どすこい!夢の大相撲〜令和元年 AI場所〜 2019年8月9日放送回

放送日 2019年8月9日(金) 19:30~20:42
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

山田洋平が挨拶。今回の出演者達に現在の心境を聞いた。やくみつるさんらは「我々が夢に描いた事が現実に起ころうとしている」など話す。市川紗椰さんらは「AIでどこまで表現されているのか楽しみ」など話した。

オープニング映像。日本書紀などにも登場している「相撲」。その頂点の存在が横綱でこれまで72人の横綱が誕生。今回番組ではその中から9人を選びCGで再現し夢の取り組みを実現し勝敗を決める。

キーワード
AI
白鵬
千代の山
柏戸
玉の海
稀勢の里
相撲

前代未聞!横綱ドラフト (バラエティ/情報)
19:32~

歴代横綱をドラフトで指名する。解説するのは30年間決まり手係を務めてきた大山親方とデーモン閣下が紹介された。大山親方は想像付かない取組がみれるのはたいへん夢があると話す。今回、指名をするのはやくみつると紺野美沙子の「博識部屋」と市川紗椰と山根千佳の「小町部屋」、はなわと西田淳裕の「爆笑部屋」が指名する。これまで誕生した横綱は72人、AIで再現させるため細かいデータが必要となるため映像が残っている44代以降の横綱をドラフト対象とし、各部屋が3巡目まで横綱を決める。各部屋が検討タイムに入っている間に大山親方にイチオシを聞いた。48代横綱の大鵬幸喜は練習風景を見てきて、大関相手にやっていたなど話す。

どすこいAIの仕組みについて紹介。使用したAIはディベート競技の優勝回数世界一を誇る相手と討論できるAIを開発した「日本IBM」のAI。日本IBMの西牧さんによると過去にその力士がどんな相手にどんな勝ち方をしたのか、どんな相手にどんな風に負ける傾向があったのかというモデルをAIが学習したものを使用。勝敗はA、Bというモデルがいたらそれぞれ挑戦者として挑ませるなどし相互点で勝敗を決める。

AIで再現した歴代横綱をドラフト指名する。1巡目、博識部屋は大鵬幸喜、小町部屋と爆笑部屋は白鵬翔を指名。博識部屋は大鵬を獲得。大鵬幸喜は戦後成長期のヒーローとして女性や子どもにも大人気の横綱。そして1巡目がかぶった2部屋は獲得は抽選で決める。結果、爆笑部屋が獲得。白鵬は長身ながら低い姿勢からの鋭い立ち回りをし先輩力士達の記録を塗り替えてきている。小町部屋が指名したのは第65代横綱・貴乃花光司。貴乃花光司は平成相撲ブームの主役で取組は不利になっても諦めず反撃しみる観るものを熱狂點せ続けた。

2巡目の検討タイム。大山親方はタイプの違う横綱を選ぶのも一つの手であると話し注目横綱として 44代の栃錦。多彩な技を持つ栃錦は初代・若ノ花と相撲人気をけん引してきた。デーモン閣下の注目は61代横綱の北勝海。北勝海は同じ部屋の千代の富士の胸を借り稽古を重ね横綱に昇進。千代の富士、大乃国、旭富士とともに四横綱の一角を担った。さらに大山親方は琴櫻のぶちかましをどう受け止めるのかみたいなど話す。

CG制作の舞台裏を紹介。都内某所にあるモーションキャプチャスタジオで現役力士が特殊なマーカーを付けたスーツを着用し横綱の動きを再現。リアルタイムで動きをCG化。取組のシナリオは大山親方が担当。動きは過去の映像から癖を再現する。動きを再現した力士は横綱は別格であの体の動きは出来ないなど感想を述べた。撮影は2日間に及び作成した。

第ニ順選択希望横綱を発表。博識部屋は若乃花幹士、小町部屋は曙太郎、爆笑部屋は千代の富士 貢を指名。第2巡目はかぶらずそれぞれ獲得。若乃花幹士は小柄ながら大柄の相手をねじ伏せその姿は土俵の鬼と呼ばれ、「かかとに目がある」とまで言われるほど土俵際のしぶとさなどで一時代を築いた。曙太郎は身長2m、体重200kg超の超大型力士で、長いリーチを生かした強烈な突き推しは威力抜群。千代の富士 貢は引き締まった筋肉や取組から「ウルフ」という異名も持ち、スピード感のある相撲はコレまでの相撲のイメージを一新しウルフフィーバーを巻き起こした。

第3巡目の検討。各部屋の様子をみると博識部屋は紺野さんがとても熱く語っているなど話した。

第三順選択希望横綱を発表。博識部屋は玉の海梅吉、小町部屋と爆笑部屋は朝青龍明徳。博識部屋は玉の海を獲得。玉の海は双葉山の再来と言われ、寄り吊りは芸術品とまで言われた。そして、かぶった2部屋抽選で獲得を決め結果、小町部屋が獲得。朝青龍はモンゴル勢初の横綱で3年半一人横綱で相撲界を盛り上げてきた。爆笑部屋は3巡目を北の湖敏満に決めた。北の湖敏満は相手を睨み、超攻撃相撲が憎らしいほど強く、21歳2ヵ月で綱取りし63場所の間綱を守り続けた。

3部屋とも3巡目までの力士を決定。このあと先鋒、中堅、大将と戦う順番を決める。試合は総当り戦で勝ち星が最も多かった部屋が優勝となる。

対戦順を発表。先鋒戦は若乃花、朝青龍、千代の富士の取組。中堅戦は玉の海、曙、北の湖。大将戦は大鵬、貴乃花、白鵬。

取組について解説。取組は立ち会いで力士がぶつかるまでの前半と勝敗が決まるまでを後半として分け組み立てる。AIを監修した筑波大学の河合季信准教授によると実際のスポーツの中でも同じような力を持っていても試合の組み立てということで結果にすごく影響する。さらに各部屋の作戦も取組に組み込まれる。

デーモン閣下が3人の横綱を選ぶ。閣下には初代から43代横綱までを選んでもらう。1人目は第22代横綱の太刀山峰右ヱ門。今年の夏場所で富山出身の朝乃山の母校には太刀山峰右ヱ門の写真が飾られているなど話す。2人目は第27代横綱の栃木山守也。栃木山守也は56連勝中だった太刀山を破り時代を終わらせたと話す。3人目は双葉山定次、関脇から横綱を通して69連勝を成し遂げている。映像が残っていないなどからCG化出来ない双葉山について入らないのはおかしいと企画を聞いてからずっとスタッフに言い続けているなど閣下は明かした。

キーワード
AI
相撲
大鵬幸喜
日本IBM
白鵬翔
若羽黒
貴乃花光司
栃錦
若ノ花
北勝海
千代の富士
大乃国
旭富士
琴櫻
若乃花幹士
曙太郎
千代の富士 貢
弟子屈町(北海道)
モンゴル
中野区(東京)
信夫山
若花田
隆の里
弘前市(青森)
オアフ島(ハワイ)
福島町(北海道)
玉の海 正洋
朝青龍明徳
双葉山
北の湖敏満
輪島
朝青龍
玉の海
北の湖
大鵬
貴乃花
白鵬
浦郡市(愛知)
ウランバートル市(モンゴル)
壮瞥町(北海道)
太刀山峰右ヱ門
朝乃山
栃木山守也
双葉山定次
富山県

令和元年 AI場所 (バラエティ/情報)
20:10~

ドラフト会議から半年、取組の結果を発表。再現CGを見て感動するなど話した。また、番組の収録までに西田さんは白鵬関にドラフトについて聞かれ抽選でかぶったことを伝えたら嬉しそうだったなど話す。

先鋒戦1戦目は若乃花と朝青龍の取組。結果小股すくいで若乃花の勝利。AIの解析結果について若乃花は自分より重い相手に勝率UP、立ち会いスピードが速くなると勝率UPなど解析。朝青龍は先手を取ると勝率UP、低くて軽い相手が苦手など解析。そして、各部屋の作戦も組み込まれ、若乃花が61.5%、朝青龍が38.5%の勝率となった。

千代の富士と若乃花の取組。結果、千代の富士の上手投げが勝利。若乃花は20~30kg体重差のある相手には勝率0%で前半の段階で千代の富士が100%勝利。さらに作戦で互いに長期戦を選び、長期戦が苦手な若乃花の結果が反映され若乃花が21.0%の勝率、千代の富士が79.%の勝率となった。

朝青龍と千代の富士の取組。結果、千代の富士の上手出し投げ。前半の勝率は朝青龍が0%、千代の富士が100%。後半は両部屋長期戦を選び、朝青龍の勝率が上がるが朝青龍が31.5%、、千代の富士が68.5%の勝率となった。先鋒戦は爆笑部屋が2勝、博識部屋が1勝、小町部屋が0勝となった。

中堅戦、玉の海と曙の取組。曙が寄り倒しで勝利。

玉の海と北の湖の取組。玉の海が上手投げで勝利。

曙と北の湖の取組。曙が押し倒しで勝利。

中堅戦でAI判定が最も接戦となった、玉の海と曙の一戦を解説。玉の海は身長が高い相手が苦手、立ち会いスピードが速いと勝率UPなどの解析結果。曙は自分より少し小さく軽い相手が苦手などの解析結果。前半は曙の勝率が81.5%と優位に立つが部屋の作戦は短期戦で、曙は短期戦を苦手のため接戦。曙は52.5%、玉の海が47.5%の勝率となった。中堅戦は小町部屋が2勝、博識部屋が1勝、爆笑部屋が0勝となった。

大将戦、大鵬と貴乃花の取組。貴乃花が寄り切りで勝利。

大鵬と白鵬の取組。白鵬が突き落としで勝利。これにより博識部屋の優勝はなくなった。AI解析をみると前半、白鵬が60.5%で優位。両部屋は短期戦を指示している。大鵬が49.5%、白鵬は50.5%の勝率なった。

貴乃花と白鵬の取組。白鵬が上手投げで勝利。結果、令和元年AI部屋は爆笑部屋が優勝した。AI解析結果では前半は62.5%で白鵬が優勢。小町部屋は長期戦を指示し勝率が上がるが貴乃花が49.5%、白鵬は50.5%の勝率なった。

それぞれの取組の結果を表示。優勝ははなわ、西田さんの爆笑部屋が優勝した。

キーワード
千代の富士
若ノ花
朝青龍
曙太郎
玉の海
北の湖
大鵬
貴乃花
白鵬
若乃花

エンディング (その他)
20:41~

エンディング映像。

「NHKオンデマンドで配信します。ご案内はdボタンで」と露出。

キーワード
NHKオンデマンド
dボタン
  1. 8月9日 放送