情報ライブ ミヤネ屋 要警戒!北朝鮮の最新動向▽世界の危険ドライバー

『情報ライブ ミヤネ屋』(じょうほうライブ ミヤネや)は、読売テレビ放送 (ytv) 制作で、2006年7月31日から月曜日 - 金曜日に生放送されている宮根誠司が司会の情報番組。宮根の冠番組でもある。通称及び略称は『ミヤネ屋』。ハイビジョン制作(地上デジタル放送のみ)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年10月18日(水) 13:55~15:50
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:55~

オープニング映像から出演者挨拶。

ニュース (ニュース)
13:55~

台風21号の話題。台風21号は勢力を強めながら北上。23日月曜日には、上陸している可能性も。海水温はまだ高く、台風の勢力は保たれたまま上陸する予想だ。また、台風から離れていても、大雨となる模様。

22日の投開票日に雨は影響するのか。選挙と天気の関係のグラフによると、天気が悪ければ投票率も悪いという傾向にある。前回の選挙は戦後最低の投票率だったことから、スタジオでは今回の選挙も天気の影響で投票率が下がるのではという声があがった。

先週火曜日に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された清水アキラ氏の息子を、昨日所属事務所が解雇したことを、公式HPで公表した。これは、会見でアキラ氏が語った息子の今後通りの流れであった。

今週発売の週刊誌では、容疑者についての裏の顔が続々と報じられている。周囲との軋轢を生むほどの乱れた私生活を送っていたようだ。また、FLASHでは、付き合っていたタレントから1000万円近い金を借り返却していないなど、金銭トラブルと薬物にまつわる証言が。

昨日、容疑者が所属事務所を解雇された。週刊誌には、清水家に親しい人による、容疑者の生活態度や人間関係の悪化が報じられている。また、野球賭博にも関与していたなどの噂もある。4ヶ月の謹慎中、収入が無いことから賭博など行っていた可能性もあるという。本村氏によると、薬物が体内に入った合理的な理由がなければ、逮捕される可能性は高くなるそうだ。

今日、いしだ壱成さんが2度目の離婚を発表した。いしださんは2003年に元タレントの女性と結婚いたが、いしださんの亭主関白ぶりの為、3年後に離婚した。続いて2014年に一般女性と結婚していたが、今回約3年の夫婦生活にピリオドを打った。そんな中、つい先程東尾理子さんがイベントに登場しいしださんの離婚について「離婚理由は知らないが、離婚した事は本人から聞いた。残念だ。」等とコメントした。

いしだ壱成さんは自身のブログに「3年間結婚していた人と離婚した。全て私の不徳の致すところが原因だ。」等と綴った。離婚原因はいしださんの亭主関白だという。竹村さんは「いしださんの入浴中に、その後着る洋服を奥さんに用意させていた。」等とコメントした。アンミカさんは「自分で出来ることは自分でやるべきだ。」等とコメントした。橋本さんは「7種類のドレッシングを用意しておく事なんか簡単な事だ。」等とコメントした。本村さんは「奥さんが強い方が上手くいく。」等とコメントした。石田純一さんは「2週間程前に息子の離婚を知った。そんなとこは似なくてもいいのになと思った。何とか幸せを作って欲しい。」等と話している。

北朝鮮の挑発が懸念される中、5年に1度の中国共産党大会が開幕。この大会で、習近平政権は2期目に突入。 朝鮮メディアは、朝鮮労働党中央委員会が共産党大会に祝電を送ったと報じた。北朝鮮は、去年G20首脳会議にあわせミサイル3発を発射するなど、中国の節目に軍事挑発を繰り返してきた。中国には、約2万人の北朝鮮労働者がいる。また、国連の制裁により、北朝鮮の海産物が輸入禁止になったことから、密輸が行われている。中国は、国連の新たな北朝鮮労働者を受け入れない制裁に同意、更に密輸の取締を強化する。昨日、北朝鮮から亡命した李氏が、北朝鮮の内情について語った。今回の経済制裁により、北朝鮮は大きなダメージを得ると考えを示した。

キーワード
台風21号
秋雨前線
衆院選
清水良太郎容疑者
清水アキラさん
覚醒剤
週刊女性
FLASH
いしだ壱成
石田純一
東尾理子
金正恩委員長
李正浩氏
習近平国家主席
中国共産党
朝鮮労働党
中国共産党大会
北京l(中国)
丹東市(中国)
北京(中国)
ウェザーニューズ
清水エイジェンシーHP
清水エイジェンシー
公式HP
モト冬樹さん
労働新聞
G20首脳会議
「冷凍食品の日」PRイベント
一帯一路サミット
火星12型
BRICS
Arrivals
東京都
39号室
いしだいっせい オフィシャルブログ
国連安保理
丹東(中国)
安倍総理大臣

ニュース (ニュース)
14:45~

北朝鮮からとみられるハッキング攻撃によって軍事機密文書が大量に流出していたことがわかった。軍事機密文書の中には金正恩への斬首作戦の内容が記された計画もあった。古川氏は、「北朝鮮のサイバー攻撃の技術は見くびられている。韓国は機密情報の保護について考え直す必要がある。」とコメント。

今後の展開について、ティラーソン国務長官は、「トランプ大統領は戦争を目指しているわけではない。最初の爆弾が落ちるまで大統領が支持している外交努力は続く。」とコメント。一方でCNNは、「北朝鮮はミサイルが完成するまではアメリカ政府と交渉する考えがない」と報道している。古川氏は、「ミサイル発射は明日起きてもおかしくない。」とコメント。

キーワード
斬首作戦
ティラーソン国務長官
トランプ大統領
金正恩委員長
CNN
アメリカ
ICBM=大陸間弾道ミサイル「火星14型」

このあと (その他)
14:50~

専門家直伝”あおり運転”対処法はー

  1. 前回の放送
  2. 10月18日 放送
  3. 次回の放送