誰だって波瀾爆笑 宝塚100周年!歴代スターが全て告白 90分スペシャル!!

『誰だって波瀾爆笑』(だれだってはらんばくしょう、英字表記:EVERYBODY Haran Bakushow)は、2008年10月5日から日本テレビ系列で、日曜 9:55 - 11:25(JST)に放送されているトークバラエティ番組である。通称「波瀾」「波瀾爆笑」。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年12月29日(日) 9:55~11:25
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
09:55~

宝塚歌劇100周年を記念して、元タカラジェンヌのゲストが登場。元月組トップスターの真琴つばさ、元月組トップスター紫吹淳、元宙組トップスター和央ようか、元月組スター遼河はるひなどが紹介された。タカラジェンヌは先輩後輩関係が厳しいという。

歴代トップスターが続々登場する宝塚歌劇100周年SPをお送りする。男役と娘役の決め方や、恋愛事情、芸名の決め方などに迫る。そして現役トップスターと東京宝塚劇場の秘密大公開!そして宝塚に遼河はるひが里帰りする。

キーワード
宝塚歌劇
遼河はるひ
宝塚(兵庫)

宝塚100周年!歴代スターが全て告白 90分スペシャル!! (バラエティ/情報)
09:58~

誕生以来、多くのスターを輩出してきた宝塚歌劇団。トップスターと言われる男役を頂点に、花組・月組・雪組・星組・宙組などに分かれ、劇団員は約400名。兵庫・宝塚の宝塚大劇場と、東京・有楽町にある東京宝塚劇場に専用の劇場を持っている。劇は芝居の第1部とレビューと言われるショーの第2部に分かれている。男役のシンボル、黒燕尾はより美しく見せるためミリ単位でこだわっている。フィナーレで登場する大階段は有名。羽飾りはトップスターの場合、500本の羽で造られ20キロもある。

1914年(大正3年)、兵庫県・宝塚に阪急電鉄の創始者・小林一三が保養遊園地・宝塚新温泉を建設。そこでの余興として16名の少女による舞台「宝塚唱歌隊」が誕生した。幕開け公演は桃太郎を題材にした「ドンブラコ」。翌年には年間25万人の観客を動員した。1918年に宝塚音楽歌劇学校が設立。1924年、宝塚大劇場を完成させた。大きな舞台に合わせて登場したのが日本初のレビュー「モン・パリ」。この公演でラインダンスや大階段が登場した。この頃、今でも歌い継がれている「すみれの花咲く頃」が誕生。1938年には初の海外公演がヨーロッパで行われた。

1939年、第二次世界大戦が勃発。ラインダンスなどの華やかな舞台ではなく、軍国ものの「翼の決戦」などの公演を余儀なくされた。そして戦争の激化によって1944年に劇場は閉鎖。タカラジェンヌたちは慰問公演か工場での労働力として動員された。終戦後1946年、公演再開。宝塚人気を国民的ものにした作品は1974年の「ベルサイユのばら」。そして宝塚を代表するレパートリーとなったのは「エリザベート」。宝塚歌劇団は来年、創立100周年を迎える。

宝塚歌劇団に入るきっかけをスタジオトーク。真琴つばさは小学校5年生の時、親友に連れられて観て、感動したのがきっかけだという。紫吹淳は1回も公演を観ないで入団。バレリーナになりたかったが、身長が高く先生に勧められた宝塚を受けたという。1次選考が合格し、慌てて「風と共に去りぬ」を観に行ったそうだ。和央ようかは高校1年生の時に同級生に誘われて公演を観に行って入団を決意。遼河はるひは高校1年生の時に母親の友人に連れられ観に行き、慌てて入団準備をしたそうだ。

宝塚歌劇団へどうやったら入れる?という疑問について、まず宝塚音楽学校に2年通い初舞台を踏むのだという。宝塚音楽学校への応募資格は受験時に中学卒業、あるいは高校卒業まで。倍率は高く、特に真琴つばさの71期生は愛華みれなど他5人のトップスターを輩出している。「原石を見つける試験だ」との声に、溝端も第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを獲得したことをあげていた。宝塚には花・月・雪・星・宙に属さず、各組に出られる一芸に秀でた集団の「専科」という組があるそうだ。

宝塚音楽学校は、1年生を予科生、2年生を本科生と呼ぶ。朝6時55分、各自担当の掃除場所を掃除するところから1日がスタートするという。紫吹淳は玄関の看板を担当しており、雨が降ってくると授業中でも看板を取り込みに行くという。また、綺麗過ぎるガラスに当たる鳥の死骸も片付けなければならず、大変だったと語った。

宝塚歌劇団の東京宝塚歌劇(東京・有楽町)を雪組現役トップスターの壮一帆が案内。劇場入ってすぐの1Fキャトルレーヴは、ブロマイドやCD、お菓子や携帯ストラップなど、宝塚歌劇団の限定グッズを揃えている。東京宝塚限定の「ミニゴーフル」などを販売。壮一帆は遼河はるひと同期で過去最高倍率48.25倍を記録している。壮一帆は来年1月2日から「Shall we ダンス?」の公演を行う。周防正行監督の映画を宝塚風にリメイクした人気作品だ。

このあと いよいよ宝塚歌劇の舞台へ!

キーワード
宝塚歌劇団
蘭寿とむ
龍真咲
凰稀かなめ
柚希礼音
壮一帆
宝塚(兵庫)
有楽町(東京)
黒燕尾
小林一三
ドンブラコ
モン・パリ
すみれの花咲く頃
第二次世界大戦
翼の決戦
ベルサイユのばら
エリザベート
風と共に去りぬ
愛華みれ
ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト
キャトルレーヴ
ミニゴーフル
遼河はるひ
周防正行監督
Shall we ダンス?

宝塚100周年!歴代スターが全て告白 90分スペシャル!! (バラエティ/情報)
10:18~

雪組トップスター壮一帆が東京宝塚劇場を案内。普段は絶対入れない、出演者側から見た舞台へ。空組の凰稀かなめがステージで待っていた。今回は「風と共に去りぬ」のレット・バトラーのメイクなので濃い目だという。宝塚歌劇団の代名詞的装置の「大階段」を間近で拝見。思っていたよりも幅が狭いという。階段に数字が書いてあるのは立ち位置を把握するためだという。そして手すりもないため、端っこで踊るタカラジェンヌは怖いそうだ。そして緞帳をあげ、スター気分を味わった。観客の座席は前の人の頭が邪魔にならないようちどり配列になっている。そしてオーケストラと観客席の間にある「銀橋」はトップスターしか歩けない花道。

続いて、宝塚歌劇団の芸名の決め方について伺った。カタカナがダメだったり、大地真央さんのようなトップスターと同じ名前はダメだという。遼河はるひは自分の芸名について、赤ちゃんの名付本を読み、“遼河”と決まっていたが下の名前が決まらず、紺野まひるに似ていることから“はるひ”になったそうだ。和央ようかは、当初“ゆうきようか”にしようとしていたが、同名がいたため絶対ない名前にしようと思って決めたという。紫吹淳は“初月淳(はづきじゅん)”にしようと思ったが難読で、今の芸名になったそうだ。

宝塚歌劇団の男役・娘役の決め方について、真琴つばさの時代は自分の意志で決めたそうだ。165cmがちょうど男役も女役もいける身長なので選びやすいという。真琴つばさは昔、1オクターブ高い声だったので女役を勧められたという。トップスターは低い声を出すために日夜トレーニングをしていたという。

このあと 男役テクニックを伝授!

キーワード
宝塚歌劇団
風と共に去りぬ
大地真央さん
紺野まひる

宝塚100周年!歴代スターが全て告白 90分スペシャル!! (バラエティ/情報)
10:30~

女性が男役を演じるため、様々な努力をしているタカラジェンヌ。男らしく見せるコツはグラスを持つ時は肘を張り、肘と付く方に体重をかけること。さらに和央ようかが男らしい立ち方を伝授。ポイントは親指をポケットに入れることで、男らしい歩き方はガニ股で大股に歩くこと。和央ようかが宝塚男役スターの客席への礼の仕方を溝端淳平に伝授した。

宝塚男役スターの現実世界での苦労は女の人が普通どうするのか分からず、ドアを開けた時に「どうぞ」と普通にやってしまったり、男の人と組んで踊る時に自分が先導してしまうことなどと真琴つばさらが語った。

宝塚歌劇団35期生の寿美花代は1950年代、星組の男役トップスターとして絶大な人気を誇った。宝塚に入ったきっかけは当時通っていた女学校が全焼してしまい、新聞で宝塚の生徒募集の広告を見たこと。宝塚の入学試験に遅れ、試験を受けれなかったが、合格発表を見に行くとなんと合格していた。いい役がもらえるようになったきっかけは3人の重要な役のうちの1人が風邪で休み、代役の人も頭が大きくてカツラが入らず、新入生の中で寿美花代がカツラ入ったため。3分で振りを覚えて舞台に出たという。

寿美さんの驚きのあだ名とは!?

キーワード
宝塚歌劇団
寿美さん

宝塚100周年!歴代スターが全て告白 90分スペシャル!! (バラエティ/情報)
10:39~

元宝塚スターの寿美花代さんの現役時代のあだ名は「極悪人」。宝塚は台風などで客が50人以下だったら公演中止になる。ある日、49人で公演中止になると思われたが、2人のアベックが入ってきたため公演をやることになった。そのため、そのアベックをみんなでニラんだのだという。最後に寿美花代が100周年の宝塚歌劇にメッセージを送った。

宝塚には代役表というものがあるため、行く前に自分の役の他に代役の分も覚えている。主役の代役もあるが、代役をやらせるということはチャンスを人にあげることになってしまうので40度の熱があっても這ってでも舞台に出ると紫吹淳が語った。

歴代トップスターの名シーン!

キーワード
宝塚歌劇団

宝塚100周年!歴代スターが全て告白 90分スペシャル!! (バラエティ/情報)
10:45~

宝塚歌劇団のトップスターが退団するタイミングは人それぞれ。

1980年代、絶大な支持を得たのは当時26歳で男役トップに抜擢された大地真央。そして伝説となったのは退団挨拶。さらに、真琴つばさのフィナーレも宝塚の歴史に残る名シーンだった。

当時26歳で男役トップに抜擢された宝塚歌劇団59期生の大地真央が宝塚の魅力などについて語った。また、当時すごい人気で楽屋口には人がいっぱいいたため、車が出せなかったなどのエピソードなども語り、最後に100周年を迎える宝塚歌劇にメッセージを送った。

宝塚歌劇団は客様が期待しているのを感じて、ここは!という時はアドリブもOK。

タカラジェンヌは恋愛禁止とは言われていないが、お客様の夢を壊してはいけないと思っており、そこはヒミツだと語った。また、先輩の男役はカッコイイので、ハードルが上がってしまい困っているなどという話も語った。

遼河はるひが兵庫県・宝塚市へ退団以来4年ぶりの里帰り。阪急宝塚駅から大劇場を結ぶ花のみちは春になるとその名の通り、色とりどりの花が咲き誇る美しい小径。遼河はるひは宝塚時代、この小径はお客様を見下ろす形になるので、歩かずに下の道を歩いていた。次に遼河はるひが宝塚時代によく通った「パスタ」に行った。するとそこに宝塚好きの芸能人が乱入!

キーワード
宝塚歌劇団
大地真央
宝塚市(兵庫)
花のみち

宝塚100周年!歴代スターが全て告白 90分スペシャル!! (バラエティ/情報)
10:58~

遼河はるひが宝塚によく通ったというパスタ、早速思いでの味を注文する事に。そこへアジアンで宝塚ファンの隅田美保さんが店員として現れた。実は7年パスタでアルバイトをしていたと言う。遼河さんの大好物のブタピ&ホワピとは?ホワイトピラフと一番人気の豚高菜ピラフ。そのお味は?ホワピは「おいしい。自分では出せないピラフの食感が好き。」ブタピは「思い出の味。」と話した。なぜアルバイトをしたかったのか?隅田美保さんに聞くと実はタカラジェンヌになりたかった、と返ってきたが年齢制限に間に合わなかった。などと話した。

隅田さんの為につづいて向かったのは宝塚大劇場から歩いて3分の美容室「ラ・シェンテ」、ここで遼河さん自らが宝塚男役メークを伝授した。メイクすること30分でメイクが完了した。

隅田が宝塚メークをしたまま向かった先は「宝塚大劇場」を通り過ぎ、紫吹淳さんが大好きだったお店「喫茶店 ポピー」を訪れた。ここには真矢みきさんや天海祐希さんも大ファンの名物メニューがあると言う。紫吹さんが毎日楽屋に届けられ飲んでいたという名物メニューはイチゴジュース、「おいしい」と飲んだ。

キーワード
アジアン
ホワイトピラフ
豚高菜ピラフ
イチゴジュース
紫吹淳
真矢みき
天海祐希

宝塚100周年!歴代スターが全て告白 90分スペシャル!! (バラエティ/情報)
11:08~

宝塚の思い出の店に立ち寄った遼河さん、そこへしのぶちゃんが現れた。彼女は大劇場の隣の喫茶やどり木の名物店員だったと説明した。ここでしのぶちゃんが真琴つばささんとの写真思い出の品を見せるなどして盛り上がった。そして夜になり2人は宝塚音楽学校旧校舎を訪れた。

現在はすみれミュージアムとして利用されている旧宝塚音楽学校舎に入った。下級生は階段の端を駆け上がっていた為階段の端がすりへっていた。遼河さんは「天海祐希さんが当時のトップだった頃のエールの残照ごっこを上級生がいない時にこっそりしていた」などと階段にまつわるエピソードを話した。そして3階の日舞教室へ。バレエを踊った後に着替えて三味線をひいていたなどと話した。

タカラジェンヌも認めた絶品スイーツ!

キーワード
しのぶちゃん
真琴つばさ
天海祐希
エールの残照

宝塚100周年!歴代スターが全て告白 90分スペシャル!! (バラエティ/情報)
11:16~

東京・青山にある「THE BIOKURA」、元タカラジェンヌがアドバイザーとして参加し現在は20人以上の元タカラジェンヌが働く店として話題になっている。とろーり湯葉のベジオムライスセットなど低カロリーでヘルシーなメニューが女性に大人気となっている。今回は人気の豆腐スイーツ3品をスタジオでいただく。「大吟醸おとふけ豆腐ケーキ」、「アプリコットタルト」、「リッチガトー・ショコラ」それぞれ好きなものを選んで食べた。

タカラジェンヌの結婚観は?紫吹淳は「3高(高身長、高学歴、高収入がいい。普通はいや。」などと話した。溝端淳平に真琴つばさが「この世に4人しか女性がいなくなりました。誰を選ぶ?」と聞いた。

キーワード
大吟醸おとふけ豆腐ケーキ
とろ〜り湯葉のベジオムライス
アプリコットタルト
リッチガトー・ショコラ

宝塚100周年!歴代スターが全て告白 90分スペシャル!! (バラエティ/情報)
11:22~

溝端淳平が選ぶタカラジェンヌは?「紫吹さんに認められる男性になりたい」と答えた。

宝塚100周年、現役タカラジェンヌからのメッセージ、雪国トップスターの壮一帆さんは「200周年、300周年も変わらずにファンの方に喜んでいただける舞台作りを目指したい」と話した。宙組トップスターの凰稀かなめさんは「私達がしっかりと受け継いで次の世代に繋げたい。お客様に楽しんでいける舞台を届けていきたい」と話した。

雪国公演の「Shall we ダンス?」「CONGRATULATIONS 宝塚!!」が東京宝塚劇場で1月2日から2月9日まで公演される、と予告した。宙組公演の「ロバート・キャパ 魂の記録」「シトラスの風2」が中日劇場で2月4日~2月28日まで公開されると予告した。

キーワード
宝塚歌劇
壮 一帆
愛加あゆ
Shall we ダンス?
CONGRATULATIONS 宝塚!!
ロバート・キャパ 魂の記録
シトラス の風II

エンディング (その他)
11:23~

次回は六代目中村勘九郎さんが登場。

スポット

グルメ

パスタ
THE BIOKURA
喫茶店 ポピー
喫茶やどり木

スクール/教育

宝塚音楽学校

レジャー/交通

東京宝塚劇場
宝塚新温泉
宝塚大劇場
中日劇場
阪急電鉄
阪急宝塚駅
すみれミュージアム

美容/健康/医療

ラ・シェンテ
  1. 前回の放送
  2. 12月29日 放送
  3. 次回の放送