皇室日記 2019年6月23日放送回

『皇室日記』(こうしつにっき)とは、日本テレビをはじめとする一部の日本テレビ系列局および日テレNEWS24(CS)で1996年4月7日より放送されている皇室を中心とするテレビ番組である。当番組前身番組に当たる『皇室グラフィティ』についてもこの項で述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月23日(日) 6:00~ 6:15
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
06:00~

オープニング映像。

皇室日記 (バラエティ/情報)
06:00~

赤坂東邸にて6月21日に秋篠宮ご夫妻が皇嗣として初の外国訪問で国際親善ができるかをとういうことを常に考えながら行っていきたいと語られ、訪問先での行事などで、心を込めて務めてまいりたいとお言葉を述べられた。また眞子さまのご結婚については、それについては話を聞いていない。どのようになっているのか考えているのか聞いていないと語られた。 ご夫妻は27日から10日間ポーランドとフィンランドを訪問される。

キーワード
秋篠宮さま
眞子さま
令和
皇嗣
フィンランド
ポーランド
赤坂東邸

特集「皇嗣」秋篠宮さま (バラエティ/情報)
06:03~

Diary/作曲:久石譲・演奏:読売日本交響楽団

今週は令和を迎えた秋篠宮家の皆様を特集で伝えるとコメント。

6月17日に皇居宮殿に日本学士院賞の受賞者を招かれた茶会が開かれ、天皇皇后両陛下、秋篠宮さま、眞子さま、佳子さまが加わり研究者と和やかな会談をされた。皇嗣となられた秋篠宮さまについて皇室ジャーナリストの久能靖は皇嗣は天皇の位を継ぐ者。秋篠宮さまは天皇陛下の弟の「皇太弟」であるが、宮家に留まるご意思の下、「秋篠宮皇嗣殿下」と呼ぶことになったが実際は皇太子に準ずる立場。5月17日に開催された鳥取市の 「第30回全国「みどりの愛護」のつどい」にご出席され皇嗣として初めてお言葉を述べられた。その後マメナシの木を植えられた。さらに秋篠宮さまは手話を使った交流もされ、聾学校に通う田中優那さんと優しくお話された。鳥取滞在中には県立鳥取盲学校も視察された。フロアバレーという競技をご覧になられた。秋篠宮ご夫妻は熱心に説明を聞かれた。平井伸治知事は訪問され県民が大変喜んだ。目的が「みどりの愛護」のつどいで一生懸命緑化に取り組むボランティアや優しい言葉をかけられ励ましていただき勇気づけられたと語った。さらにもう学校にも訪問され温かい心をふり向けていただき感謝の気持ちでいっぱいと語った。

眞子さまは公務の一部を引き継がれた。先月長野県で行われた「令和元年 全国都市緑化祭」 に出席された。眞子さまがお言葉を述べられた。式典に続き植樹を行う会場でササガオシドリザクラの植樹を行われた。綺麗に大きく育つと良いですねと声をかけられた。眞子さまは5月27日には東京千代田区で行われた「千鳥ヶ淵戦没者墓苑 拝礼式」に臨まれた。925人の遺骨が今年新たに収められた。

6月3日には次女の佳子さまが公務を担われている。佳子さまは紀子さまの代わりに第66回産経児童出版文化賞 贈賞式に出席された。お言葉の中には受賞した作品にも触れられた。「それでも「ふるさと」」などを紹介された。豊田直巳さんは強い関心を持たれたと語った。

令和という新しい時代で、皇嗣となった秋篠宮さまのこれからの時代では、秋篠宮家は天皇陛下の皇太子時代の公務を受け継ぐので大変お忙しくなられると久能靖が語った。

キーワード
Diary
久石譲
読売日本交響楽団
令和
秋篠宮さまご夫妻
皇居前広場
天皇陛下
秋篠宮さま
佳子さま
眞子さま
皇后陛下
平井伸治 知事
鳥取県立鳥取盲学校
鳥取空港
第30回全国「みどりの愛護」のつどい
皇嗣
皇太弟
フロアバレーボール
アイシェード
鳥取市(鳥取)
マメナシ
田中優那さん
令和元年 全国都市緑化祭
ササガオシドリザクラ
千鳥ヶ淵戦没者墓苑 拝礼式
千代田区(東京)
第66回産経児童出版文化賞 贈賞式
港区(東京)
それでも「ふるさと」
豊田直巳さん

エンディング (その他)
06:13~

次回予告の内容を語った。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 6月23日 放送
  3. 次回の放送