全国高校野球選手権大会 第99回  第6日

全国高等学校野球選手権大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)とは、朝日新聞社と日本高等学校野球連盟の主催で、毎年8月に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる日本の高校野球大会であり、学生スポーツ及び国内アマチュアスポーツ最大の大会である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年8月13日(日) 13:05~18:00
放送局 NHK総合

番組概要

二松学舎×明桜(中継1) (スポーツ)
13:05~

二松学舎大付 3-0 明桜。

明桜高の校歌が流れた。

二松学舎大付 3-0 明桜。

二松学舎大付アルプススタンドから中継。応援団のチア全員が靴紐に緑色のミサンガを着けて応援しているという。

二松学舎大付 4-0 明桜。

明桜のアルプススタンドから中継。校名に桜が入っているため、おそろいのTシャツには桜のモチーフを使用している。さらにお守りには春に咲いていた桜の押し花が使われているという。

二松学舎大付 4-0 明桜。

二松学舎大付 5-0 明桜。

応援メッセージ募集中のテロップが表示された。詳しくは「NHK 甲子園」で検索。

二松学舎大付×明桜のここまでのハイライトが流れた。

放送席でここまでの試合について山口敏弘が解説。両チームとも守備からリズムを作るのだが、2回の二松学舎大付の攻撃がポイントとなった。

二松学舎大付 8-0 明桜。

二松学舎大付 8-1 明桜。

二松学舎大付 11-1 明桜。

明桜に寄せられた応援メッセージを紹介。

二松学舎大付 11-1 明桜。

二松学舎大付に寄せられた応援メッセージを紹介。

二松学舎大付 13-1 明桜。

二松学舎大付 14-1 明桜。

二松学舎大付 14-2 明桜。

勝利した二松学舎大付属の校歌が演奏された。

二松学舎×明桜の試合後の様子を中継した。

キーワード
二松学舎大付
明桜
明桜高
二松学舎大付属

ニュース (ニュース)
15:09~

東京芸術大学の倉庫でしまわれていたティンパニーを奏者の男性が約45年前に引き取り保管していた。「JUNKER」という人物から東京音楽学校に贈られたことを示す刻印がある。音楽史に詳しい瀧井敬子氏によると教師として雇われていたドイツ人音楽家のアウグスト・ユンケルのことだという。定期演奏会の記録では贈られた明治37年から使われ始めたことがわかり、おそらく日本で最も古く、「西洋の音楽が日本に根づく過程を示す貴重な物的証拠」だという。

ケニアの大統領選で現職のケニヤッタ大統領が野党連合の対立候補に10ポイント近い差で再選。野党側は“集計に不正があった”として結果の受け入れを拒否、若者が抗議デモを繰り広げて暴動に発展している。その背景には貧困や失業にあえぐ若者たちの根深い不満があるという。ケニアの人権委員会は“警察に銃撃され24人死亡”と発表し、行き過ぎた取締りと非難している。

キーワード
アウグスト・ユンケル
東京芸術大学
ティンパニー
ケニヤッタ大統領
デモ
ナイロビ(ケニア)

二松学舎×明桜(中継2) (スポーツ)
15:12~

二松学舎×明桜の試合後の様子を中継した。解説の山口敏弘が試合を振り返りトークした。

勝利した二松学舎の市原勝人監督が「初戦は固くなって上手くいかないところを普通通りやってくれた」とコメント。序盤のピッチングが安定していたので野手も安定して攻撃できたなどと振り返った。

二松学舎・市川睦投手の談話を紹介。序盤は緊張してキレのないピッチングだったが、途中から気持ちよく楽しく投げられたといい、4安打のバッティングについてはバッティングには自信を持っているのでその結果だとした。

明桜・輿石重弘監督の談話を紹介。肩を痛めながら4番を打った山口選手について万全じゃないところでチーム全体の気負いになってしまったと振り返り、上手くコントロールできなかったなどとコメントした。

二松学舎×明桜のハイライト。

二松学舎×明桜を振り返り、解説の山口敏弘が二松学舎は「守りのリズムが出るピッチング内容」「打つ方もしっかり打った」などと述べた。

試合を終えた両チームへの応援メッセージを紹介した。

きょう行われた試合を振り返り、このあとは第4試合が行われる。

キーワード
市川睦
輿石重弘
明桜
二松学舎大付

白球の記憶 (バラエティ/情報)
15:27~

第78回大会の決勝、松山商と熊本工の対戦を紹介した。

キーワード
矢野勝嗣外野手
松山商
熊本工

坂井×明豊(中継) (スポーツ)
15:29~

きょう行われた試合を振り返り、このあとは第4試合が行われる。

試合前の様子を中継。三塁側は福井・坂井、一塁側は大分・明豊となる。解説を紹介した。

明豊のふるさと大分・別府市の紹介。全国有数の温泉地で、近年は外国人観光客も増えている。今夏は期間限定で温泉と遊園地が融合し話題を集めた。

坂井のふるさと福井・坂井市の紹介。観光名所の東尋坊、丸岡城を紹介。コシヒカリを開発者は坂井市出身で、後継種としていちほまれが開発された。

坂井の各大会の成績を解説。マネージャー・選手・応援団長がチーム紹介をした。スターティングメンバーを紹介。

明豊の各大会の成績を解説。記録員がチーム紹介をした。スターティングメンバーを紹介。

坂井 0-0 明豊。

坂井高の校歌が演奏された。

坂井 0-0 明豊。

明豊高の校歌が演奏された。

坂井 0-0 明豊。

坂井 0-1 明豊。

坂井の三塁側アルプススタンドから応援席の中継。オレンジ一色で応援しており、象徴的が合同ブラスバンド160人だと紹介した。

坂井 0-1 明豊。

明豊の三塁側アルプススタンドから応援席の中継。スクールカラーの青が目立ち、テーマは「繋」だという。吹奏楽部は4人だが中学や大学の繋がりで20人余りが応援に駆けつけたと紹介した。

坂井 0-1 明豊。

坂井 1-1 明豊。

坂井 1-4 明豊。

坂井×明豊5回までのハイライト。

ここまでの坂井×明豊の試合内容について解説の杉浦正則は、徐々に吉川くんのボールに慣れてきて徐々に点差があいてきたが、一方で12安打を撃たれながらも4得点なので「よくねばっている」などとした。

坂井 4-4 明豊。

坂井の得点シーンを振り返った。

坂井 4-4 明豊。

坂井高校に寄せられた応援メッセージを紹介した。

坂井 4-4 明豊。

明豊高校に寄せられた応援メッセージを紹介した。

坂井 4-4 明豊。

坂井 6-4 明豊。

坂井 6-7 明豊。

勝利した明豊高の校歌が演奏された。

坂井×明豊の試合後の様子を中継。試合を振り返りトークした。

勝利した明豊・川崎絢平監督のインタビュー。試合を振り返り初球から積極的にバッターボックスに入ってくれたのが良かったなどとコメントした。

明豊・濱田太貴選手の談話を紹介。8回での得点の場面ではストレートに山を張っていたといい、3年生と長く野球できるのが嬉しいなどと話した。

坂井・川村忠義監督は試合を振り返り、選手たちはよくねばったとコメント。一方で向こうの打線は自分たちよりも上回っていた、予想以上に点を取られてしまったと話した。

坂井×明豊のインタビュー・談話を受けて振り返りトーク。

キーワード
坂井
明豊
別府市(大分)
いちほまれ
坂井市(福井)
坂井高
明豊高
NHK 甲子園 ホームページ
濱田太貴
川村忠義

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 8月13日 放送
  3. 次回の放送