所さんの目がテン! 2012年8月4日放送回

『所さんの目がテン!』(ところさんのめがテン!)は、日本テレビ系列(一部地域除く)で1989年10月1日から放送されている、科学・自由研究を中心とした生活情報教養番組。所ジョージの冠番組。通称は「目がテン!」「目テン!」。ステレオ放送、文字多重放送、2006年10月1日よりハイビジョン制作(一部地域を除く)を実施している。2013年4月7日現在の放送回数は1172回を記録した。画像外部リンク 番組ロゴ 日本テレビ公式サイト

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年8月4日(土) 17:00~17:30
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
17:00~

子どもたちに1番苦手な夏休みの宿題を聞いたところ、多くが「絵の宿題」と答えた。そこで今回は、絵が上手になる方法を徹底検証する。

教師に扮した所ジョージが、学生役のユージらに絵を描かせるというコントを披露した。

キーワード
絵心

絵心 (バラエティ/情報)
17:04~

絵心に自信がない5人と美大生5人に、「パンダ」というお題で記憶を頼りに絵を書いてもらう実験を実施。結果、上手く特徴を捉えて描いた美大チームに対し、絵心に自身ないチームはパンダの模様がバラバラになっていたりした。

キーワード
絵心

絵心 (バラエティ/情報)
17:09~

絵を描くことが苦手な人について、前田基成教授は、「絵が苦手な人の特徴は、記憶のイメージが大まかな特徴、形しか掴んでいない」と解説し、絵心が記憶イメージの詳細さに起因していることを指摘した。

絵心のない5組の親子に、制限時間30分で風景画を描いてもらうという実験を実施。その結果、絵心のない大人の中には、子どものような幼い絵を描く人がいることがわかった。絵心のない人の絵が幼く見える理由について、前田基成教授は、「絵心のない人は風景を見たとしても、目の前にあるものをそのまま描くのではなく、シンボル化された頭の中にあるイメージを無意識に描いてしまう」と指摘。シンボル化された絵は、幼児期から小学校低学年の子どもがよく描くという。

屋嘉部正人さんが、股の間から逆さまに風景を覗きこんだまま絵を描くことで、シンボル化した絵から脱却できると指摘。これを実践した絵心のない親子5組は、自分でも驚くほど絵の変化を実感しあtという。

キーワード
絵心

絵心 (バラエティ/情報)
17:20~

普通に描いた絵と、股のぞきで描いた絵を比較したところ、後者の場合シンボル化が消えていることがわかった。その理由について屋嘉部正人さんは、「絵が苦手な人は左脳で描いていることが多く、(絵を)脳に蓄えているいつものシンボルに置き換えようとしている。しかし逆さまに景色を見ると、脳が混乱するため、右脳にスイッチが入ってそのままの景色が写せる」と指摘した。。

似顔絵アーティスト・小河原智子先生がスタジオに登場。小河原先生は、似顔絵をうまく描くポイントについて、「目・鼻・眉などのパーツのポジションを重視する」と説明したうえで、佐藤良子が描いた絵を、パーツのポジションを変えるだけで改善した。

渋谷ヒカリエで行われる「所ジョージpresents 第44回全日本マルトコ板金自動車シヨウ2012」の宣伝テロップ。

キーワード
絵心
所ジョージpresents 第44回全日本マルトコ板金自動車シヨウ2012
渋谷ヒカリエ

エンディング (その他)
17:28~

番組の次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 8月4日 放送
  3. 次回の放送