遠くへ行きたい 琵琶湖に秀吉の大坂城?淀君の思いたどる琵琶湖歴史ロマン

遠くへ行きたい(とおくへいきたい)遠くへ行きたい (テレビ番組) - 読売テレビ制作、日本テレビ系列で放送中の旅番組。遠くへ行きたい (曲) - 永六輔作詞・中村八大作曲の歌謡曲。上記テレビ番組のテーマ曲でもある。遠くへ行きたい - andymoriの楽曲。『アンディとロックとベンガルトラとウィスキー』収録。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年11月19日(日) 6:30~ 7:00
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
06:30~

琵琶湖周辺を訪れ、鮒ずしの新メニューや神ノ島、大阪城の遺構、伝統の和ろうそく、幻の漬物などを満喫する。

キーワード
琵琶湖

第2383 回 琵琶湖 歴史が育むこだわりの味と技 ―滋賀 高島~竹生島― (バラエティ/情報)
06:31~

大和田は琵琶湖の西北には独特の食文化が残っているそうだ。

琵琶湖の港町・高島市海津を訪れて歴史が育む伝統料理を味わう。「鮒寿し・魚治」は創業から鮒寿しを作っている。鮒寿しはニゴロブナを塩漬けにし蒸米を加えて2年間寝かせたものだ。魚治は乳酸菌の管理を徹底し洗練された味に作り上げている。漬ける人が持っている常在菌も大切で、つくり手によって味が変わると言われている。7代目は鮒寿しを使った創作料理も生み出しており、「鮒寿しのクリームパスタ」は女性に人気だ。魚治は店から見える景色も誇りにしている。

琵琶湖汽船に乗って沖合に浮かぶ「竹生島」へ向かう。島にはお寺と神社のみが建っており、中でも「宝厳寺」は日本三大弁天の一つとされている。音楽、財宝、弁舌、長生きなどを司る女神の加護を受けるために多くの人が訪れている。弁天様は元々インドの水の神様で琵琶湖の守り神として近江の信仰の中心になってきた。

豊臣秀吉が亡くなった後に大阪城が解体され京都のお墓になったが、縮小する際に極楽橋が竹生島に運ばれた。淀君は竹生島への信仰が厚かったため秀吉の功績を後世に遺そうとしたらしい。「宝厳寺・唐門」は現在修復中だが、2年後には桃山時代の豪華絢爛な姿が戻ってくるだろう。

「近江手造り和ろうそく 大與」は和ろうそくの老舗だ。櫨の実から抽出したろうを灯芯に塗った和ろうそくは石油から作られる洋ろうそくと比べて温かみある光を灯す。米ぬか蝋が固まり始める温度は50度程度であるため型に流し込んで作るという。米ぬか蝋はコストを下げて和ろうそくを浸透させるために開発された。和ろうそくは炎のオレンジが深く、米ぬかろうそくは長時間使用でき、櫨ろうそくは炎が安定している。ろうそく作りに挑戦した大和田は「均等に刷り込むのが難しいね」と話した。

メタセコイア並木は元々防風林だったが今では観光地になっている。九州から移り住んだ燻製作りの名人が琵琶湖周辺で「手づくりスモーク工房杣人」を開いている。

旨みが詰まった鯖の燻製!

キーワード
琵琶湖
鮒寿し 魚治
鮒寿し
鮒寿しのクリームパスタ
鮒寿しのパンはさみ揚げ
鮒寿しのチーズ包み
ニゴロブナ
鮒ずし
高島市(滋賀)
宝厳寺
竹生島
豊臣秀吉
大阪城
豊臣期大阪図屏風
近江手造り和ろうそく 大與
櫨ろうそく
米ぬかろうそく
手づくりスモーク工房杣人

第2383 回 琵琶湖 歴史が育むこだわりの味と技 ―滋賀 高島~竹生島― (バラエティ/情報)
06:46~

高島の住民はあまり海の魚を食べないが鯖街道が通っていたため鯖は好物らしい。秘伝ダレに漬けた鯖を5時間いぶした鯖の燻製はよく売れるそうだ。納得できる味を作るのに約4年かかったという。「スモークサーモン」は刺し身の食感をそのまま残してじっくりいぶしてある。

日本の棚田百選!息をのむ絶景!

キーワード
琵琶湖
手づくりスモーク工房杣人
鯖の燻製
スモークサーモン

第2383 回 琵琶湖 歴史が育むこだわりの味と技 ―滋賀 高島~竹生島― (バラエティ/情報)
06:50~

琵琶湖周辺には至る所で水が湧く。清らかな水を使って酒を作る「上原酒造」にはポンプアップなしで湧く自噴井戸があった。大和田は水を口にして「柔らかいですね」とコメントし、不老泉を1本購入した。

鯖街道を辿ると棚田百選に選ばれた山里があるそうだ。

キーワード
琵琶湖
上原酒造
  1. 前回の放送
  2. 11月19日 放送
  3. 次回の放送