遠くへ行きたい 宮下純一「青い珊瑚礁!海人に憧れて」沖縄県 石垣島

遠くへ行きたい(とおくへいきたい)遠くへ行きたい (テレビ番組) - 読売テレビ制作、日本テレビ系列で放送中の旅番組。遠くへ行きたい (曲) - 永六輔作詞・中村八大作曲の歌謡曲。上記テレビ番組のテーマ曲でもある。遠くへ行きたい - andymoriの楽曲。『アンディとロックとベンガルトラとウィスキー』収録。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年6月7日(日) 6:30~ 7:00
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
06:30~

きょうは宮下純一が沖縄・石垣島を旅する。

歌:渡辺真知子

キーワード
沖縄県
石垣島
渡辺真知子

メダリスト 宮下純一 (バラエティ/情報)
06:31~

宮下純一が沖縄・八重山諸島の石垣島に到着。小さい頃に3年ほど沖縄にいたことがあるが、石垣島に来るのは初めてという。宮下純一はもと水泳選手、2008年北京オリンピックなどに出場。海で泳ぐのは久しぶりという。

ガイドに連れられサンゴ礁の海へ。海の中を泳ぐのは久しぶりといい、シュノーケルでの魚探しなどを楽しんだ。カクレクマノミなどが集まってきた。

続いて海岸で子どもたちと遊ぶ。体験学習に来ているといい、「WWFサンゴ礁保護研究センター」の職員が、石垣を積んで魚をとる漁法を解説した。続いて海で遊んだ子どもたちと「ばさなり食堂」へ。

おばあが作る!とっておき

キーワード
沖縄県
石垣島
北京オリンピック
八重山諸島
サンゴ
カクレクマノミ

メダリスト 宮下純一 (バラエティ/情報)
06:36~

石垣島の「ばさなり食堂」から、沖縄のおばあが作るぜんざいを紹介。あずきの入ったかき氷をぜんざいと呼んでいるそう。

つづいて、おばあに紹介された「一休食堂」へ。名物はヤギ汁で、滋養強壮などに効くという。店主は腕の筋肉が発達しており、わけを聞いた。

「一休食堂」の店主はアームレスリングの選手で、店では練習場として付近の力自慢を集めているそう。全国大会に出るという選手どうしの戦いを見せてもらった。宮下純一が対戦したがかなわず、腕の細そうな若手選手に相手してもらった。

続いて翌朝、石垣港で水揚げされるクロマグロなどを取材。セリでは魚屋が直接買い付けるといい、立ち会うと魚屋の女主人が多く参加していた。

魚屋の主人に付き添い「上原さしみ店」を取材。漁をするのは男、売るのは女と昔から分業してきたという。他にも「りょうこ」「よしみ」など店主の名前のついた店が多い。別の「えいこ鮮魚店」では、大きなキハダマグロの解体を見せてくれた。刺身以外にも尾の部分を使った「マグロの天ぷら」などを販売している。

続いて「知念商会」から、石垣島のご当地グルメを紹介。「オニササ」ののぼりが立っており、店の人に聞くとオニギリに鶏のささ身を合わせたものと教えてくれた。おにぎりとフライを店で別々に買い、ビニール袋に入れて調味料などをかけ自分で一緒ににぎる。20年前に島の高校生が始めた食べ方で、今では1日1500個ほど売れるそう。八重山高校・八重山農林高校の生徒たちと食べた。

番組HPの案内。

続いて現地の高校生に案内され、「さよこの店」のご当地グルメを教わった。

キーワード
石垣島
ぜんざい
ヤギ汁
アームレスリング
クロマグロ
キハダマグロ
マグロの天ぷら
マグロの刺身
遠くへ行きたい
オニササ

メダリスト 宮下純一 (バラエティ/情報)
06:48~

「さよこの店」で作っているのはサーターアンダギー。生地に苦菜を練り込んだ「ニガナ味」の作り方を見せてもらった。他にもドラゴンフルーツ、紅芋、かぼちゃなどの味がある。

翌朝、再び石垣漁港へ。この日は「海人」に同行し現地の漁を見せてもらった。つな掛け網漁という、追い込み漁の一種を行うという。海底に袋網と呼ばれる10メートル四方の大きな網を仕掛け、深さ10メートルの海底に固定。白い房がついた綱「チナ」を投げ込み、海面で音を立てて魚を追い込む。宮下純一も魚の追い込みを手伝った。魚が集まったら網を引き揚げると、魚が一網打尽に。

キーワード
サーターアンダギー
苦菜
追い込み漁
石垣島

メダリスト 宮下純一 (バラエティ/情報)
06:54~

石垣島の追い込み漁を宮下純一が体験。網の引き揚げを手伝うと、約100キロの色とりどりの魚が水揚げされた。魚は那覇に空輸され翌朝セリにかけられるという。

海の男たちと漁の後の宴会。一番のごちそうというアオブダイの刺身をごちそうになった。ベテランの漁師が、40年間使っていたという木製のゴーグルを見せてくれた。

キーワード
石垣島
追い込み漁
アオブダイ

エンディング (その他)
06:57~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 6月7日 放送
  3. 次回の放送