やわらかアタマが世界を救う 2019年8月18日放送回

放送日 2019年8月18日(日) 18:05~18:35
放送局 NHK総合

番組概要

やわらかアタマが世界を救う (バラエティ/情報)
18:05~

富士急ハイランドのお化け屋敷は所要時間50分で全長900mにもなるギネス世界記録にも認定されたお化け屋敷だ。このお化け屋敷にはお客さんが恐怖を感じる工夫が施されているという。それは「お客さんの悲鳴が聞こえる」という仕組みだという。そこで「他人の恐怖を利用してさらに背筋がゾッとするアイデアとは?」という問題が出題された。正解は「出口の横に入り口を置いた」だと伝えた。

大阪のスナックが「客が増加した店名とは?」という問題が出題された。正解は「ブスの店」だという。スタジオでは思い切ったと話題になった。

オープニング (その他)
18:10~

オープニング映像。

やわらかアタマが世界を救う (バラエティ/情報)
18:10~

バスタオルには干す時に場所を取る、収納しづらい等の色々な不満がある。しかしそんな不満を解消した奇跡のバスタオルがあるという。そのバスタオルを開発したのは浅野撚糸だという。奇跡のバスタオルは吸水力があったが高額で売れなかったという。しかしそんなバスタオルがやわらかアタマで脚光を浴びるようになった。そんな「主婦の不満を解決したバスタオルとは?」という問題が出題された。正解は「バスタオルの幅を半分にした」だと伝えた。バスタオルを半分にすることで値段も半額にできたという。

アクセルとブレーキの踏み間違い事故が社会問題になっている。熊本では踏み間違い事故を撲滅するかもしれないという画期的なアイデアがあるという。ペダルにある加工を行うことによって踏み間違いをなくすことができるという。そこで「踏み間違いをなくすためにアクセルとブレーキをどのようにした?」という問題が出題された。正解は「ペダルをひとつだけにした」だと伝えた。現在商品は予約殺到で半年待ちだという。

最も交通事故が発生する場所は交差点だ。そんな交差点での事故を減らすことができるやわらかアタマな方法を愛知県で発見したという。斬新なアイデアを見つけたのは熱田警察署の伊藤豊巡査部長だという。そこで「事故を減らせる見やすい横断歩道とは?」という問題が出題された。正解は「横断歩道をナナメにする」だと伝えた。横断歩道をナナメにすることで運転手の視野角に入りやすくなるという違いがあるという。

キーワード
岐阜市(岐阜)

エンディング (その他)
18:34~

エンディング映像。

NHKオンデマンドのテロップ。

キーワード
NHKオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 8月18日 放送