情報ライブ ミヤネ屋 2014年3月10日放送回

『情報ライブ ミヤネ屋』(じょうほうライブ ミヤネや)は、読売テレビの制作で、2006年7月31日から、月曜日から金曜日の午後に生放送されている情報番組・ワイドショーで、宮根誠司の冠番組。略称や新聞テレビ欄での表記タイトルは『ミヤネ屋』。放映開始当初は関西ローカルであったが、2007年10月1日放送分より日本テレビ・テレビ信州を除いた系列局、2008年1月7日よりテレビ信州、同年3月31日放送分より日本テレビ、2014年1月6日放送分より日テレNEWS24 とネット局を拡大。ハイビジョン制作、2011年10月3日からモノステレオ放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年3月10日(月) 13:55~15:50
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:56~

オープニング映像と宮根誠司、川田裕美による挨拶。

特集 (ニュース)
13:56~

佐村河内氏の”ゴーストライター”騒動で世間が注目するなか、堀江貴文氏の著作で半自叙伝的小説「拝金」と「成金」にも”ゴーストライター疑惑”が浮かび上がった。騒動をお越しのたのは「ブラックジャックによろしく」などで知られる人気漫画家佐藤秀峰が「実際には堀江さんは文章は書いておりません。代筆者がいるとのこと」と暴露したのだ。実は佐藤は今回騒動となった小説の表紙のイラストを担当していた。当時担当編集者からは「「小説の世界ではよくある制作手法で何ら恥ずべきことだとは思っておりません」と言われましたがやはり恥ずべきことであろうと感じます」とコメントしている。

今回暴露した人気漫画家の佐藤秀峰のプロフィールを紹介した。主な作品には「海猿」や「ブラックジャックによろしく」などがある。騒動の経緯は2010年6月に「拝金」2011年2月に「成金」を出版し、佐藤がイラストを担当。2014年3月7日に佐藤がインターネットで「実際には堀江さんは文章を書いておりません」と暴露した。

堀江貴文のゴーストライター問題についてスタジオではそれぞれの見解を語った。池田は佐村河内の問題とは体質が違うのではないかと言及し、白石はアイディアなどを出して忙しいからまとめてもらうのが代筆なのか、丸投げでアイディア構想組み立ても含めて第三者に依頼するのか、そこの線引きがあるのではないかと指摘した。また堀江は「拝金」出版について、かつてプロットを考えて最初は漫画にしようと思っていたが小説することにったことをインタビューで答えている。嵩原弁護士は代筆で名前を出せばもちろん問題ないとした。さらに自叙伝と小説の違いでも異なってくると述べた。

徳間出版からのコメントを紹介。それによると「拝金」「成金」は堀江貴文さんの創作物として、共に作業にあたった人についてはその人物の意向もあり、書籍クレジットしていないなどとコメントしている。それを受けて、クレジットに名前を出す線引についても語られた。宮根は佐村河内とは全く違う問題のように思う、と感想を述べた。

先週金曜日に、二時間半に渡る記者会見を行った佐村河内氏について、専門家が改めて徹底分析をした。長きに渡りゴーストライターを起用し続けた佐村河内氏が行ったセルフプロデュース会見、果たして謝罪会見なのかそれとも、壮大なる反論会見だったのか、手話通訳で二時間半そこに現れた佐村河内氏の本音と人間性、そして戦略を臨床心理士、医師、謝罪のプロ、法律のプロ、井上公造などが生分析する。

広島市民たちの堕ちた英雄の不信感、会見では広島に住む妻の母親について「名誉毀損で訴えると話している」と佐村河内氏は話した。これまでに「娘は守にマインドコントロールされている」などと怒りを露わにしてきた佐村河内氏の妻の母親だった。また母を亡くした少女との“約束”について「申し訳ない気持ちでいっぱいです」と記者会見で話した。少女の気持ちを裏切った代償はあまりにも大きかった。宮城県石巻市に住む井上晃雄社長だが、佐村河内氏は母を亡くした少女に会うため宮城県石巻市に訪問、滞在したのはたった3分、井上さんによるとピアノの腕前は素人同然だったという当時の話をした。

二時間半にわたる会見、記者たちと壮絶な闘いの中で、臨床心理士の矢幡洋が隠された人間性を分析する。矢幡氏は「一方的にただただしおらしく謝罪するという自分じゃ我慢できない、会見をなめたような格好をしないとなんだか気が済まない、そういう反撃的な意味があったのかと思った」と話した。また「ノンフィクション作家の神山典士氏について、佐村河内氏の中に『神山憎し』という感情を抑えきれなくなって、暴露される元になった新垣さんとこの記者の2人が憎くてたまらない、やられたらやり返すという非常に強い攻撃性があり、ここらへんが非常に悪質な部分であるなと思いました」と分析した。

今回の佐村河内氏の会見を、企業に謝罪会見のアドバイスを行っている増沢隆太氏が分析する。増沢氏は会見に入念な準備をして臨んだと指摘、謝罪会見で幾度なく使われた言葉があると話した。増沢氏は「何かを受け答えするときに常に『すいません』ということが終始入っているが、これを徹底しているという点で、かなりよく準備をされてきたのかなという印象があります」と話した。

佐村河内氏の謝罪会見で最大の争点となったのは、佐村河内氏の聴力。筆跡鑑定を依頼された時に、手話無しで会話が成立しているように見えた場面があった。このあと専門家が徹底検証。一方、この謝罪会見を受け、新垣氏は「週刊文春の手記で述べたことは全て真実であり、それらを変更することはありません」と改めてコメントを発表した。

夜に出回っている数多くの小説。その中のいくつかは代筆によるものなのか?幻冬舎の舘野晴彦は「エッセーではなくて小説という形でライターさんを立てるというのは少ない例だと思います」と語り、スポーツ選手や会社の社長さんなどがエッセーなどを出版する場合は、逆にほぼ必ずインタビューしてまとめるライターは存在しクレジットに構成者という形で名前を表記しているという。さらに堀江貴文の小説にも名前をクレジットしておけば問題がなかったのではないかと指摘。佐村河内の騒動に端を発し明らかとなった”ホリエモン・ゴーストライター疑惑”果たして今後堀江からコメントはあるのか。

佐村河内氏に潜む悪質性、矢幡市は端的に表すキーワードを口にした。矢幡氏は「反社会性パーソナリティーというのは基本的に自分の利益しか頭にない、他人に迷惑をかけても全く罪悪感を起こさない」と話した。幾度なく口にした反省の言葉だが、そこに本心は宿っていないという。また矢幡氏は「彼は真剣な反省などのようなものは感じられない感性の持ち主ではないか」と分析した。

聴覚障害についての質問の際に応えた佐村河内氏の場面で感音性難聴、ABR、伝音性難聴、内耳、蝸牛などしばしば医学的な専門用語を使って会見に応えた。増沢氏は「医学的な用語を駆使して説明していました、おそらく私を含めて記者の方々も医学の専門ではないので、専門知識のやりとりになってしまうと攻撃がしずらいですよね」と話し、「非常に頭のいい、スマートな方だなという印象も感じました」と分析した。また巧妙な言葉使いとして増沢氏は「言ってみれば叱られるという言葉に一番象徴されていると思うんですけども、アピールすることができている、視聴者を自分の側につけるという効果もあるのかと」と分析した。

佐村河内氏が会見をコントロールしていたとまで話す、増沢氏だが会見ではマイナス面があったという。増沢氏は「謝罪として考えた場面には、この会見の中で一番目立ったシーンである新垣氏に対して『名誉毀損で告訴する』とかですね、他者に対して責任転換する攻撃するという部分は、これは本来お詫びとしてはダメです」と話した。これまでに新垣さんを批判した理由として増沢氏は「お詫び以外のことを考えてこの会見をしたのかと考えられる」と話した。

佐村河内氏が考えていた、お詫び以外のことについて増沢氏は「直近の問題として損害賠償の問題があると思います、それを1人で背負うのではなく少しでも減額できるためには、責任共犯者を作るということが必要なのかなと思います」と話した。近々起きるであろう賠償問題を見据えての新垣氏批判ではないかと語った増沢氏、佐村河内氏の心中を考える。

キーワード
佐村河内氏
堀江貴文氏
成金
神山典士氏
新垣氏
週刊文春
ゴーストライター
井上公造
拝金
佐藤秀峰氏
名誉毀損
石巻市(宮城)
舘野晴彦氏
堀江貴文
幻冬舎
ブラックジャックによろしく
佐藤秀峰
海猿
矢幡洋
反社会性パーソナリティー
増沢隆太氏
感音性難聴
伝音性難聴
ABR
徳間書店
損害賠償

特集 (ニュース)
14:43~

このあと…最新映像 佳子さま(19)大人の装いで…

キーワード
佐村河内氏
感音性難聴
佳子さま

このあと… (その他)
14:51~

このあと…最新映像 佳子さま(19)大人びたお姿で母・紀子さまと展示会へ。熱唱映像“柏通り魔”容疑者がカラオケで…、あす震災3年 行方不明者めぐる苦悩。

キーワード
佳子さま
紀子さま
震災

ニュース (ニュース)
14:54~

マレーシア航空機が消息をたって2日がたち、9か国1000人規模で捜索が行われているがいまのところ有益な情報は上がっていないとマレーシア航空当局は述べた。ベトナムの複数のメディアはベトナム南方の海域で期待の破片とみられる物体が見つかったと伝えたが、マレーシアの航空当局は、その物体を消息を絶った旅客機のものではないと否定した。また、マレーシア航空当局によると少なくとも二人の乗客が他人名義のパスポートで登場した。

高知県土佐町土居の43歳の男が、娘の交際のトラブルから、自宅近くの路上で高知県の男性会社役員(49)の背中などを包丁でさし殺害しようとした疑いで逮捕された。刺された男性は大けがをしたものの命の別状は無いという。刺した男は、逃亡を図るも約五時間後に現場から約1キロの路上で緊急逮捕、その後黙秘を続けている。

マレーシア航空の事件に関してスタジオトークが行われた。

自身が顧問を務める「シャブロン」がプロポリスを無許可でがんに効く医薬品として販売していることを知りながら健康雑誌に掲載する原稿を作成したことで、薬事法違反ほう助の疑いで東京医科歯科大学名誉教授の男性(74)が逮捕された。男性は容疑を認めている。

日韓関係が冷え込む中、斎木外務次官が近く韓国を訪問し、日韓次官級協議をおこなうことが明らかになった。日韓次官級協議は今年1月にも行う方向だったが安倍総理の靖国参拝などで日程調整がつかなかった。次官級協議では従軍慰安婦問題をめぐり安倍政権としても河野談話を引き継ぐ方針であることなど説明するものとみられる。また4月下旬に予定されるオバマ大統領の訪日までに日韓関係改善に繋げたい狙いものともみられる。

幻の深海生物と呼ばれるユウレイイカが新潟県佐渡市の両津湾でいきたまま水揚げされ水族館に持ち込まれた。幽霊いいかが日本の近海で生きたまま水揚げされるのは珍しいいことだという。

東京医科歯科大学が宣伝を手助けした事件に関してスタジオトークが行われた。

キーワード
マレーシア航空
土佐町土居(高知)
シャブロン
東京医科歯科大学
プロポリス
斎木外務次官
安倍総理
河野談話
従軍慰安婦問題
佐渡市(新潟)
ユウレイイカ

特集 (ニュース)
15:03~

あすのミヤネ屋は「震災3年-それでも前へ それでも明日へ-」、福島から全編生中継でお伝えすると宮根が伝えた。

キーワード
佐村河内氏
新垣氏
日本コロムビア
講談社
サモンプロモーション
福島県

特集 (ニュース)
15:35~

千葉県柏市の通り魔殺人事件の容疑者が、カラオケで熱唱する容疑者のYouTubeでの映像を紹介。 チャットで容疑者と知り合ったという男性は容疑者について「ネコやウサギなどを殺したりという話は聞いていた」と語った。容疑者の小学校の同級生は「ガス銃などを見せられたことがある」と語った。 容疑者は社会に報復したい、借金があり生活に困っていたとはなしているという。

秋田県・八峰町では最大瞬間風速22.4メートルで、暴風雪警報が出ている。 京都府・京都市、亀岡市などでは、降雪確認された。 このあと 3月の最強寒波の影響を解説する。

キーワード
YouTube
柏市(千葉)
八峰町(秋田)
京都市(京都)
亀岡市(京都)

天気予報 (ニュース)
15:42~

明日は太平洋側では晴れるが、北陸・東北の日本海側では明日は雨や雪が降る予報だとスタジオで蓬莱大介が解説した。 秋田市内の映像が映った。

キーワード
秋田市(秋田)

天気予報 (ニュース)
15:47~

明日は太平洋側では晴れるが、北陸・東北の日本海側では明日は雨や雪が降る予報だとスタジオで蓬莱大介が解説した。 秋田市内の映像が映った。

キーワード
秋田市(秋田)
  1. 前回の放送
  2. 3月10日 放送
  3. 次回の放送