憲法記念日特集 2013年5月3日放送回

放送日 2013年5月3日(金) 9:20~11:35
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
09:20~

憲法改正について、討論を行う。

安倍首相のもと、憲法改正の議論が進められている。当時の吉田茂首相は、日本国憲法は世界に誇るべき憲法だと語った。鳩山一郎首相は、自衛のために憲法改正を図ったが、選挙で敗北したことで実現できなかった。

キーワード
憲法
安倍首相
鳩山一郎首相
吉田茂首相
細野豪志
石原慎太郎
志位和夫

憲法改正を問う (バラエティ/情報)
09:26~

憲法改正は必要か、スタジオに出演者らに聞いた。中谷元議員、浅田均議員は憲法改正に賛成で、前川清成議員は改正に反対だと述べた。北側一雄議員は憲法改正について、必要な改正はしっかりと議論を行うべきだと述べた。

憲法改正は必要か、スタジオに出演者らに聞いた。江口克彦議員は憲法改正に賛成で、照屋寛徳議員と笠井亮議員は改正に反対だと述べた。畑浩治議員は憲法改正について、必要な改正はしっかりと議論を行って見直すべきだと述べた。

憲法改正について北岡伸一学長は、具体的にどの条文から変えるかという議論が行なわれていることは好ましいと語った。伊藤真弁護士は、憲法改正でどのような社会になるのかイメージして議論してほしいと語った。

安倍総理は憲法96条について、国会議員の発議となる条件である3分の2の賛成を見直すべきだと述べている。自民党の憲法改正案では、国会議員の過半数の賛成で発議できるとなっている。NHK世論調査では、憲法96条改正についてほぼ半数の人がよくわからないと回答した。

憲法96条の改正について、中谷元議員が自民党の憲法改正案について説明した。北側一雄議員は、憲法96条というのは手続き上の憲法でしかないので、憲法の内容についても議論するべきだと述べた。

憲法96条の改正について、浅田均議員は賛成であると語った。笠井亮議員や畑浩治議員は、国会議員の発議の条件である3分の2の賛成という制約は守るべきだと述べた。

憲法96条の改正について、江口克彦議員や舛添要一議員は賛成であると語った。前川清成議員や照屋寛徳議員や亀井亜紀子議員は、国会議員の発議の条件である3分の2の賛成という制約は守るべきだと述べた。

キーワード
憲法
憲法96条
安倍総理
NHK世論調査

ニュース (ニュース)
10:00~

東名高速や中央道の下り線などで、渋滞が発生している。東京駅を出発する新幹線の下り指定席や、新大阪駅を出発する山陽新幹線は、ほぼ満席となっている。羽田空港も、一部の便をのぞき満席となっている。

岸田外務大臣は、火力発電所の燃料として国内での活用が見込まれるシェールガスを今後輸入する際に、輸送経路として使われるパナマ運河を訪れて、拡張工事の状況などを視察した。

ホンダはメキシコシティーで記者会見を行い、再来年の生産開始を目指してメキシコ中部のグアナファト州に、新たに自動車用トランスミッションの工場を建設する計画を発表した。

全国の気象情報。

キーワード
中央道
ゴールデンウィーク
東名高速
中国道
関越道
東北道
山陽新幹線
岸田外務大臣
シェールガス
パナマ運河
岩村哲夫副社長
ホンダ
メキシコシティー(メキシコ)
グアナファト州(メキシコ)

憲法改正を問う (バラエティ/情報)
10:05~

憲法改正で何を変えるのか、スタジオで出演者らに聞いた。中谷元議員は、現行の日本国憲法は戦後に押し付けられた憲法なので、日本の独立を守る上で時代にそぐわない点は書き換えたいと述べた。浅田均議員は、地域分権を推し進めるようにしたいと述べた。

憲法改正で江口克彦議員は、地方分権や人権の新たな問題について対応できるようにしたいと述べた。舛添要一議員は、安全保障について憲法改正で明記するべきだと述べた。前川清成議員は、憲法改正をしなくても地方分権は可能だと述べた。

亀井亜紀子議員は、国会の2院制は維持するべきだと述べた。伊藤真弁護士は、憲法は人権を守るための道具なので、国民のための義務を盛り込むと、国民を縛るための道具になってしまうと述べた。

憲法改正について中谷元議員は、地方の主張も取り入れていきたいと述べた。伊藤真議員が、1票の格差について、違憲判決が相次いでいる現状について解説した。

憲法改正論議は国民とともに行うべきだと、前川清成議員が述べた。畑浩治議員が、現行の憲法はテロや大規模災害への対応が不足していると指摘した。笠井亮議員が、人権問題などは法律の改正で対応できるので、憲法改正はすべきではないと述べた。

前川清成議員が、憲法で見直す点があれば見直すのは当然であるが、多数決で何でも決めていこうというのは良くないと述べた。笠井亮議員は、今でも国民の中で憲法を守ろうという意見は多いので、憲法改正は行うべきではないと述べた。

憲法9条は交戦権を認めず、戦力を保持しないと定義されている。自民党の憲法改正案では憲法9条について、自衛隊に代わる国防軍の保持を明記している。自衛隊は、PKO活動などで海外に派遣されている。

憲法9条は交戦権を認めず戦力を保持しないと定義されているが、自民党の憲法改正案では憲法9条で戦争放棄の規定は残しているが、戦力を保持しないという文章は削除している。中谷元議員が、日本の周囲の国際情勢が悪化する中で、自衛するための軍隊保持は必要だと述べた。

前川清成議員が、自衛隊は必要ではあるが憲法9条で行動を縛るべきだとして、自民党の憲法改正案は専守防衛について明記されておらず、徴兵制につながると批判した。笠井亮議員が、憲法9条は日本が世界に二度と戦争はしないと誓ったものであって、憲法改正は日本を戦争ができる国にすることだと批判した。

伊藤真弁護士が、憲法9条での交戦権を認めないという一文を削除すれば、自衛隊が普通の軍隊になってしまうとして、自民党の憲法改正案を批判した。中谷元議員は、自衛隊は世界からみれば軍隊と見られていて、集団的自衛権を海外と構築する上で、日本だけが軍隊を保持していないと主張するわけにはいかないと述べた。

照屋寛徳議員が、憲法9条の改正はまったく必要ないと述べた。畑浩治議員が、自衛隊の海外での平和維持活動を促進と、憲法9条の見直しは分けて行なわれるべきだと述べた。

舛添要一議員が、自衛隊の海外での平和維持活動を促進するためにも、憲法9条の見直しは行なわれるべきだと述べた。笠井亮議員が、憲法9条で自衛隊の活動内容について明記することは必要だと語った。

中谷元議員は、自民党の憲法改正案で自衛隊を国防軍だと定めることに問題点を指摘する人達がいるが、きちんと国会などでコントロールできる組織にするので問題はないと述べた。

集団的自衛権では、日本が攻撃を受けていなくても、アメリカなどの同盟国が攻撃を受けた場合、日本は敵対国に武力行使を行うことが定義されている。歴代の日本政府は、集団的自衛権を保持するが行使はしないとしてきた。集団的自衛権の行使についての論議が、安倍首相らによって行なわれた。

中谷元議員は、集団的自衛権の行使について、憲法で行使できることを明記するべきだと述べた。北側一雄議員が、集団的自衛権の行使を明記しなくても、国際的平和維持活動は行えると述べた。

北岡伸一氏が、集団的自衛権は危険だという考え方事態が間違いで、集団的自衛権によって保持する戦力は少なく出来ると述べた。

伊藤真弁護士は、集団的自衛権の行使を認めることで、アメリカの戦争に日本が巻き込まれるというリスクが増すと述べた。中谷元議員は、集団的自衛権の行使は、国会で制限することができると述べた。

江口克彦議員は、友人が攻撃を受けたときに守るのは当然のことで、集団的自衛権の行使は当たり前のことだと述べた。浅田均議員が、中国船の侵犯を防ぐために、集団的自衛権の行使は明記するべきだと述べた。

亀井亜紀子議員が、集団的自衛権を保持しても行使しないというのは正しく、アメリカの軍事行動と日本は無関係だという姿勢を示すことが必要だと述べた。

憲法改正は必要か、平成25年と平成19年に行ったNHK世論調査の結果を比較したところ、必要があるという回答はほとんど変わらなかったが、改正する必要がないと答えた人は減少した。

参院選で憲法改正を公約とするか、スタジオで出演者らに聞いた。中谷元議員は、憲法改正を公約とすることは間違いないが、改正内容については国民に提示すると述べた。

照屋寛徳議員が、参院選で憲法改正派が大多数とならないように頑張りたいと述べた。笠井亮議員が、日本の軍国主義化を防ぐためにも、憲法改正反対を訴えていくと述べた。

キーワード
憲法
1票の格差
自衛隊
憲法9条
石橋政嗣
中曽根総理
PKO
湾岸戦争
自民党
安倍首相
集団的自衛権
平和維持活動
NHK世論調査
参院選
  1. 前回の放送
  2. 5月3日 放送
  3. 次回の放送