世界まる見え!テレビ特捜部 歴史が動いた瞬間SP くりぃむ上田驚き!米国人救った赤いバンダナ男

『世界まる見え!テレビ特捜部』(せかいまるみえ!テレビとくそうぶ、英称: WORLD GREAT TV)は、日本テレビ系列で、毎週月曜日の20:00 - 21:00(JST)に放送されているドキュメンタリーバラエティ番組。通称「まる見え」。放送開始から25年以上経過している長寿番組。2006年9月4日の放送から、ハイビジョン放送実施を開始したが、スタジオ映像とビデオ映像は4:3のままで、両端に番組タイトルを表示している。同年10月9日の放送よりスタジオがハイビジョン対応になり映像も16:9のハイビジョンとなった。2011年10月からステレオ放送を実施している。2009年10月4日から2013年3月31日までは毎週日曜日の12:45 - 13:55にアンコール放送である『世界まる見え!DX特別版』を放送していた(後述)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月5日(月) 20:00~21:00
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
20:00~

今回は明日話したくなる!歴史が動いた瞬間SP

世界まる見え!テレビ特捜部 (バラエティ/情報)
20:00~

イギリスのテムズ川にはエイリアンのようにそびえ立つ、テニスコートほどの建物があった。この建物はレッドサンズ要塞と呼ばれるイギリス軍が極秘で建設した軍事要塞だった。第二次大戦当時、ドイツ軍の爆撃機を撃ち落とすためイギリス兵165人が暮らしていたという

アメリカのペンシルベニア州にあるイースタン州立刑務所は、かつて全米最大の刑務所と呼ばれていた。中央監視塔から囚人を監視できるこの刑務所は、暗黒街の帝王と呼ばれたアル・カポネも収容されていたが、1970年に閉鎖された。

アメリカのノースダコタ州では、冷戦中に建設された敵の核ミサイルを検知するためのレーダー基地があった。しかし、レーダーは完成後に大統領が交代して機能したのは3日間のみだった。

ベルギー西部の都市であるシャルルロワでは、火力発電所と冷却塔の廃墟があった。冷却塔とは高温になった水を噴水のように噴射し、空気に触れさせて水温を下げることで火力発電として再利用する装置だった。しかし、大量に排出される二酸化炭素が問題となって2006年に閉鎖となった。

上田晋也らゲストがスタジオに登場。

1934年日米野球で野球の神様ベーブ・ルースが初来日した。野球を知らない日本でもベーブ・ルースフィーバーが巻き起こった。そんな野球の神様から三振を奪った女性がいるという。女性とは17歳の女の子で、当時の映像を公開した。1913年テネシー州で生まれたジャッキー・ミッチェルは幼い頃、体が小さく病気がちな女の子だった。母親から運動をするよう言われ、野球を始めた。所属していたチームメイトから”ジャック”と呼ばれていた。ジャッキーの近所には名投手のダジー・ヴァンスが住んでおり、子どもたちに野球を教えていた。ダジーはジャッキーにドロッボールの投げ方を教え込み、次第にエースへと成長し地元では有名人になっていた。ジャッキーの噂を聞いたルックアウツ球団のオーナーのジューは観客を楽しませる名プロモーターでもあった。17歳のジャッキーと契約し、初登板として超人気球団のニューヨーク・ヤンキースを対戦相手にしたのである。ヤンキースにはベーブ・ルースなどが所属し、殺人打線として恐れられていた。当時は女性がピッチャーということで、ベーブ・ルースに打ってしまえという男性も多くいたという。ベーブ・ルースはジャッキーの対戦について記者に聞かれると、否定的な発言をしていた。

ジャッキーはベーブ・ルースと対戦。1,2球と追い込まれる中、4球目でついに三振を奪った。ルー・ゲーリッグも三振と連続三振。試合は4対14でヤンキースに完敗するも17歳のジャッキーは一躍時の人となった。本当に三振を奪ったのか視聴者の人に判断してもらう。

キーワード
アル・カポネ
フィラデルフィア(アメリカ)
イギリス
テムズ川
ジミー・カーター大統領
ノースダコタ州(アメリカ)
シャルルロワ(ベルギー)
ベーブ・ルース
ジャッキー・ミッチェル
ダジー・ヴァンス
ルックアウツ
ジョー・エンゲル
ルー・ゲーリッグ
ヤンキース
イースタン州立刑務所
レッドサンズ要塞
ニクソン大統領
日米野球
ニューヨーク・ヤンキース
テネシー州(アメリカ)

世界まる見え!テレビ特捜部 (バラエティ/情報)
20:21~

17歳の少女はベーブ・ルースから三振を奪ったのかどうか、約90年前の実際映像から判断してもらう。投げた打球は魔球ドロップボールであった。その後、ジャッキーはプロ野球では女性に過酷過ぎるという理由でプロの世界から締め出された。23歳の若さで引退することになってしまう。ジャッキーさんは「夢のような時間だった」などとコメントした。

スタジオでは上田さんが「一本の映画にできる」などとコメント。野村さんは「女性がベーブ・ルースと対戦できるのはいいな」などと感想を述べた。黒木さんは「運動神経悪いから、羨ましいな」などとコメントした。

世界貿易センターには北棟、南棟に約5万人もの人が働いていた。ウェルズ・クラウザーは南棟の投資ファンドでトレーダーの仕事をしていた。ウェルズはニューヨーク郊外で生まれ育った。父親が消防士だった事から消防署が遊び場代わりだった。父がいつも青いバンダナを使っているのを見て欲しがったため父は赤いバンダナをプレゼントした。ウェルズは大学卒業後、南棟104階の投資ファンドに就職。株のディーラーとして将来を期待された。2001年9月11日、ローガン空港を飛び立った2機の航空機がハイジャックされた。テロリストは進路を変更しニューヨークに向かい世界貿易センター北棟に激突した。さらに17分後、もう1機が南棟に激突した。安否を気にするウェルズの両親だったが母親の携帯にウェルズの留守電が入っている事に気づいた。飛行機は77階から85階の間に激突していたため直撃を避けていた。生きて脱出する事は不可能と思われ、実際に92階以上にいた人の中で生きて脱出できた人は0人だった。航空機の激突でエレベーター、3つの階段が破壊されたからだった。それはウェルズがいたフロアも同じ状況だった。衝突から1時間ほど経った午前9時59分、火災による熱で南棟が崩壊。さらに午前10時28分、北棟も崩壊した。この事件で2996人もの人々が犠牲になった。半年後、ウェルズの遺体が回収された。彼の遺体は南棟1階のメインロビーで発見されたという。ある日、新聞を読んでいた母親が叫んだ。

マラソンのハプニングを紹介。2016年にアメリカ・アラバマ州で行われたハーフマラソン大会で散歩中の犬が飛び入り参加し、記録1時間32分56秒で完走し7位に入賞した。飼い主のエイプリルさんは友人から聞いて初めて知ったという。

マシューが高橋さんに「2001年9.11同時多発テロが起きた時に何をしていたか」質問した。 当時、世界記録を出した大会の2週間前にアメリカにいたという。所属会社から全渡航を禁止するということで世界記録は諦めてくれと言われたとのことだ。色んな思いもあり会社をやめようとしたが、止められベルリンマラソンに出場し、世界記録を出したという。

同時多発テロの裏側にあった無名のヒーローの物語。多くの人の命を救った赤いバンダナのヒーローを追った感動のドキュメンタリー。

キーワード
ベーブ・ルース
ジャッキー・ミッチェル
ヤンキース
ベルリンマラソン
アラバマ州(アメリカ)
世界貿易センター
ローガン空港
アメリカ同時多発テロ
ハーフマラソン大会
9.11同時多発テロ

世界まる見え!テレビ特捜部 (バラエティ/情報)
20:36~

ウェルズの母は「テロの生存者の証言に”赤いバンダナの男”がたくさん出てきた、赤いバンダナを持ち歩いているなんてあの子しかいない」と語った。記事には消化器を探しながら避難指示を与え何人もの命を救ったなど書かれていた。赤いバンダナの男がウェルズ本人なのか確かめるため母は記事に出てきた女性に連絡をとり写真を見てもらったという。そして写真の男性は間違いなく赤いバンダナの男だったという。奇跡的に生還した人々の証言によりウェルズの動きが見えてきた。煙に視界を奪われ使える非常階段に気づいたのはウェルズだけだった。そこでウェルズが人々を誘導して助けたという。また動けなくなっていた人々を運んでいたという。

78階以上から生存できたのは18人でそのうち10人はウェルズに救われていた。その後1階のロビーへ下りたウェルズは消防士と救助していた所ビルの崩壊に巻き込まれたという。その後赤いバンダナの男ウェルズはアメリカ中に知れ渡った。全米各地の教師は彼の勇敢な行動を子どもたちに語りウェルズの実家には赤いバンダナをつけた子どもたちの写真と数千通の手紙が届いた。国立9.11博物館の落札式でオバマ大統領はウェルズに関してスピーチをした。また家族は彼の遺品から驚くべきものを見つけたという。

キーワード
ウェルズ・クラウザー
オバマ大統領
9.11テロ
国立9.11博物館

世界まる見え!テレビ特捜部 (バラエティ/情報)
20:44~

9.11同時多発テロで10人の命を助けた赤いバンダナのヒーローウェルズ。彼の遺品を片付けていた家族は遺品から「ニューヨーク市消防局への書きかけの願書」を見つけた。彼は転職し消防士になるつもりだったという。またアメリカでは勇敢な子に育って欲しいという願いを込めて我が子に”ウェルズ”にちなんだ名前をつける親が続出。アメリカではウェルズの意志を嗣ぐ子どもたちがすくすくと育っている。

こうゆうことはなかなか出来ないのでこういう人間になりたいなどと話した。また冷静に判断できる所がすごいなどとした。助かった人には本当に”ヒーロー”になったと改めて話した。また「ビブリア古書堂の事件手帖」の映画の宣伝をした。またビートたけしが「ゴンちゃん、またね」のお知らせをした。

またケニア担当のジャスタスが野村さんにアフリカの貧しい国への援助のイメージを聞いた。学校を作ったり井戸を掘ったりと話すとそんな考えは古いと一括。これからご覧頂くのはケニアの貧しい人に残心な方法で支援活動する大実験という。

ケニアでは歴史を変えるような大実験が行われているという。お金を持っていない人に学校を建てるのではなく現金を渡すという。この実験を行うのはアフリカの支援団体ギブ・ダイレクトリー。寄付金などは政府などに預けられそこから学校や病院に渡るシステムになっているが、キャロラインさんはケニアにたくさんの援助がされてきたが、国民の暮らしは良くなっていないことを指摘し、政府の不正を疑っておりそれならば直接お金をあげたほうが効果的ではと考えた。実験はビクトリア湖周辺の小さな村で、今回夫を亡くし4人の娘を育てるマーシーさんの家を訪れた。マーシーさんの家には柵がなく湖からワニやカバが上がり危険な状態だった。

この日、マーシーさんに現金が支給されるということでとても喜んでいた。支給された金額は1000ドルでマーシーさんの年収約5年分だった。支援金は近くの店で引き出せ、自由に使う事が出来るシステム。続いて、キャロラインさんが向かったのは3年前にお金を支給されたウィリアムさんは楽器を購入しバンドを結成し、現在はパブで演奏したりして収入を得て家族を養えるほどとなった。また、別の村では給付額3000ドルを一括ではなく定期的に12年かけてあげるという実験が行われていて、最低限の生活収入を得られる他、将来の計画が立てられるようになると話す。支援を受けて8カ月にあるデニスさんは健康保険に入ることができ、仕事の収入を息子の治療費に当てていたのは生活費に当てることができるようになった。

キーワード
ウェルズ・クラウザー
オバマ大統領
9.11同時多発テロ
ビブリア古書堂の事件手帖
ゴンちゃん、またね。
ギブ・ダイレクトリー
ケニア
ビクトリア湖
ワニ
カバ

番組宣伝 (その他)
20:54~

「幸せ!ボンビーガール」の番組宣伝。

世界まる見え!テレビ特捜部 (バラエティ/情報)
20:56~

「世界まる見え!テレビ特捜部」の次回予告。

ケニアで行われている貧しい人に直接お金をあげるプロジェクトで、ある男性は毎月約2500円を12年間支給されることとなっている。現在、自身の収入と支給されたお金でユーカリの苗を買って育てることで将来の財産にしようと考えているという。お金を直接渡すことでストレスが減り、家庭内暴力も減り働こうという意欲が沸くという。このプロジェクトでは3万人以上に約34億円が支給された。

キーワード
ケニア
ユーカリ

エンディング (その他)
20:58~

黒木華は急にお金をもらったら使いみちに悩むが、より働くこととなったのはすごいとした。高橋尚子は10年以上アフリカの子どもたちに靴を送っているといい、プレゼントした子どもが選手になったりしているという。また、黒木華が「獣になれない私たち」の宣伝をした。上田晋也が「くりぃむしちゅーの!THE★レジェンド」の宣伝をした。

キーワード
獣になれない私たち
ビートたけし
ゴンちゃん、またね

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月5日 放送
  3. 次回の放送