アナザースカイ 1時間SP 体操内村航平…初の金メダルの地で見えた絶対王者の夢

アナザースカイ(another sky, Another Sky)another sky (GRAPEVINEのアルバム) - GRAPEVINEのアルバム。Another Sky (石田燿子のアルバム) - 石田燿子のアルバム。Another Sky - 葉加瀬太郎作曲の楽曲。ANAグループイメージソング。アルバム『Sweet Melodies〜TARO plays HAKASE』などに収録。アナザースカイ (テレビ番組) - 日本テレビ系列で2008年10月から放送しているテレビ番組。2019年4月より『アナザースカイII』(ANOTHER SKY TWO)に改題してリニューアルされた。アナザー・スカイ - アルタンのアルバム。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年12月22日(金) 23:00~ 0:00
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
23:00~

あれから2ヶ月、KINGは負傷箇所の回復が順調だったため、取材を快諾し、ロンドンにいた。内村航平はこころを磨くために来た。内村航平が最初に訪れたのは、タワーブリッジの上部。地上40mの渡り廊下。内村航平は「僕これ下向けないんですよ」と告白した。

内村航平がやってきたのは、イギリスで一番高いビル、ザ・シャード。

今夜のゲストの内村航平はザ・ゴールドメダリスト。世界でKINGを呼ばれる唯一の日本人。体操の2大国際大会はオリンピックと世界体操だが、過去は最高で3連覇が2名いるだけだったので4連覇は難しいと思われていたが、内村航平はなんと8連覇。誰もが認める絶対王者。今年10月のモントリオール 世界体操の跳馬で、世界最高難度のリ・シャオペンに挑戦し完璧に決めたが、着地の際に左足を負傷し、連覇の記録がとまった。

内村航平の素顔は人間味に溢れていた。オープニング映像。

今夜のゲストの内村航平は、海外の人にKINGと呼ばれるという。VTRで高いところを怖がっていたことについて、「このガラスがなくなったら俺は死ぬ」って考えると耐えられない、というと今田は「お言葉ですけど亡くならないんスヨ」と突っ込んだ。

キーワード
タワーブリッジ
ザ・シャード
内村航平
オリンピック
世界体操
モントリオール 世界体操
ロンドン(イギリス)
白井健三
ポール・スミス
ハリー・ポッター

内村航平/ロンドン (バラエティ/情報)
23:05~

内村航平は、本場イギリスでスーツを仕立てる。イギリスが世界に誇るポール・スミスが展開するウエストボーンハウスで内村航平を待ち受けていたのは、なんと Sir,Paul Smith本人。トップチームを率いてポール・スミス本人が協力する。まずは1000種類以上ある生地の中から表地と裏地を選ぶ。悩む内村を見かねて、ポールが自ら提案。生地選びが終わると、ボタンの数やポケットの数や形、パンツの形などスーツのスタイルを決める。スタイルが決まったら全身21箇所のサイズを図る。採寸を終えたら後日、仮縫いを経て最終調整の後、完成となる。

ハリー・ポッターが好きだという内村は、魔王学校へ行く駅の外観として使用された場所に連れて来られていた。内村は「もうこの歳になって観ても面白くないだろうな、みたいなのがあったんですけど、多分4~5年ぐらい前に観たら『うわ めっちゃ面白い』みたいな」と話した。セントバンクラス駅の隣りにあるキングスクロス駅へ向かった内村。映画を観たことがない人にはよくわからない不思議な光景に見えるが、ファンには嬉しい実際の駅で記念撮影ができる。自分の番が待ち遠しい内村は、嬉しそうに笑顔で撮影した。その後も聖地巡礼は続いた。

一日一食しか食べない内村にとって絶対外せないディナー。やってきたのステーキが題材の映画で世界で2番目にオイシイと評価された名店・HAWKSMOOR。内村は、「サシが入っているもいいですけど、最近はあんまり入ってないほうが好きかな」などと語った。

NEXT:驚愕の肉体。内村航平のトレーニングに肉薄。

内村航平が初めてロンドンを訪れたのは8年前。内村は、当時のことを色々思い出すといい、北京オリンピックは銀メダルで、金メダルに輝いた選手が引退したので、「獲るためにロンドンに来たっていうのはすごく覚えている」などと語った。2009年の世界体操ロンドンにて、重圧をはねのけ初めて世界一に輝いた。内村は「ロンドンでオリンピックがあるっていうのは決まってたので同じ会場でできる」と初めて世界一になった瞬間に次の世界一を考えていた。

内村航平は、世界一になったときくらいは、次のことはおいておいて余韻に浸るみたいなのはないのかと聞かれ、ないですと即答した。でもオリンピックのときは初めての金だったので3日ぐらいは浸ったと笑った。

内村航平は三度目にして初めてのロンドン観光。まずは市場で昼食でも、と誘ったが「基本的に夜一食しか食べないんですけど」「自分の体を宙に浮かさなきゃいけないんで食べたら重みとしてそれがあるわけじゃないですか」「僕には食べないことが合ってる」などと説明した。我慢しているわけではなく、身体が自然とそうなってしまっただけ。だから、身体が欲すれば食べる。毎朝体重を測る選手もいるが、内村は感覚で把握している。一日一食になったものは、あの日ここで世界一になってからだった。

内村は、職業病は結構あるといい、道にあるポールをみて「倒立してみたい」と話した。他になにかあるかと聞かれると、「電車のつり革はスタンダードです」と語る。

内村航平がスタジオで来ているスーツが、ポール・スミスさんが仕立てたスーツで、内村は最初はちょっときついかなと思ったが、時間が経つと馴染んできたという。

内村が向かったのは、遠征では絶対に行かない老舗アイリッシュパブ「WAXY O’CONNOR’S」。内村は「過去に色んな所に行かせてもらっているのに、その国のいいところも知らないし、美味しいものもそこまで食べてないし、それが損してるとは思わないけど、こんなに自由に海外で過ごしていいのかっていう」と話した。内村はここで水を飲んでいたが、お酒が飲めないわけではなく飲まない。一日も早く体操を再開したいから。

内村は今回の怪我について「足の靭帯損傷」だといい、もともと足首の怪我は多いがまさかこのタイミング?っていうのはあったという。

キーワード
ザ・シャード
タワーブリッジ
ポール・スミス ウェストボーンハウス
セントバンクラス駅
キングスクロス駅
ハリー・ポッター
HAWKSMOOR
内村航平
ロンドン(イギリス)
北京オリンピック
世界体操ロンドン
ウエストボーンハウス
ポール・スミス
Waxy O’Connor’s
靭帯損傷

内村航平/ロンドン (バラエティ/情報)
23:21~

NEXT:体操人生「最終章」、内村航平が東京オリンピックへの本音を語る。

内村航平は、負傷中とは言え、トレーニングは欠かせない。歴史にその名を残すキングのトレーニング。普段はジムで筋トレなどせず、体操の練習で必要な筋肉を作るという。自重以上を持ち上げる筋肉は重りにすぎず「僕は筋力が飛び抜けているわけではない」という。実際に背筋に負荷をかけてみると「重っ!!」と声を上げた。その代わり体操は指の筋肉まで使う。

内村は、体操で一番大事なのは、肩甲骨だといい、「背中から起きるとケガもしにくいし一番力が伝わる」と言われているが、体操選手でもすごい難しいという。まず自在に肩甲骨をだせるようにならなきゃいけないといい、実際にスタジオで見せた。

キーワード
ザ・シャード
タワーブリッジ
リ・シャオペン
白井健三
東京オリンピック
内村航平
ロンドン(イギリス)
  1. 前回の放送
  2. 12月22日 放送
  3. 次回の放送