皇室日記 2019年5月19日放送回

『皇室日記』(こうしつにっき)とは、日本テレビをはじめとする一部の日本テレビ系列局および日テレNEWS24(CS)で1996年4月7日より放送されている皇室を中心とするテレビ番組である。当番組前身番組に当たる『皇室グラフィティ』についてもこの項で述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月19日(日) 6:00~ 6:15
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
06:00~

オープニング映像。

Diary/作曲:久石譲・演奏:読売日本交響楽団

モラロジー研究所の天皇陛下御即位奉祝記念特別展で、オープニングトーク。黄櫨染御袍や御祭服などを紹介。御祭服は即位礼の後、大嘗祭で着用されると伝えた。

キーワード
Diary
久石譲
読売日本交響楽団
柏市(千葉)
モラロジー研究所
天皇陛下御即位奉祝記念特別展
黄櫨染御袍
御祭服
大嘗祭

皇室日記 (バラエティ/情報)
06:00~

平成2年11月に行われた大嘗祭を振り返った。大嘗祭では天皇自らが神々の前にその年に収穫されたお米などを供え、共に食される。

大嘗祭で備える米と粟を作る場所を決める儀式。宮中三殿の神殿の前で行う儀式。斎舎と呼ばれる場所で行われた。悠紀地方と主基地方から一つずつ選ばれる。今回は栃木県と京都府が選ばれた。占いは亀卜でアオウミガメの甲羅を使用して行われる。加工したのは森田孝雄さん。占い用に加工してほしいと宮内庁から依頼されたという。手探りで作業を行い、ひびが入るように1.5ミリほどにしたという。亀卜の様子を見ることができない。

京都伏見区の御香宮神社で三木善明さんを取材。宮内庁職員として宮中祭祀に携わった。三木善明さんは斎田点定の儀の詳細な方法や道具などを解説した。江戸時代に実際に亀卜で使われた甲羅を紹介した。

斎田点定の儀が平成2年2月に行われた。三木善明さんは亀の甲羅探しに奔走したという。今回使われたのも小笠原諸島のアオウミガメ。事前に用意され8枚が納入された。使われなかったものは宮内庁で保管している。東では斎田抜穂の儀が大分県で行われ宮内庁に納められた。また祝宴として大饗の儀では屏風景が描かれ、東山魁夷が秋田の絵を。高山辰雄が大分の情景を描いた。さらに風俗歌舞も新たに作られ、祝宴の式で宮内庁の職員によって披露される。

5月8日、即位にまつわる儀式の数々が行われ、秋には126代目となる天皇の即位礼と大嘗祭が皇居内で行われる。

キーワード
大嘗祭
宮内庁
宮中三殿
皇居
斎田点定の儀
亀卜
京都府
栃木県
荒川区(東京)
アオウミガメ
悠紀地方
主基地方
斎舎
伏見区(京都)
ウワミズザクラ
佐万師竹
竹箸
波々迦木
ワシントン条約
小笠原諸島
玖珠町(大分)
斎田抜穂の儀
大饗の儀
東山魁夷
高山辰雄
風俗歌舞
即位礼

皇室日記 (バラエティ/情報)
06:11~

令和を迎え、皇室の方の公務の分担も変わった。第29回 森と花の祭典 みどりの感謝祭には眞子さまが出席された。この公務は去年までは秋篠宮ご夫妻が務められた。眞子さまは式典の前に緑を守る活動をしている小中学生と懇談。

天皇陛下は即位後内奏に初めて臨まれた。トランプ大統領の来日などについて説明を受けられた様子。

5月16日には信任状捧呈式が行われた。天皇陛下はルクセンブルクとブルネイの大使が皇居宮殿「松の間」へ。信任状を受け取られた陛下は笑顔で言葉を交わされた。

キーワード
眞子さま
秋篠宮ご夫妻
第29回 森と花の祭典 みどりの感謝祭
千代田区(東京)
天皇陛下
トランプ大統領
皇居・宮殿
内奏
皇居
宮殿「松の間」
信任状捧呈式

エンディング (その他)
06:13~

次回予告を伝えた。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 5月19日 放送
  3. 次回の放送