ぶらり途中下車の旅 師走の京都2時間SP

『ぶらり途中下車の旅』(ぶらりとちゅうげしゃのたび)は、日本テレビで1992年10月3日から放送されている紀行・鉄道旅行番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年12月15日(土) 9:25~11:20
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
09:25~

オープニング映像。

嵐電・京阪電車の旅 (バラエティ/情報)
09:25~

地蔵院にやってきた小島さん。竹林は京都の雰囲気だ。江戸時代に、竹が増え、竹の寺として親しまれるようになった。

KiKiダウンステアーズベーカリーに入ってみる。おすすめだというししゃもパンを発見。

嵐山駅近くの京菓子司 松楽へやってきた。京おはぎがあるという。とても鮮やかな、いろいろな色のおはぎが登場。いただいてみる小島さん。栗とよもぎが入っているという。とてもやわらかいという。青森産のヨモギの新芽を使うという。もち米とまぜ、栗を包むという。全部で12種類。女性にもたべやすいようにこぶりに仕上げている。

渡月橋をわたる小島さん。嵐山駅に到着する。電車に乗る。帷子ノ辻駅で乗り換え。北野線に乗る。御室仁和寺駅で下車する。

総本山仁和寺にやってきた小島さん。近づくと大きいとのこと。国宝の「金堂」は、元々は京都御所の「紫宸殿」で、400年ほど前に移築された。

仁和寺の付近をぶらり歩く。カクカメに向かう小島さん。入ってみる。立派な庭がある。がまぐち専門の店だ。バッグもあるという。母親が使っていたがまぐちが大好きで17年前、独学でがまぐちを作り始めたという。この地の落ち着いた環境が気に入り、2年前に移り住んで、工房兼店舗をかまえたという。小西さんのがま口の特徴は、口金周りの膨らみ。大きく開き、モノがたくさん入るように工夫されているす。作品は、全国各地の展示会でも販売されている。小島さんはがまぐちを購入した。

キーワード
嵐電
京阪電車
地蔵院
拝観料
ししゃもパン
西京区(京都)
嵐山駅
京菓子司 松楽
京おはぎ
よもぎ
赤紫蘇
渡月橋
北野線
御室仁和寺駅
桂川

嵐電・京阪電車の旅 (バラエティ/情報)
09:44~

KiKiダウンステアーズベーカリーに入ってみる。おすすめだというししゃもパンを発見する。ししゃもの塩味がクロワッサンに合うの、ワインやビールと一緒に食べる人が多いのだという。ししゃもが好きなご主人がパンに合うと確信し、試行錯誤の末に完成させた。週末は予約で売り切れることもあるという人気商品。

彫刻のような建物を発見、壁に女性像が彫刻されており謎だと思ったため入ってみたがオフィスのように見えて逡巡した。中から女性が出てきてベンチャー企業などの若い会社が集まりオフィスや会社などワーキングスペースとして利用している施設だと説明してもらった。女性の会社では面白いメモ帳を作っているという。メモ帳を見せてもらいに共有スペースにお邪魔した。実物を一見すると普通のメモ帳だがメモを切り取ると一部が舞妓のシルエット型に切り取られた。続けてメモを切り取っていくと建物らしき形が浮かび上がってきた。なお、メモ帳の値段は1万円で値段でも驚かれるという。

嵐電は北野白梅町に到着し、下車する。小島奈津子が行きたい所があるとういことでバスに乗る。バスを降り、太川陽介と一緒にぶらりする。立呑の看板が置いてある材木屋さんを発見する。昼は材木屋で夜になると立呑をやっているのだという。立呑は5時からだというので、後ほどまた来ることにする。

キーワード
KiKiダウンステアーズベーカリー
ししゃもパン
嵐電
北野白梅町
トライアード

嵐電・京阪電車の旅 (バラエティ/情報)
09:59~

井倉木材で太川陽介さんはビール、小島奈津子さんは十四代を注文。料理はブリのたたきとコッペ蟹を注文。小島奈津子さんは「大将は夜の方がいきいきしている。」などと話した。

誰もがあっと驚くというメモ帳を一枚ずつ取っていくと中から清水寺が現れ最後に「おこしやす京都」という文字が出て終わりとなった。この細かい技術は凄いと語られた。アクリルケースがついているためそれに収納できるという。このメモ帳を手がけているのは建築模型作りがメインの会社で、持ち前の技術を活かした面白い商品をと考えられたという。紙をレーザーカッターでカットした後一枚一枚順番にて作業で積み上げて作るという。その際カットしきれなかった部分を一切残さないようカッターと手に隅々まで徹底的に調査するため手間がかかり量産は出来ないのだという。150枚の黒いメモ帳からはピアノが現れた。ラインナップは23種類あり大人気で品薄とのこと。お礼を述べて共有スペースを後にした。

キーワード
井倉木材
十四代 本丸
特大コッペ蟹
ブリのたたき
世界遺産
トライアード
ピアノ
東京タワー
京都府

嵐電・京阪電車の旅 (バラエティ/情報)
10:07~

コッペ蟹は混ぜて食べるのがおいしいとのこと。小島奈津子さんは「味が濃い」とコメント。太川陽介さんは「うまい」とコメント。次は全部混ぜてすだちをかけて食べる。小島奈津子さんは「蟹の甘みが引き立つ」とコメント。11月から2ヶ月しか取れないコッペ蟹は卵をたっぷり抱えたズワイガニのメス。地方によってはセイコガニや香箱蟹とも呼ばれている。手間をかけて剥いた濃厚な身とプチプチとした食感を楽しめる冬の京都の風物詩。昼は創業100年を超える材木店の4代目。夜は立ち飲み屋を開く井倉さん。妥協せず酒と魚にこだわり抜いている。

キーワード
特大コッペ蟹
井倉木材

嵐電・京阪電車の旅 (バラエティ/情報)
10:13~

旬のブリのたたき。味はついてるのでからしだけ付けて食べる。小島奈津子さんは「パリパリでおいしい」とコメント。太川陽介さんは「嬉しくなる」とコメント。井倉康博さんは「鰤の脂がいい感じ」などとコメント。シメは残しておいたコッペ蟹のチャーハン。ふぐの皮をポン酢であえたてっぴもおすすめとのこと。小島奈津子さんとはここでお別れ。

2日目、護王神社で田川さんと待ち合わせ。護王神社は別名イノシシ神社と呼ばれている。祀られているのは奈良時代後期の貴族・和気清麻呂公。清麻呂は敵に襲われたとき、突如襲われた300頭のイノシシに窮地を救わた。気がつけば傷ついた足の痛みも回復していたことから、足にもご利益がある神社とされている。

キーワード
鰤のタタキ
井倉木材
特大コッペ蟹 オプションチャーハン
てっぴ
鴨川
和気清麻呂公

嵐電・京阪電車の旅 (バラエティ/情報)
10:20~

京都・西陣で老舗らしきお店に入ってみる。お店は「孝太郎の酢」。創業180年のお酢屋さん。お酢を作っているところを見せていただく。西陣は上質の水が湧き、古くから織物が盛んだった。その着物の色落ちや色移りを防ぐために酢が使われた。そのため、西陣には酢の醸造所が増えた。マイぽん酢を作ることができるという。

孝太郎の酢でMyぽん酢作りを体験する。果汁と出汁の割合を変化させて好みの味に仕上げる。ベースとなるぽん酢を試食して選ぶ。田川さんはゆずぽん酢を選んだ。ゆず果汁を通常の1.2倍にしたものを試食してから、調整していく。Myぽん酢体験は予約制で受付は3日前まで。お好みで作ったぽん酢のデータはお店が保存し、注文すればいつでも同じものを送ってくれる。

出町柳駅から京阪電車に乗る。最初の途中下車は神宮丸太町。

たこ焼き屋さん「タコとケンタロー」に入ってみる。たこタコさんを注文してみると、中にタコウィンナーが入っていた。田川さんは懐かしい感じがすると感想を話した。お店にいた学生さんと一緒に変わり種たこ焼きを注文してみる。たこタイはタイ風にパクチーが乗っている。30種類以上のたこ焼きメニューは全てご主人が考えたもの。うずらの卵入りたこ焼きは、ゆで卵大好きな板東英二さんにちなんで「たこ坂東」。マヨネーズをたくわんで和えたのは「たこ和尚」、たこ焼きをチーズフォンデュスタイルでいただく「たこフォンデュー」などがある。

次は、三条で途中下車。京都国立近代美術館の近くで林家たい平と待ち合わせ。路地、商店街を歩いてみる。

綿菓子屋さん「ジュレミーアンドジェマイマ」に入り、wata-hakoセットを注文。

キーワード
西陣(京都)
とんがらし酢
京あまり米酢
京風すし酢
京のさんばい酢
孝太郎の酢
だいだいぽん酢
すだちぽん酢
ゆずぽん酢
Myぽん酢体験
出町柳駅
京阪電車
神宮丸太町
たこタコさん
たこタイ
パクチー
たこ坂東
板東英二さん
たこ和尚
たこフォンデュー
三条
京都国立近代美術館
ジュレミーアンドジェマイマ
wata-hakoセット

嵐電・京阪電車の旅 (バラエティ/情報)
10:42~

綿菓子屋さん「ジュレミーアンドジェマイマ」に入り、wata-hakoセットを注文。梅干し味やチョコミント味の綿菓子が箱に詰められている。「ジュレミーアンドジェマイマ」は綿菓子の専門店として去年オープニングした。機械の吹出口を狭くして、細い綿菓子が出るように改良し、口溶けの良い綿菓子ができる。箱に詰めるのは、食べ歩きではなく腰を落ちつかせた食べてほしいから。珈琲や黒蜜きな粉など全部で11種類の味が楽しめる。田川さんとはここでお別れ。

林家たい平は「日の出テント」に入ってみる。メインはテントを販売しているが、カバンも販売している。バッグはテント地なので汚れてもブラシでゴシゴシ洗えるのだという。

鴨川を渡り、路地を歩き、人類進化ベッドという看板を発見し、寝具専門店「IWATA」に入ってみる。人類進化ベッドはチンパンジーがよく眠れるというベッドを人間用に改良したベッドだという。

キーワード
ジュレミーアンドジェマイマ
wata-hakoセット
ONODE023トートバッグ
鴨川
チンパンジー

嵐電・京阪電車の旅 (バラエティ/情報)
10:53~

祇園四条駅で下車した林家たい平。京都はすごい人だという。井澤屋にやってきた。和装屋さんだという。福玉が売られている。最中でできているという。作りかけのものを見せて頂いた。

寝具専門店「IWATA」に入ってみる。人類進化ベッドはチンパンジーがよく眠れるというベッドを人間用に改良したベッドだという。発案したのは座馬耕一郎准教授。チンパンジーの観察を続ける中で寝床に注目した。エサを求めて歩き回るチンパンジーは定住しないため、毎日寝心地の良い寝床を作るという。その寝心地の良さに感動した座馬さんは人間のベッドに役立てたいと「人類進化ベッド」を考えた。

キーワード
チンパンジー
座馬耕一郎准教授
人類進化ベッド

嵐電・京阪電車の旅 (バラエティ/情報)
11:02~

祇園四条駅で下車した林家たい平。京都はすごい人だという。井澤屋にやってきた。和装屋さんだという。福玉が売られている。最中でできているという。作りかけのものを見せて頂いた。中身に入るものをみると、小銭入れや印鑑ケースなどが入っていた。福玉をたくさんもらえた芸姑さんが人気があるとされる。たい平さんもひとつ購入した。

鴨川を超えて木屋町通にやってきた。もち料理専門店きた村に入ってみる。

キーワード
福玉
木屋町通
鴨川

嵐電・京阪電車の旅 (バラエティ/情報)
11:08~

「もち料理 きた村」に入ってみる。

スポット

グルメ

きた村
京菓子司 松楽
井倉木材
孝太郎の酢
もち料理 きた村
KiKiダウンステアーズベーカリー
ジュレミーアンドジェマイマ
タコとケンタロー

ファッション

日の出テント
井澤屋
カクカメ

レジャー/交通

京都御所
南座
帷子ノ辻駅
紫宸殿
京都国立近代美術館
祇園四条駅
三条
北野白梅町

住まい/暮らし(家庭用雑貨)

IWATA

宗教

清水寺
護王神社
国宝 金堂
総本山仁和寺
平安神宮

政治/経済/地方自治体

産業創造會館
  1. 前回の放送
  2. 12月15日 放送
  3. 次回の放送