所さんの目がテン! 現代っ子が明治の暮らし体験

『所さんの目がテン!』(ところさんのめがテン!)は、日本テレビ系列(一部地域除く)で1989年10月1日から放送されている、科学・自由研究を中心とした生活情報教養番組。所ジョージの冠番組。通称は「目がテン!」「目テン!」。ステレオ放送、文字多重放送、2006年10月1日よりハイビジョン制作(一部地域を除く)を実施している。2013年4月7日現在の放送回数は1172回を記録した。画像外部リンク 番組ロゴ 日本テレビ公式サイト

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月26日(日) 7:00~ 7:30
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
07:00~

オープニング映像。

都丸紗也華が昔の生活を体験する企画。今回は明治中期の生活を体験する。

スタジオからは明治時代について、残された絵画や写真からは庶民の服装は和服、都会には馬車や機関車が登場するなど、和と洋が混ざった生活がみられると紹介した。

キーワード
明治時代

目がテン!歴史研究会 明治時代 (バラエティ/情報)
07:02~

都丸紗也華が明治の生活を体験する。監修の大阪学院大学・森田健司教授と、愛知・犬山市「博物館明治村」を訪れた。当時の日本家屋を再現した民家では、板張りの廊下で部屋を区切るようになるなどの違いが見られるという。服装を明治風にするということで、当時の流行だった女学生の袴姿に着替えた。髪型は日本髪でなくひとりで簡単に結える「束髪」。両親役も登場、男性はまげを切り落とした「散切り頭」などがみられた。

都丸紗也華が明治の生活を体験する。寝室から朝起きるシーンでは、風呂に毎日入らないため髪型をくずさないよう寝る枕「箱枕」が江戸時代から残り、固く高さがあり寝心地が悪かった。置き時計は江戸時代まで一般家庭にはなく、ぜんまいで巻く柱時計などが明治に入って普及した。朝の日課は井戸からの水くみ。水道はまだ普及せず、生活用水をくんで持ち帰っていた。父親が通勤に使う「自転車」は明治に登場、当時は外車なみの高級品で家族の集合写真に映り込むこともあった。

明治時代の生活について、学校では運動会が始まったが女学校では「髪結い競争」など独自の種目がみられ、絵画などに残っていると紹介した。小動物を捕まえる「動物採取競争」はあまり楽しそうに見えないなどと話した。

このあと 明治時代のカレー! 驚きの具材とは!?

キーワード
明治時代
博物館明治村

目がテン!歴史研究会 明治時代 (バラエティ/情報)
07:13~

都丸紗也華が明治の生活を体験する。続いて夕食作りでは、「西洋料理指南」というレシピ本で紹介されたカレー作りに挑戦した。タマネギは流通しておらずネギを使う、肉は鶏・鯛・エビ・カキに加えて「赤蛙」を使うなどの違いがあった。当時は牛・豚が流通しておらず、カエル肉はイギリス人が香港の料理人にカレーを作らせた際、日本の里山で食べられていたカレーを採用したという。

都丸紗也華が明治時代のレシピと同じカレーを持って登場、試食してもらった。カエル肉も骨付きのまま入っているといい、おいしいが形がわかる状態だと食べにくいなどと話した。

都丸紗也華が明治の生活を体験。続いては明治時代のレジャーを体験するといい、神奈川県大磯町・照ヶ崎海岸にやってきた。海水浴は明治に始まり、短パンとTシャツの「シマウマ水着」が明治後期に登場。腹部は着物に見立てた帯を巻いていたという。

今とは違う! 明治時代の海水浴とは!?

キーワード
明治時代
カレーライス
博物館明治村
大磯町(神奈川)
照ヶ崎海岸

目がテン!歴史研究会 明治時代 (バラエティ/情報)
07:23~

都丸紗也華が明治時代の海水浴を体験。海の中に棒を立てて海水に浸かったといい、海水の中に入り潮風を浴びる健康法として親しまれたと紹介した。

続いて明治時代の記念写真に挑戦。江戸時代から日本に入った「湿板写真」は、ポーズをとって同じかっこうで長時間立つ必要があるといい、後ろから「首おさえ」などの棒で支えた。

完成した湿板写真がスタジオに登場。きれいに撮れたが水着の丈が長すぎる、同じグラビアモデルの写真とは思えないなどと話した。

エンディングテーマ:「未来」/所ジョージ

「Hulu」による番組配信の案内。

「所さんの目がテン!」の次回予告。

キーワード
明治時代
大磯町(神奈川)
照ヶ崎海岸
湿板写真
未来
Hulu
  1. 前回の放送
  2. 5月26日 放送
  3. 次回の放送