ぶらり途中下車の旅 下町に響く思い出のメロディ 京成線の旅

『ぶらり途中下車の旅』(ぶらりとちゅうげしゃのたび)は、日本テレビで1992年10月3日から放送されている紀行・鉄道旅行番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年6月22日(土) 9:30~10:30
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
09:30~

オープニング映像。

東京・葛飾区 (バラエティ/情報)
09:30~

今日はなぎら健壱が自身の母校である東京葛飾区の末広小学校から旅を始める。自身の小学校時代の思い出などを話した。

葛飾区金町を歩くなぎら健壱は自身が小学生だった頃に駄菓子屋だった場所を訪れた。そこは既に普通の住宅になっており、そこに住んでいた恵さんに当時の恩田商店の写真を見せてもらった。

金町の金町末広商店会を歩くなぎら健壱は「BARBER スズキ」の女将さんを訪ね、雑談を交わした。また、小学生の頃何回も通ったという天井の低いガード下をくぐった。

葛飾区の金町を歩くなぎら健壱は「さんみ」というお店を訪ね、そこで「はさみ焼き」という手法で作っているお好み焼きを頼んだ。その作り方を一部始終見させてもらい、できたお好み焼を食べたなぎら健壱は「普通のお好み焼きよりもフワフワした食感だ」などと感想を述べた。

30年前に牛込明子さんのご両親が始めたこのお店の伝統のはさみ焼きは、フタで食材の水分を閉じ込めるためフワフワに仕上がるとのこと。たこ焼きは釣鐘型の面白い形をしている。

なぎら健壱は京成金町駅から京成金町線に乗り込み、京成高砂駅で降りた。そこから京成本線に乗り換え、京成小岩駅で下車した。

なぎら健壱が小学生だった昭和30年代の葛飾区立末広小学校の周辺にはのどかな田園風景が広がっていた。50年前の思い出をたどっていく。

キーワード
葛飾区(東京)
金町(東京)
京成金町線
恩田商店
金町末広商店会
お好み焼き
たこ焼き
京成本線

京成小岩 (バラエティ/情報)
09:42~

京成小岩駅で降りたなぎら健壱は「刺繍館」を訪れた。こちらはオーダー刺繍専門店で、メインの仕事はプロ野球の応援用に作っているとのこと。「高橋由伸選手 刺繍応援服」や「徳山武陽選手 刺繍応援服」などを見せてもらい、女性と男性では応援服を作る際のこだわりが違うことなどを話してもらった。また、他にも結婚祝い用の刺繍服や出産祝い用の贈り物としても人気だとのこと。

さらに京成小岩駅周辺を散策するなぎら健壱は上小岩親水緑道を歩く。江戸川まで続いているということで、道中アジサイや公園にある人工の滝などを見ながら土手まで到着した。

江戸川の河川敷をぶらり歩きながら、なぎら健壱は遠くに見える「小岩菖蒲園」を目指し、その中を散策した。中には伊勢路の春や松涛、栄紫などの約100種類5万本のハナショウブが植えられており、6月末まで楽しめるとのこと。入場無料で撮影スポットとしても人気。

キーワード
江戸川
高橋由伸選手
高橋由伸選手 刺繍応援服
徳山武陽選手
徳山武陽選手 刺繍応援服
荻野貴司選手
荻野貴司選手 刺繍応援服
結婚祝い用 刺繍服
出産祝い用 刺繍服
誕生日祝い用 刺繍服
上小岩親水緑道
アジサイ
伊勢路の春
松涛
栄紫

菅野 (バラエティ/情報)
09:52~

続いてなぎら健壱が下車したの菅野駅。何も見当たらない駅周辺をぶらり歩いていたが、「南龍飯店」という中華屋を訪れた。店頭に出されていた手書きの暖簾などに感心しながら、女将さんに中に誘われ、「パニックラーメン」を頼んだ。

キーワード
パニックラーメン

菅野 (バラエティ/情報)
09:58~

「南龍飯店」でなぎら健壱が「パニックラーメン 中辛」を食べる。「ちょっと辛いくらいで別にパニックにはならないですね」などと感想を述べながら、辛味を足してもらえるというので足してもらうことにした。このパニックラーメンはご主人の中田仁蔵さんが「なにかインパクトのあるメニューを」と5年前に考えた商品で、ポイントは七味唐辛子、豆板醤、タバスコなどを混ぜて作る特製の辛味ダレだった。魚介類を加えた「貝柱パニック」や「あさりパニック」も人気だとのこと。

キーワード
パニックラーメン 中辛
貝柱パニック
あさりパニック

鬼越 (バラエティ/情報)
10:03~

続いてはなぎら健壱が名前すら知らなかったという京成鬼越駅で下車した。ここも何も無さそうだが、とりあえずぶらり歩くことにしたなぎら健壱は川の上にかかっていたX橋を発見した。

さらにぶらり歩くなぎら健壱は新幹線の模型が置いてある建物を訪れた。ここは「ファンファクトリー童夢」というイベントなどで使用する遊具を作っている会社で、実際に石炭を焚いて走る機関車のミニチュアなども置いてあった。空気で膨らますフワフワと呼ばれる系統の商品も数多く扱っており、「人間ルーレット」という遊具を社員の彦坂誠さんに試してもらった。

キーワード
ファンファクトリー童夢

鬼越 (バラエティ/情報)
10:10~

「ファンファクトリー童夢」で彦坂誠さんに試してもらった「人間ルーレット」という遊具をなぎら健壱も試してみることにした。6番を狙ったなぎら健壱だったが全く見当違いの番号のところに落下してしまった。

「ファンファクトリー童夢」では葛飾区の新宿交通公園で行われているイベントやお祭りで使う遊具など100種類以上を取り扱っている。使用前と使用後はお客様の安全のために念入りに点検を行なっているそうだ。

キーワード
ファンファクトリー童夢
葛飾区(東京)

京成船橋 (バラエティ/情報)
10:13~

京成船橋駅で下車したなぎら健壱はご飯を食べれるところを探しながら街をぶらり歩く。歩き続けていると店が見えなくなり、いつのまにか海と思えるところに辿り着いた。せっかくなのでそこから見える景色を写真に収めた。

なぎら健壱が発見した「OPEN」と書かれた船を訪ねてみる。「店じゃなかったらまずい」などと話しながら船に乗り込んだが、中にはバーのような空間が広がっていた。

京成船橋 (バラエティ/情報)
10:18~

船橋の海に浮かぶ船を訪れると、そこは「deepblues」というバーだった。ここはラム酒の専門店だそうで、店員の山本さんはラム・コンシェルジュの資格を持っていた。なぎら健壱がおすすめを頼むと「バルバンクール 15年」を出してもらった。さらに「珍しいもの」と頼むと「シャンタルコンテ ラパラン 1952」を出したが、一杯1万7000円と聞く「しまっていいです」と答えるなぎら健壱だった。元々この店の常連客だったという山本さんはラム・コンシェルジュの資格を取ったのは今年で、船内には世界中から集められた300種類以上のラム酒が並んでいる。

キーワード
ラム・コンシェルジュ
バルバンクール 15年
シャンタルコンテ ラパラン 1952

京成船橋 (バラエティ/情報)
10:26~

ラム酒を飲みながらクルージングに出れるということで、なぎら健壱はそれを体験することにした。クルージングに出る時はお店を閉めるので基本的には予約制だが、その日の状況次第で出航してくれることもあるそうだ。

キーワード
クルージング

エンディング (その他)
10:27~

エンディング映像。

BGM:シャ乱Q/蜃気楼 しんきろう(アップフロントワークス)

番組ホームページのアクセス方法がテロップ表示。

ぶらり途中下車の旅の次回予告。来週は箱根登山鉄道の旅。

キーワード
アップフロントワークス
シャ乱Q
ぶらり途中下車の旅の携帯サイト(携帯電話)
ぶらり途中下車の旅ホームページ(パソコン)
京成線
箱根登山鉄道

スポット

グルメ

南龍飯店
さんみ
deepblues

スクール/教育

末広小学校
葛飾区立末広小学校

ファッション

刺繍館

レジャー/交通

京成金町駅
新宿交通公園
京成小岩
小岩菖蒲園
鬼越
京成船橋駅
京成高砂
菅野駅

住まい/暮らし(家庭用雑貨)

BARBER スズキ
  1. 前回の放送
  2. 6月22日 放送
  3. 次回の放送