Crossroad パティシエ 森田一頼

放送日 2015年5月9日(土) 7:00~ 7:30
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
07:00~

今回の主人公はパティシエ・森田一頼。革新的スイーツにメディアが注目し、この1年で「リベルターブル」が3店舗オープンした。飽くなき挑戦に隠された苦悩とは…。

オープニング映像。

パティシエ 森田一頼 (バラエティ/情報)
07:02~

パティシエ・森田一頼に密着。六本木にある“ラボ”に到着すると、スタッフ全員と握手をかわし挨拶したあと、各店舗の開店時刻にあわせ、森田が作成した細かなレシピに沿って菓子作りの作業が行われる。

そんな森田が創りだすのは独創的なスイーツ。高級食材・フォアグラが溶け込んだピューレを焼き上げたものを使った「ゼニス」や、歯ごたえのある食感と香りが特徴のフヌイユを使ったゼリー寄せ「ヴェール」、黒トリュフが効いたクリームが入った「リュクス」など型破りなお菓子を生み出した。

「リベルターブル 赤坂本店」は昨年オープン。来栖けいは、いろんな食材を組み合わせて奥行きの中でまとめ上げる力がある、“料理”として食べている感覚だと評価した。森田は、新たに山椒とミカンを組み合わせる、山椒が元々ミカン科で組み合わせに間違いないと話した。

森田一頼は、子供の頃に母親や姉のお菓子作りを手伝っていて、パティシェを目指すようになった。森田一頼は26歳でフランスに渡り、アストランスなどの三ッ星レストランで修行を重ねた。森田一頼は帰国後、リベルターブルをオープンした。

森田一頼がアメリカのインテリアブランド・レイチェル アシュウェル シャビーシック クチュールとコラボして、新たなスイーツ「クグロフ ポワール ローズ」を開発した。

森田一頼が自分の店で、店員たちのまかない用に、海老とアスパラのトマトクリームパスタを調理して、店員と一緒に食べた。

リベルターブル 赤坂本店で、森田一頼が店員らとクリスマスケーキの新商品について会議を行っていた。全国の大手百貨店から依頼されたクリスマスケーキは既に決まっていたが、肝心の本店のケーキは未だ手付かずだったのだ。プレスの人達を招待しての試食会の日が目前に迫っていた。

森田一頼が経営する洋菓子店・リベルターブルが、渋谷ヒカリエshinQにオープンした。森田はどんなに多忙でも店に足を運び、ディスプレイの仕方などを細やかに指導している。

キーワード
六本木(東京)
フォアグラ
ゼニス
フヌイユ
ヴェール
リュクス
シャルム
ディアブル
黒トリュフ
赤唐辛子
山椒
ミカン
アストランス
アミューズのキャベツのシュー
季節のサラダドフリュイ
フレジェ
クグロフ ポワール ローズ
海老とアスパラのトマトクリームパスタ
リベルターブル 渋谷ヒカリエshinQ店

パティシエ 森田一頼 (バラエティ/情報)
07:19~

森田一頼は、新たなスイーツ作りのため新潟県で材料を探した。大洋酒造から仕入れた酒粕やクリームチーズや洋梨「ル レクチエ」を使い、森田一頼がスイーツ作りに取り組んだ。

とうとうクリスマスケーキの試食会の日がやってきた。店は昼から臨時休業となり、試食会に招待された人々が次々に店を訪れた。集まったのはコーディネータなどお菓子の魅力を伝える専門家たち。ケーキを見た招待客たちは「綺麗。ホワイトクリスマスだ」と笑顔を見せた。

キーワード
大洋酒造
クリームチーズ
ミネラル工房
酒粕
赤坂(東京)
ル レクチエ
新潟県

パティシエ 森田一頼 (バラエティ/情報)
07:25~

エンディングテーマ曲:「クローゼット」Superfly

森田一頼が開発した新たなスイーツ「クレアシオン」の試食会が行われた。招待客からは「凄くインパクトがあって面白い」、「酒粕って個性がある素材だから使うのは難しいと思うんですけど、チーズの個性とお互いが引き立て合っている感じがしてすごく良いです」と好評価をもらうことができた。

森田一頼が東京オペラシティ アートギャラリーを訪れた。時間が出来ると美術館を訪れ、作品からスイーツ作りの刺激を受けているのだ。

エンディングテーマ曲:「クローゼット」Superfly

キーワード
Superfly
クローゼット
クレアシオン

エンディング (その他)
07:27~

「Crossroad」の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 5月9日 放送
  3. 次回の放送