ぶらり途中下車の旅 シーサイドライン&京急線の旅▽コツメカワウソと握手

『ぶらり途中下車の旅』(ぶらりとちゅうげしゃのたび)は、日本テレビで1992年10月3日から放送されている紀行・鉄道旅行番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月9日(土) 9:25~10:30
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
09:25~

オープニング映像。

シーサイドライン・京急線の旅 (バラエティ/情報)
09:25~

横浜・八景島シーパラダイスで、新しくできたフォレストリームではタイミングが良ければコツメカワウソと触れ合うことができる。

終点の金沢八景で下りて散歩、街中のパン屋ベーカリーハウスアオキを訪れた。種類豊富のパンの中から店長はみあらし餅をおすすめした。モチモチしているが、みたらし団子とは違ってカリッとした食感があって美味しいと話した。

杉田駅で下りて散歩、牛頭山妙法寺に訪れた。杉田の梅林があったが、住宅が立ったことで次第に梅の木が減らされていったという。江戸時代には浮世絵にも描かれるほど名所だったという。妙法寺では樹齢400年の杉田梅の原木がある。

杉田梅がスーパーにあると聞き「SUZUKIYA」を訪れた。コーナーには杉田梅の梅干しやジャムなどが陳列されており、その2つを購入し店内のイートインで頂くことに。中村は酸っぱそうにしていたが、その後に香りが来るとのこと。杉田梅はクエン酸が強く酸っぱいのが特徴、梅干しは料理研究家の市原由貴子さんが中心となり「杉田・梅塾」によって手作りされているという。大事にしているのは塩と赤じそだけの昔ながらの作り方であるとのこと。

次の途中下車は弘明寺、駅から離れると煮干蕎麦ののぼりを掲げる「弘明寺丿貫」を発見。店内に入るとラーメン店のようで煮干蕎麦が人気だが他のメニューは日替わりとのこと。中村はおすすめである「海老の三段仕込み特濃」を注文した。

キーワード
八景島(神奈川)
コツメカワウソ
八景島シーパラダイス
金沢八景
杉田梅
市原由貴子さん
杉田・梅塾
海老の三段仕込み特濃

シーサイドライン・京急線の旅 (バラエティ/情報)
09:49~

「弘明寺丿貫」で「海老の三段仕込み特濃」を注文した。煮干しのスープをベースにし、甘海老のペースト、牡丹海老のペースト、オマール海老の味噌を溶け込ませているという。その他にも日替わりランチではニラ蕎麦や牡蠣蕎麦などパンチの効いたメニューがたくさんあるという。

電車は鶴見川を渡り次は京急川崎で下りた。大きい商店街の小さい路地で焼き鳥屋を見つけた。「うなぎのタタキ」のメニューが気になった。現在は準備中なので夜にまた来ることにした。

次は京急蒲田駅で下りた。特許技術のひとひらしぼりの看板に惹かれた。日本酒用の酒器を販売しているお店である。一枚のチタンをひらしぼりという技術で作っているという。工場で作っている現場を見学した。保温性に優れていて、今はデパートでも扱う人気商品となった。

次は梅屋敷で下りた。名前に惹かれ「蝉semi」に訪れた。個性的な柄のカバンを扱っているお店だった。元々写真の展示物として使われていた素材を再利用してカバンを作っているという。元ものデザインを上手く生かし新たな役割を与えることで、より長く使えることを目指しているという。

次は大森町にやってきた。雰囲気のあるお店「DECO TASU」を発見した。

キーワード
弘明寺
弘明寺丿貫
海老の三段仕込み特濃
甘海老
牡丹海老
オマール海老
ニラ蕎麦
牡蠣蕎麦
鮑の肝蕎麦
京急川崎
京急蒲田駅
梅屋敷

シーサイドライン・京急線の旅 (バラエティ/情報)
10:10~

偶然見つけたDECO TASUは商品を展示しているショールームだった。アクセサリーなどをよく見せるための什器を作っているという。店舗やインテリアデザインを手がける設計会社で、商品やお店の雰囲気に合わせたディスプレイ用品の製作や販売もしている。

京急川崎に戻り、登利亭にやってきた。気になっていたうなぎのタタキを注文した。

シーサイドライン・京急線の旅 (バラエティ/情報)
10:20~

登利亭でうなぎタタキを食べた。皮は弾力があってパリッとしていて、身は柔らかいと話した。また、季節限定の辛味大根つくねを注文した。

キーワード
うなぎタタキ
辛味大根つくね

シーサイドライン・京急線の旅 (バラエティ/情報)
10:25~

登利亭でうなぎタタキを食べた。皮は弾力があってパリッとしていて、身は柔らかいと話した。また、季節限定の辛味大根つくねを注文した。

キーワード
辛味大根つくね
  1. 前回の放送
  2. 3月9日 放送
  3. 次回の放送