情報ライブ ミヤネ屋 ▽「なんで私だけが…」倉持氏元妻が山尾議員へ「謝罪して」(他)

『情報ライブ ミヤネ屋』(じょうほうライブ ミヤネや)は、読売テレビ放送 (ytv) 制作で、2006年7月31日から月曜日 - 金曜日に生放送されている宮根誠司が司会の情報番組。宮根の冠番組でもある。通称及び略称は『ミヤネ屋』。ハイビジョン制作(地上デジタル放送のみ)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月20日(金) 13:55~15:50
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:55~

オープニング映像と、司会者による挨拶。

ニュース (ニュース)
13:55~

水難事故に見せかけて妻を殺したとして、29歳の男が逮捕された。夫によると、妻は和歌山・白浜町でシュノーケリングをしていた際に溺れたという。しかし、妻の体内から大量の砂が発見され、水難事故としては不自然なことが判明。また、2人は去年から夫の女性関係や金銭トラブルが原因で離婚協議中だったが、2人でシュノーケリングに出かけたり、事件の数ヶ月前にお互いを受取人とする生命保険に加入していたりと、不自然な点も多い。

事件現場となった和歌山県白浜町の海岸から中継。事件当日は雨が降って風があり、普段より人出は少なかったとみられている。逮捕された夫は当初「トイレに行っている間に妻が溺れていた」と話していたという。

去年7月、大阪市の夫婦が和歌山県・白浜町の海水浴場を訪れ、妻が溺れて死亡した。解剖の結果低酸素脳症による溺死と言われていた。夫は当時「2人でシュノーケリングをしており、10分ほどトイレに行って戻ってくると妻が溺れていた」と証言。当時は水難事故と見られたが今日、夫を殺人の容疑で逮捕した。溺死の不可解な点について、妻はダイビングのライセンスを持っており現場は水深の浅い岩場であったこと。事件当日は天気が悪く気温も低かっため泳ぐには適していない天気だったこと。妻が体内から大量の砂が見つかったことで、警察が地元のダイビングショップに問い合わせたところ、波打ち際で溺れた場合は少量の砂を飲み込むことはあるが一般的な溺死で砂を吸い込むことはないとのこと。警察は浅瀬で犯行に及び妻を溺れさせたとみて調べている。

ナッツ姫、水かけ姫につぎ、その母親にもパワハラ疑惑。公開された相手を罵倒する音声の主とされているのが、 ナッツ姫らの母親。また、相手を跪かせ頬を叩いたという報道もされている。発端となったナッツ姫問題は、2014年に当時大韓航空の副社長を勤めていた姉が、スタッフのナッツの出し方に激怒し、離陸直前の飛行機を引き返させたもの。ナッツの出し方がマニュアル違反というのは副社長の勘違いだったのだが、他の職員に責任を転嫁し、逆ギレした。副社長は、この問題で航空保安法違反の疑いなどで逮捕。懲役10カ月、執行猶予2年の判決が下った。先月には、韓進グループ系列会社の社長に復帰。

趙一族は韓進グループという財閥の1つで、今回音声が出てきたのは母親。娘達には4年前に「ナッツ・リターン事件」を起こした姉、妹は水かけ姫と言われており、長男も車の運転中にトラブルとなった70代女性を押して転倒させ暴行王子と呼ばれている。母親は元国土交通部次官の長女で、自宅リフォーム中の作業員に罵倒する母親とされる音声が公開された。父親は韓進グループ2代目会長で、2014年には平昌五輪の組織委員長に就任しているが、韓進グループの緊急懸案のため2016年に辞任。元駐韓大使の武藤氏は「韓国では財閥と企業の社員は殿様と家来。母が変わっているので、娘達も同じ傾向になる。」などと述べた。母親のパワハラ言動について、罵声などの事例が大韓航空の殆どの社員が昔から知っている内容だという。鉢合わせ人全員に暴言と罵声を浴びせると言っても過言ではなく、運転手は顔に唾を吐かれたり暴行されたりするとのこと。

水かけ騒動の話題。先月16日、広告代理店との会議で水かけ姫が参加者に水をかけた。後日、そのことが匿名のSNSに投稿され、その後他のパワハラ被害報告が相次いだ。これを受け、水かけ姫はSNSで謝罪。その後、有給休暇を使いベトナムへ行った道中で、インスタグラムに投稿をし、炎上した。今月14日、韓国メディアは別のパワハラ音声を公開。二日後、大韓航空は水かけ姫を専務の業務から外したと発表した。警察は、17日から本格捜査を開始し、昨日大韓航空本社に家宅捜索し、暴行容疑での立件を視野に捜査している。住田は、「暴力を行うことに快感を覚えてるようなタイプでは」とコメント。

このあと 一家ぐるみ?新疑惑 衝撃の中身

今月には、ナッツ姫の妹によるパワハラ疑惑が浮上。妹は、広告代理店との会議で、紙コップに入っていたドリンクを出席者にかけたという。ナッツ姫にあわせ、妹には水かけ姫の名がついた。昨日、この問題で大韓航空本社に警察が家宅捜索に入った。今週月曜日には、国内で市民団体の抗議パフォーマンスが行われた。姉妹の母親は2013年、自宅に訪問中の作業員を罵倒したとされる音声が公開。更に、ビンタなどの暴行もあったという報道もされた。大韓航空は、音声が母親本人かの確認には応じられないとしている。その後も、母親によるパワハラが次々と報告。

一方で、家宅捜索はやりすぎとの声もあがっている。昨日、警察は家宅捜索で、水かけ姫の個人用・業務用の携帯電話2台と、会議に出席していた役員の携帯電話などを押収。警察関係者は、国民の関心が高い案件であり、捜査に必要な証拠が毀損などされる可能性があるためと主張。ネットでは、水をかけただけで家宅捜索は、公権力によるパワハラではなどといった指摘があがっている。韓国の弁護士は、容疑自体深刻なものではなく、この程度で家宅捜索は明らかに異常としている。また、新たな疑惑として、大韓航空総帥一家の為の密輸入チームがあったと大韓航空職員が証言。仁川空港に入ってくる特定の飛行機は、一家の巨大な海外輸入用運送船と表現した。

2人の夫婦関係について、ペット関連の専門学校の同級生で2009年に交際を開始して2015年に結婚。2017年に別居を始めるが事件当時は離婚協議中で夫の女性関係や金銭問題が原因。事件の数ヶ月前までに複数の生命保険にお互い加入しており、金額は数千万円程度で受取人は双方だった。春川は「保険金目的の可能性もあるが、状況証拠の1つにしか過ぎない。」などと述べた。保険金を請求していないことについて宮根が警察が当初から疑っていて、請求ができるような状況ではなかったのではないかと訪ねると住田は「その可能性は大いにある。」などと述べた。

キーワード
白浜町(和歌山)
韓進グループ
大韓航空
パワハラ
ナッツリターン
航空保安法
ソウル(韓国)
SNS
インスタグラム
暴行
仁川空港
家宅捜索
平昌五輪
ベトナム
仁川
大阪市(大阪)
低酸素脳症

ニュース (ニュース)
14:28~

大韓航空総帥一家の為の、密輸入チームがあった疑惑。証言した職員によると、仁川空港には80人程で運営される大韓航空手荷物運営チームがあり、その中に5、6人の別働隊があり、支援業務担当と呼ばれているという。その中でも多かったのが、長女の物品。また、会社の物のようにして持ち込まれ、運賃が支払われないこともあり、貨物が出てくると待機していた大韓航空の乗合車が突然貨物を乗せて消えたという証言もある。武藤は、「今まで内部告発がなかったのは、大韓航空の体質なのかも」と話した。ナッツ姫は現在社長の地位についている。春川は、「アメリカの高いビルに、大韓航空のマークが入っていてすごいなと感じた」とコメント。武藤は、「韓国は何事も財閥に頼っている為、解体は難しい」と話した。

弁護士とのW不倫疑惑を報じられた山尾志桜里衆院議員について弁護士の元妻が慰謝料500万円を請求。提訴も検討もしている。元妻は取材で「全てを明らかにして謝罪してほしい。」などと話した。ホテルや自宅での週4密会も報じられたが山尾議員は出直し選挙に当選すると、弁護士を自身の政策顧問に指名。弁護士は妻と離婚し不倫騒動は収束したかに見えた。独占取材、弁護士の元妻をインタビュー。あの”不倫疑惑”の裏側。

キーワード
大韓航空
山尾志桜里衆院議員
不倫
仁川空港
週刊文春デジタル
国土交通省
ロサンゼルス(アメリカ)

ニュース (ニュース)
14:36~

2015年に弁護士と結婚したA子さんは息子も授かり幸せな生活を送っていたが、去年8月からA子さんが体調を崩し、「このまま放置すると脳梗塞になる」と医師から診断され、弁護士からの勧めもあり療養のため息子と実家に帰省した。しかしこの間には週刊文春で週4の密会を報道。たまたま自宅に戻ったA子さんはリビングに飾っていた結婚式のウェルカムボードがクローゼットに隠されているなど異変を感じたという。帰省中のA子さんにマメにLINEで連絡していた弁護士。家事を余りしない夫が掃除などをしており、違和感を覚えたが不倫に結びつくことはなかった。文春報道後、弁護士は「仕事だったから」と繰り返しその日を境に自宅に帰らなくなり、電話やLINEで問いただしても答えは同じだった。不倫疑惑報道から1か月、弁護士の言葉を信じ家族3人で暮らすことを決意したA子さん。しかし「一緒に暮らしていく自信がない」と言われ、弁護士も立てられないまま離婚承諾。更に息子の親権を委ねてしまった。LINEでは弁護士から「ここに来て文春に話すなんて言ったら、長男も含めて破滅だから」とコメントが送られた。その頃山尾議員は衆議院選挙で再選、弁護士を政策顧問に起用した。

離婚から5か月、気がかりだったのは弁護士と暮らす2歳の息子で、離婚時の取り決めで過ごせるのは週末の2日間だけ。状況が分かっているのか息子が帰りたがらない時があり心を痛めた。息子と元の暮らしをと考えたA子さんだが、弁護士は話し合いに応じなかったため週刊文春に手記を掲載する決心をした。しかし週刊文春発売の1週間後、弁護士からAさんに「メディアの取材に応じるならば子供との面会交流を見合わせる。」とFAXがあり会うこともできなくなった。今弁護士に求めることとは。

キーワード
山尾志桜里衆院議員
不倫
週刊文春デジタル
LINE
週刊文春

このあと (その他)
14:50~

このあと 激白 弁護士元妻 いま思うことは…

キーワード
山尾志桜里衆院議員
不倫

最新NEWS (ニュース)
14:53~

与党は野党側の要求に歩み寄る姿勢はなく、野党側は反発を強めている。今後は安倍総理大臣への追及も強める方針。共産党の小池書記局長は、麻生財務相の責任は万死に値する、辞任するしかないと熱弁し、安倍総理の退陣しかないと訴えた。野党6党は麻生財務相の辞任や、”加計問題”をめぐる元首相秘書官の証人喚問などを求めている。野党側は国会審議を拒否し、委員会審議は野党6党が欠席する中行われた。与党側は、来週月曜日に予定していた安倍総理出席の集中審議を見送りに。自民党の森山国対委員長は、野党が出てこないことになると、強引にやっているイメージは良くないとコメント。与党側は、麻生財務相の辞任や、元首相秘書官の証人喚問には応じない方針。

中国中央テレビはおとといから、爆撃機や戦闘機などが編隊を組み、宮古海峡を抜けて台湾の東側を回り、実践的な訓練を行った。中国政府は、台湾の独立・分裂の動きは最大の脅威とし、蔡英文政権をけん制。台湾国防部は空軍機と軍艦を派遣し、中国軍の動きを監視。「我々には台湾を守る能力がある」とコメント。中国が、台湾は中国の一部であることをアピールし、台湾に接近するアメリカを牽制する狙いがあるとみられる。

加山雄三さんが事実上のオーナーを務める、全焼し沈没した光進丸をのせた船がけさ6時半頃、静岡県西伊豆町の安良里漁港を出て、静岡市の清水港に向かった。船は午前10時頃清水港に到着し、光進丸は午後1時頃クレーンで岸壁に移された。警察などは、早ければ週明けにも実況見分を行うとしている。加山雄三さんは現場には訪れていない。

アルプスの景色や雪の回廊が楽しめる志賀草津高原ルートがきょう開通。今年1月に本白根山が噴火し、開通が危ぶまれていた。気象庁が噴石に警戒が必要な範囲を、本白根山から半径1km、噴火が警戒されていた湯釜から半径500mとし、立ち入り規制の範囲外となったため例年通り開通した。草津町は突然の噴火に備え、道路のそばにシェルターを設置するなど対策を進めている。

けさは寒かった大分県日田市は、日中にかけて気温が上がり、午後1時半前には30.7℃を記録。大分の犬飼、広島の加計、鹿児島の柏原で30℃まで上がり、今年全国初めての真夏日となった。東京都心でも26.2℃まで上がり、今年一番の暑さとなり、夏日の地点数も全国927地点中260地点にのぼり、今年最多。暑さはあさって日曜日まで続く。4月としては記録的な暑さの所も。熱中症など体調管理に注意。

スタジオでトーク。国会が止まっていることについて、金子恵美さんは、重要法案が控えている中で国会が審議できない状況なのは深刻、野党として辞任を求めるのは分かるが、辞任しても終わらない、省庁の立て直しをしてもらわなければならないので、国民がそのように求めていることを野党は理解して活動してほしいなどとコメント。宮根誠司さんは、財務省の問題を始めいろいろなものがモヤモヤしている、一方で大事な法案が通らないと国民の生活がどうなるかとコメント。鈴木美穂さんは、責任説明は果たしてほしいなどと述べた。

スタジオで気温についてトーク。東京は現在25.8℃。宮根誠司さんは、服装に困る、雪が降ったと思ったらすぐ桜が散ってもう真夏日とコメント。また、ゴールデンウィークも気温が上がりそうだから気をつけてと述べた。

キーワード
麻生財務相
中国中央テレビ
中国空軍
台湾(中国)
加山雄三さん
光進丸
清水港
志賀草津高原ルート
中之条町(群馬)
真夏日
夏日
渋谷(東京)
国会記者会館
安倍総理大臣
小池書記局長
共産党
加計問題
衆議院
自民党
森山国対委員長
台湾国防部
宮古海峡
安良里漁港
気象庁
噴火
草津町(群馬)
本白根山
湯釜
静岡市(静岡)
日田市(大分)
犬飼(大分)
加計(広島)
柏原(鹿児島)
銀座(東京)
熱中症
大分
広島
ゴールデンウィーク
財務省
広島県
大分県

ニュース (ニュース)
15:01~

立憲民主党の女性議員と男性弁護士のW不倫疑惑が報じられた問題で、男性弁護士の元妻が女性議員に対し、謝罪と慰謝料500万円を求めていることがわかった。議員側はきょうまでに回答を出すとしている。

立憲民主党の女性議員と男性弁護士のW不倫をめぐり、スタジオでパネルを用いた解説と、出演者によるトークが行われた。男性弁護士の元妻・A子さんが、女性議員に対して提訴の構えを見せた背景には、先月下旬、A子さんが女性議員に対し謝罪と慰謝料500万円を求め内容証明を送付したにも関わらず、女性議員側が先週の期限までに回答を出さなかったこと、その上で、女性議員から代理人を通じて「きょうまでに回答する」と連絡があったことなどが挙げられる。A子さん側は、女性議員側の回答を踏まえて示談にするか提訴をするかを考えるという。さらにA子さんは、元夫の男性弁護士に対し、長男の親権変更の申立を裁判所に行う方針を固めている。こうした一連の流れについて、A子さんの息子と同年代の子を持つ金子恵美氏は「可愛い盛りの子を持つ母親として、A子さんには共感するところがある。女性議員がまずするべきことは、疑義を持たれることをとったことを政治家としてはもちろん、一人の女性として反省し、A子さんに謝罪すること。女性議員もお子様がおられるから、愛する我が子と引き離されているA子さんの辛さはわかるはず」とコメント。また離婚そのものについて、ガタルカナル・タカ氏は「病気や精神的なダメージから奥様側は弁護士を立てにくいだろうし、対する元夫は弁護士でその道のプロ。元夫の方が有利になってしまう状況がどうしても出てきそう」と話した。

今回、A子さんは、女性議員側に対し謝罪と慰謝料500万円を求める内容証明を送付し、元夫で女性議員との不倫疑惑を報じられた男性弁護士については、長男の親権回復の調整手続きを検討するよう訴えかけているが、いずれも明確な回答は得られていない。これについて、弁護士で元検事の住田裕子氏は「女性議員には、姻関係を破綻させた第三者、不法行為による原因者としての責任追及を受ける可能性がある。慰謝料の金額の多寡はともかく、慰謝料請求自体の時効は経っていない。またもう1つ、不貞行為があったかどうかについては、ご本人がいくら否定しようしても裁判所は司法判断として、こういう風な状況があった場合には認定する場合がある。そういう意味でいうと、慰謝料の何百万円の中で十分考慮される、検討されることが一つある」と述べ、また「もう1つ大きいのは親権の問題。乳幼児の場合であれば、母親の方へ行くのが普通だが、今回の場合であれば体調面や心理面を考慮した上で、父親の元弁護士の方へ行くのを認めざるを得なかったのだと思う。それから若干立ち直られて、A子さんは今やこういう形でご自身の意思を表明されている。それから一番大事なのはお子さんのこと。2歳児というと、言葉が出始めて感情も現れ、色々なことを理解しはじめる年頃。だから、A子さんと別れるときに駄々をこねるというのは、どちらかというとお母さん側に軍配があがる可能性が大きい。家庭裁判所にいくと、心理の専門家がきちっと確認してくださるので、長男の親権変更も通る可能性があるとおもう。裁判所の判断の末、親権がお母さんの方へ行くことになったら、男性弁護士は父親の責任として収入に見合った養育費を支払うことになるとおもう」と語った。また春川正明氏は「インタビューの中にもあったが、A子さんの中で一番にあるのは、お子さんにとって一番良い環境を作りたいということ。ただその一方で、男性弁護士との不倫が報じられた女性議員は野党のリーダーとして注目を浴びて舌鋒も鋭かったのに、自分のことになったときは説明せずにああいう風にやめてしまった。政治をずっと追ってきた人間としてはそのことがすごく印象に残っている。また女性議員は男性弁護士との男女の関係を否定しているが、政策顧問として関わっているなら今回のことはなおさらきちんと説明するべきだとおもう」と述べ、金子恵美氏はこのコメントを受けて「(女性議員は)私の主人のときにひときわ強く批判をされていた方。人は攻撃するのに、今回の不倫問題やガソリンの問題に関してきちんと説明責任を果たさないというのは政治家として不信感を持っています」と発言。ガタルカナル・タカ氏は「(金子さんの)ご主人はすぐに謝って偉かった」とコメントし、宮根誠司も「育児やビジネスのほうもさることながら、ご主人がサンジャポでこなれてきてよかった」と話した。住田裕子氏は、話をA子さんに戻して「面会交流は本来親のエゴではなく子どものために行われるもの。文春に出たからといって懲罰的に会わせないというのは、今回の大きな資料になるとおもう。大切なのは、お子さんがどちらと暮らすのを希望しているかということ。円満な方向で話し合いが進むことを望んでいる」という考えを示した。

海を越えて財務省とテレビ朝日の直接対決が行われている中。渦中の事務次官は今日カメラの前に姿を見せなかった。週刊新潮の取材、公開されたセクハラ音声も完全否定し、辞職に至っても否定を続ける次官。なぜこれほど強気でいられるのか、臨床心理士の八幡氏に分析を依頼した。

昨日の夜、テレビ朝日が財務省に向けて抗議文を提出した。麻生財務相は今日午前、抗議についてはしっかり受け止めるとしつつまずは話を伺っていく必要があると述べた。疑惑については調査をしないと何とも言えないとコメント。財務省が委託した弁護士を通じて引き続き女性社員から話を聞く方針。住田さんは、「依頼した側はどうしても意向に沿ったことを念頭に置く。第三者的な立場から調べるのが一番いい」とコメントした。

セクハラ発言を完全否定している財務次官。八幡氏は「財務次官は根っからのファイター気質。競争心が強く、自分の強さに対する自信が見てとれる」などとコメントしている。おとといの辞任会見での財務次官の様子については、「選ぶ言葉を一つ間違えるだけでもアウトだというプレッシャーに押し負けている」などと分析。一夜明けた様子については、「元来のファイターが戻ってきた。プレッシャーさえなければファイトを続ける」などと述べている。

厚労省はセクハラについて、「職場で労働者の意に反し性的な言動が行われ、それを拒否・抵抗したことで言及などの不利益を受けたり、環境が不快になり労働者の能力発揮に重大な悪影響が生じること」などと定義している。性的な話題をしばしば口にすること、恋愛経験を執拗に尋ねること、性的な発言に対し抗議した者を配置転換すること、職務上の地位を利用して性的関係を強要することなどは、セクハラに当たる。

日本初のセクハラ裁判が行われたのは1989年で、「お盛んらしい」などと吹聴した上司のセクハラが原因で退職に追い込まれたとして、女性社員が上司と会社に慰謝料を請求。この裁判が報道され、セクシャル・ハラスメントがこの年の新語・流行語大賞の金賞になった。

立憲民主党の女性議員と男性弁護士のW不倫疑惑が報じられた問題で、番組は男性弁護士の元妻で、現在女性議員に謝罪と慰謝料とを求めているA子さんに取材を試みた。一連の問題についてA子さんは「私が(週刊文春に)話したことを条件に『子どもにあ会わせない』っていうのは違うなと思いましたし、許せないことでした」「(子どもと会えない時期は)地獄のような日々でした」と述べ、また元夫である男性弁護士については「離婚するときに『私(A子さん)と息子のことはフォローしていく』と言ってくれていたところもあるので、今の状況をみて、息子のことを一番に考えて息子を私のところに返してほしいと思います。今こうある問題は、まったく子どもには関係がない。子どものことを一番に考えて、子どもを母親のもとに返してほしい」と悲痛な思いを語った。A子さんは先週末、1か月ぶりに息子と過ごしたという。一方、土曜日、都内で開かれた音楽・トークショーに出演した女性議員は、議員として政策議論をするとともに、かつて自身が出演したミュージカル「アニー」の主題歌、「Tomorrow」を熱唱して訪れた人々を楽しませた。W不倫が報じられた後も、元夫を政策顧問とし、行動を共にしている女性議員について、A子さんは「女性議員には、何もなかったことにするのではなくて、事実を話してすべてを明らかにしてほしい。そして謝罪してほしいと思います」「(女性議員も)小さな子を持つ母親として、妻として、わかるところ、わかってもらえるところがあるのに、どうしてなんだろうと思います」と複雑な胸の内を明かした。

八幡氏は、次官が生まれ持ってのファイター気質だと話す。初めてセクハラ疑惑を追求された際、頭ごなしにアグレッシブに否定した点を注目し、パワーで物事を判断していると分析した。また、この競争心の強さが財務省の出世争いを戦い抜く原動力だとした。次官の深層心理が最も現れた場面が、辞任会見で音声が自分のものか問われた時だという。瞬きが多く、プレッシャーに押し負けていることの現れだと指摘した。翌日の取材では瞬きをしておらず、気持ちに余裕を取り戻したと分析した。今後はプレッシャーさえなければ、基本的にファイトを続けると思うと八幡氏は予測した。

財務省への行政指導について、厚労省の担当者は「厚労省の管轄はあくまで一般企業。財務省の管轄は人事院で、厚労省が行政指導を行うことはない」と話している。人事院の担当者は、「各省庁には研修を行うなど周知徹底している。行政指導などは特に行っていない」としている。住田裕子は、「財務次官は化石時代の人で研修の効果がなかったのかもしれない」などと話した。

キーワード
山尾志桜里議員
不倫
麻生財務相
財務省
テレビ朝日
週刊新潮
セクハラ
厚労省
法務省
セクシャル・ハラスメント
週刊文春
週刊文春デジタル
アニー
Tomorrow
親権
内容証明
人事院
新語・流行語大賞
養育費
家庭裁判所
野党
文春
サンジャポ
面会交流

ニュース (ニュース)
15:33~

20歳以上の女性300人に聞いたところ、37.3%がセクハラ経験があると答え、51.6%が何も言えずに我慢したという。金子恵美は、「妊娠・出産をした時、先輩議員から『結婚や妊娠のタイミングも分からないのか』と言われたことがある。相談をするなど最大限の配慮もしたが、そういう批判もあった」などと話した。

「お疲れさん!」と言いながら肩を揉む行為や、「最近太った?」と言いながらおなかをさする行為は、セクハラに当たる。住田裕子によると、原則としてボディタッチはセクハラに当たるという。「恋人できた?」と聞く行為や、露出度の高い服を着ている人をジロジロ見る行為も、原則としてセクハラに当たる。「男のくせにこんなこともできないの?」と女性が言うこともセクハラになる。

キーワード
セクハラ

ニュース (ニュース)
15:41~

刑務所を脱走した受刑者が潜伏していると思われる広島県・向島から中継。脱走から13日経ったきょうは460人態勢で警察が捜索しているが、今のところ有力情報は入っていない。島の中には1200件ほどの空き家があり、その多くは持ち主不明のため、捜索の足かせになっているという。

キーワード
広島県
向島

お知らせ (その他)
15:46~

映画「名探偵コナン ゼロの執行人」の告知。今作は公開から1週間で175万人動員したという。「名探偵コナン ゼロの執行人」は全国東宝系で公開中。

キーワード
名探偵コナン ゼロの執行人
東宝

天気予報 (ニュース)
15:47~

気象予報士の蓬莱大介が全国の天気予報を伝えた。この週末は全国的に暑くなる見込みで、熱中症や紫外線などに注意が必要。

エンディングテーマ:Aqua Timez「未来少女」(EPICレコードジャパン)

キーワード
熱中症
Aqua Timez
未来少女
EPICレコードジャパン
  1. 前回の放送
  2. 4月20日 放送
  3. 次回の放送