押す実験を行った。東京は25人中、16人1分待てたが、大阪は25人中8人だった。

石田は、大阪はカップ麺の3分が待てないために早く食べてしまうが、それを「硬めが好き」と言い訳をすると話した。そのせっかちなが発祥のものとして、自動改札機や回転寿司、一括コイン投入券売機があると紹介した。

アイマスクとみみせんをして1分ちょうどにストップを押すと景品がでる、と言われると大阪人は1分ジャストにストップを押せた。10人で試すと、7人以上がストップを押せた。

石田は、景品が出ると1分ぴったりに押せることを言われると恥ずかしいとコメントした。また、スーパーが閉店直前に値切られるため大阪人は待つことはできると続けた。

とり菜で大阪人が値切るかを撮影すると、お客はほとんど値切っていった。これ対して 前垣和義は、値切ることがコミュニケーションとして楽しんでいるとコメントした。

東京と大阪で、裸のトイレットペーパーを個性制限なしで100個設置する実験を行った。東京はためらう人が多く、72分で100個なくなった。大阪は、設置するや否や人だかりになっていく。

キーワード
梅田(大阪)
大阪
東京
相愛大学 現代大阪文化コース

大阪人はノリがいい?老若男女を徹底調査! (バラエティ/情報)
17:26~

大阪では大量にトイレットペーパーを持っていく人がおり、インタビューすると書いてあったから10個持っていったとコメントした。また、30分で100個すべて亡くなった。

石田は、持って帰らないほうがアホやとコメントした。また、所ジョージやユージはそのあと持っていくのが面倒くさいとコメントした。

エンディング (その他)
17:28~

次回は行列についてお送りする。

  1. 前回の放送
  2. 9月22日 放送
  3. 次回の放送