復活の日〜もしも死んだ人と会えるなら〜 2019年3月28日放送回

放送日 2019年3月28日(木) 22:00~22:48
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

出川哲朗の母親である出川泰子は2011年、76歳に亡くなった。この番組は母親と再会する嘘みたいな1日を再現するもので、出川さんも今回番組に出演して体験していた。

キーワード
出川泰子さん

復活の日〜もしも死んだ人と会えるなら〜 (バラエティ/情報)
22:01~

出川さんは復活する人に母親を選んだ理由について「父親は愛人を色んな所につくるような人だったが、母はいて当たり前の存在だった。再開したら生きている間に言えなかったことを言いたい」などと話した。

出川さんはスタジオに入り「スタジオというよりも何もない。椅子がたくさんあって物々しい。ドッキリ臭が満々」などと周りを見渡していた。

出川さんは再現された母親の出口泰子さんを見た。泰子さんからちょっと顔を見せてごらんと言われた出川さんは「ちょっと髪がぼさぼさ。前に僕がロンドンブーツのドッキリにかかった時に、母ちゃんがスタッフさんに裏で呼ばれた時も白髪ボソボソだった。あの時におばさんから怒られて、今回もそんな状態だよ」などと泰子さんに話しかけた。そして近況について出川さんは「去年か一昨年に肝胆炎にかかって、色んな人に迷惑をかけてしまった」と言うと、泰子さんは「たくさんの人に愛されるような芸人になって良かった。紅白の審査員にもなっちゃったしね」と話していた。

泰子さんから「紅白の審査員にもなっちゃったしね」と話しかけられた出川さんは「そう。紅白歌合戦でチェンが出てね。俺は学生時代からチェンって言っててチェンが遊びに来た時に、母ちゃんがお茶出していたりして。ある日、お正月にチェンが熊本に帰ると伝えると、母ちゃんは中国の人じゃなかったのって驚いていたよね」と答えた。泰子さんはバイク旅見てるよと言うと、出川さんは「8年前に自分がゴールデン番組を持つなんて母ちゃんはびっくりしたでしょ。しかもさんまさんがゲストとして来てくれた」などと伝えていた。

出川哲朗さんの母親である泰子さんは1935年宮城県で生まれた。若い頃は美人で塩釜小町と呼ばれていたという。泰子さんは仕事で塩釜にやってきた老舗海苔問屋の若旦那・誠一郎さんに見初められ、結婚した。泰子さんは海苔問屋の妻として3人の子供を育て上げたが、誠一郎さんは放蕩者でなかなか家に帰らなかった。泰子さんは従業員の食事や子供の世話をしていたが、弱音を吐かなかったという。

出川さんは泰子さんに言われてアルバムをめくっていった。アルバムの写真にはほとんどお姉さんと一緒に写っており、泰子さんは出川さんが棚から落ちた思い出を話した。2人は思い出ばなしとして、中学の時の出川さんが叩いてこようとした泰子さんの手をつかんで反抗した話をした。背が低かったのでランドセルを背負っただけでひっくり返った出川さんは、兄弟喧嘩でよく負けていた。しかし泰子さんによると、ある時喧嘩していたお兄さんに包丁を向けたこともあったという。

泰子さんは「体が小さいのに、気持ちの中に火の玉を持っているような子供だなと思ってみていた。その火の玉が変な方向に行かないか心配だった」と語った後、台の上にある「哲っちゃん人形」を見せるように出川さんに指示した。出川さんは「この人形でよくお姉ちゃんと遊んでいた」と振り返る。泰子さんはさらに「あんたは夜明けの停車場を出川さんがよく歌っていた。その頃からタレントになりたいと思ってたんじゃない」と言われると、出川さんはそう言われるとそうだったのかもと話す。

出川哲朗は父親・誠一郎さんについて聞かれると「愛人作って帰ってこないのは親としては最悪ですよ。2ヶ月に1回帰ってくる時には敬語で話していた。別に親父は帰ってこない事はわかっており、寂しいとは思わなかった」と話した。誠一郎さんは破天荒な人物、色々な事業に手を出していたが出川が高校生の頃に莫大な借金を抱えた。倒産寸前の実家の海苔問屋に銀行が融資してくれる事になったが、条件は誠一郎さんを社長から下ろすことだった。それから哲朗は誠一郎さんと会うことは無くなった。そんな中で、哲朗は自分で父親と似ている所を感じているという。

出川哲朗は父親・誠一郎さんと似ている点について「外面が良いところを似なくてよかった」と話す。女性が好きなことや、知り合いにお金を貸して失敗したことなども似ていると明かした。父の葬儀には1000人以上の人が訪れたという。出川泰子さんは「私とパパが上手くやれなかったことを悪かったと思う」と謝罪した。

映画の専門学校に入学した出川哲朗は、内村光良、南原清隆らと劇団SHA・LA・LAを旗揚げ。出川泰子さんは「公演を見に行くのが楽しみだった」と明かした。

出川泰子さんは劇団の公演におにぎりを拵えて訪れたことを振り返った。用意された味噌おにぎりを食べた出川哲朗は声を詰まらせながら「忘れてたね。食べてたわコレ」と感涙。さらに出川は「俺が“抱かれたくない芸人”に選ばれた時に、親や兄妹、彼女に申し訳ない気持ちがいっぱいで母ちゃんに謝った」と明かした。出川泰子さんからは「どんなジャンルだろうが日本一になることなんてスゴイことなんだから胸を張りなさい」と言われたという。

出川哲朗は母・泰子さんのこれまでの人生を振り返り「母ちゃんが幸せだったのかな?」と質問。泰子さんは「その時は幸せってわからなかったけど、今になって幸せだったと見えてくる。哲ちゃんが売れるようになって私の誇りになって希望の光だった」と打ち明けた。出川は「本当は死ぬ前に、母ちゃんが意識がある時に本当にありがとうと言いたかった」と涙ながらに明かした。

出川哲朗は今回の再会を振り返り「本当に言いたかったのは、母ちゃんありがとういう事だけだった。病院で1回も言えなかったので、すごく後悔があった。この番組の中だけど言えてよかった」と話した。

キーワード
出川泰子さん
紅白歌合戦
チェン
さんまさん
泰子さん
誠一郎さん
雄一郎さん
峰子さん
夜明けの停車場
内村光良
南原清隆
劇団SHA・LA・LA

エンディング (その他)
22:47~

エンディング映像。

「NHKオンデマンド」の告知。

キーワード
NHKオンデマンド

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 3月28日 放送
  2. 次回の放送