長崎平和祈念式典 平成30年

放送日 2018年8月9日(木) 10:50~11:48
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
10:50~

オープニング映像。

平成30年 長崎平和祈念式典 (ニュース)
10:50~

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が平和公園で行われている。8時の会場から参列者が集まり始め、すでに満席となっている。爆心地公園や原爆落下中心碑の様子が伝えられた。式典では、五輪清隆が挨拶した。この後、会場では献水・献花を行った。

去年、長年に渡り被爆者運動をリードしてきた谷口稜曄さんが亡くなった。谷口さんは16歳の時に被爆し、背中に大やけどを負った。その生涯を、核廃絶を訴えることに捧げた。谷口さんの思いは、世界で受け継がれている。核廃絶を巡って、「ICAN」がノーベル平和賞を受賞した。そして、今年6月には米朝首脳会談において、トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長が朝鮮半島の完全な非核化について互いに揺るがない決意を確認したとしている。今後、核兵器廃絶のために、日本はどのようなリーダーシップを発揮するのか、改めて世界から問われている。

平和公園・平和の泉には、今日ここを訪れた人たちが納めた千羽鶴が飾られている。式典会場では、長崎市長・田上富久が長崎平和宣言を行った。市長は、日本は唯一の戦争被爆国として非核化を先導していくべきだと訴えるとともに、世界の1人1人が平和の文化を共有することが大切だと述べた。

被爆者代表・田中煕巳さんによる平和への誓い。田中さんは、被爆直後の長崎の惨状や多くの命を奪い人々を苦しめ続ける原爆の非人道性について述べた。そして、核兵器禁止条約に反対している日本政府の姿勢に遺憾の意を示しながら、核廃絶に向けて尽力することを誓った。

続いて、児童合唱。山里小学校を代表して、6年生57人が歌った。

来賓の挨拶が行われた。最初に内閣総理大臣・安倍晋三が挨拶した。総理は、唯一の戦争被爆国として、核兵器のない世界の実現を目指し、核兵器を持つ国と持たない国の橋渡し役を担うと述べた。

国連事務総長が挨拶した。国連事務総長が長崎の式典に出席するのは初めてのこと。事務総長は、長年核廃絶を訴え続けてきた被爆者達を称えるとともに、世界の国々に対し、国連が主導する核軍縮への協力を呼びかけた。

長崎県知事・中村法道による挨拶が行われた。知事は、核廃絶に向けた対話を各国に求めるとともに、被爆の経験を世代・国境を越えて語り継いでいきたいと述べた。

純心女子高校の生徒による合唱が行われた。曲は千羽鶴(作詞 横山鼎、作曲 大島ミチル)。

あの日から73年。長崎は原子爆弾がもたらす被害と脅威を伝え、核兵器の廃絶を訴え続けてきた。この1年は、核兵器のない世界に向けて、新たな一歩を踏み出した年になった。被爆者たちは、今もなお、命の限り叫び続けている。

キーワード
平和公園
長崎平和祈念式典
長崎原爆の日
爆心地公園
原爆落下中心碑
五輪清隆
谷口稜曄さん
サーロー節子さん
ICAN
トランプ大統領
金正恩朝鮮労働党委員長
ノーベル平和賞
米朝首脳会談
非核化
平和の泉
長崎平和宣言
田上富久
国際連合
日本国憲法
原爆
核兵器禁止条約
第二次世界大戦
核不拡散条約
板門店宣言
土山秀夫さん
東日本大震災
田中煕巳さん
山里小学校
安倍晋三
アントニオ・グテーレス
中村法道
千羽鶴
大島ミチル
横山鼎

エンディング (その他)
11:47~

エンディング映像。

番組宣伝 (その他)
11:48~

西郷どんの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 8月9日 放送